Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する

Organization のデータを保護するために、Organization 内でリポジトリの可視性を変更するための権限を設定できます。

Organization owners can restrict repository visibility changes for an organization.

You can restrict who has the ability to change the visibility of repositories in your organization, such as changing a repository from private to public. For more information about repository visibility, see "About repositories."

You can restrict the ability to change repository visibility to organization owners only, or you can allow anyone with admin access to a repository to change visibility.

Warning: If enabled, this setting allows people with admin access to choose any visibility for an existing repository, even if you do not allow that type of repository to be created. 詳しい情報については「Organization でのリポジトリ作成の制限」を参照してください。

  1. In the top right corner of GitHub.com, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization

  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン

  3. In the "Access" section of the sidebar, click Member privileges.

  4. [Repository visibility change] の下で、[Allow members to change repository visibilities for this organization] の選択を解除します。 リポジトリ可視性変更をメンバーに許可するチェックボックス

  5. [Save] をクリックします。