ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization のフォークポリシーを管理する

Organization が所有するプライベート および内部 リポジトリのフォークを許可または禁止できます。

Organization owners can manage the forking policy for an organization.

デフォルトでは、新しい Organization はプライベート および内部 リポジトリのフォークを禁止するように設定されます。

Organization レベルでプライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可する場合は、特定のプライベートまたは内部リポジトリをフォークする機能も設定することができます。 詳細は「リポジトリのフォークポリシーを管理する」を参照してください。

ノート: インターナルリポジトリは、Enterpriseアカウントの一部であるOrganizationで利用できます。 詳細は「リポジトリの可視性について」を参照してください。

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。 プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。 organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。 Organizationの設定ボタン
  4. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。 Org設定のメンバーの権限オプション
  5. [Repository forking] で、[Allow forking of private repositories] または [Allow forking of private and internal repositories] を選択します。 Organization でフォークを許可または禁止するチェックボックス
  6. [Save] をクリックします。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.