Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する

Organization のデータを保護するために、Organization 内でリポジトリの可視性を変更するための権限を設定できます。

リポジトリの可視性を変更する資格を Organization のオーナーのみに制限すること、または可視性を変更することをリポジトリの管理者権限を所有するメンバーに許可することができます。

警告: この設定を有効にすると、管理者権限をもつユーザは、作成できるリポジトリのタイプにかかわらず、既存のリポジトリを任意の可視性に変更できるようになります。 詳しい情報については「Organization でのリポジトリ作成の制限」を参照してください。

  1. GitHubの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてYour organizations(あなたのOrganization)をクリックしてください。 プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。 Org設定のメンバーの権限オプション
  4. [Repository visibility change] の下で、[Allow members to change repository visibilities for this organization] の選択を解除します。 リポジトリ可視性変更をメンバーに許可するチェックボックス
  5. [Save] をクリックします。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡