Skip to main content

Organization にスケジュールされたリマインダーを管理する

Organization の Team がレビューをリクエストされたすべてのプルリクエストについて、Slack でリマインダーを受け取ることができます。

プルリクエストのスケジュールされたリマインダーについて

スケジュールされたリマインダーは、Teamが注意を払う必要がある最も重要なレビューリクエストに集中するのを助けます。 プルリクエストのスケジュールされたリマインダーは、あなたもしくはあなたのTeamがレビューを求められているすべてのオープンなプルリクエストと共に、指定された時間にSlackでTeamに対してメッセージを送信します。 たとえば、スケジュールされたリマインダーを作成して、Team が毎週水曜日の午前 9:00 にレビューするようリクエストされたオープンのプルリクエストを含めて、Slack で Team のメインコミュニケーションチャネルにメッセージを送信することができます。

Organization のオーナーは、Team がレビューをリクエストされたすべてのプルリクエストについて、その Organization の 1 つ以上の Team にリマインダーをスケジュールできます。

GitHubは、オーナーごとに5つのリポジトリまで、リポジトリごとに20のPull Requestまでしかリマインダーをトリガーしません。

Organization のスケジュールされたリマインダーを作成する

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. サイドバーの [Integrations](統合) セクションで、 [ Scheduled reminders](スケジュールされたリマインダー) をクリックします。 1. [スケジュールされたリマインダー] で、 [最初のリマインダーの追加] をクリックします。 [リマインダーの追加] ボタン 1. [Slack ワークスペース] で [Slack ワークスペースの承認] をクリックし、指示に従います。 Slack ワークスペースの承認ボタン 1. "Slack channel(Slackチャンネル)"の下で、通知を受けたいSlackチャンネルの名前を入力してください。 Slack チャンネル フィールド 1. [曜日] の下で、 [平日] をクリックして、スケジュールされたリマインダーを受信したい 1 つ以上の曜日を選択してください。 [曜日] ドロップダウン 1. [時間の選択] の下で、 [午前 9:00] をクリックし、スケジュールされたリマインダーを受信する 1 つ以上の時間を選びます。 必要に応じてタイムゾーンを変更するには、現在のタイムゾーンの隣の をクリックし、別のタイムゾーンを選びます。 [時間の選択] ドロップダウン 1. "Tracked repositories(追跡されたリポジトリ)"の下で、プルリクエストのリマインダーをTeamに受信させたいリポジトリを選択してください。
    • 選択したチームがアクセスできるすべてのリポジトリに対するリマインダーを受信するには、 [すべてのリポジトリ] をクリックします。
    • 一部のリポジトリについてのみリマインダーを受信するには、 [選択したリポジトリのみ] をクリックし、選択したチームがアクセスできる 1 つ以上のリポジトリを選択します。 追跡されるリポジトリの選択
  2. [コードを確認するために割り当てられた Team でフィルター処理] で、 [Team の追加] ドロップダウンをクリックし、1 つ以上の Team を選択します。 最大 100 チームまで追加できます。 選択した Team が、上で選択する [Tracked repositories] にアクセスできない場合は、スケジュールされたリマインダーは作成できません。 [Team の追加] ドロップダウン 1. 必要に応じて、スケジュールされたリマインダーからドラフトの pull request を除外するには、 [ドラフトを無視] を選択します。 詳細については、「ドラフト pull request」を参照してください。 [ドラフト pull request を無視する] チェックボックス 1. 必要に応じて、チームまたはチーム メンバーから特にレビューが依頼された pull request のみを含めるには、 [Require review requests](レビュー リクエストを必須にする) を選びます。 このオプションを選択しなかった場合、すべてのプルリクエストがスケジュールされたリマインダーに含まれます。 レビュー リクエストのない pull request の無視のチェックボックス 1. 必要に応じて、レビューのリクエストが満たされた後に pull request の作成者にリマインダーを送信するには、 [レビュー後に作成者に通知する] を選択して、リマインダーが送信される前に必要なレビューの数を選択します。 [レビュー後に作成者に通知する] チェックボックス 1. 必要に応じて、既にレビューされて承認された pull request に対するスケジュールされたリマインダーをオフにするには、 [承認済みの pull request を無視する] を選択します。 次に、 [1 つ以上の承認で無視] をクリックして、プル要求を無視する必要がある承認の数を選択します。 [1 つ以上の承認で無視] チェックボックス 1. "Minimum age(最小の経過時間)"の下で、時間単位でプルリクエストの経過時間を入力してください。 スケジュールされたリマインダーは、この経過時間よりも新しいプルリクエストを含めなくなります。 無視されるラベルフィールド 1. "Minimum staleness(最小の停滞期間)"の下で、時間を単位としてプルリクエストに対する最後のアクティビティからの経過時間を入力してください。 スケジュールされたリマインダーは、最後のアクティビティがこの時間よりも新しいプルリクエストを含めません。 最小の停滞期間フィールド 1. "Ignored terms(無視される語)"の下に、プルリクエストのタイトルに現れるかもしれない語のカンマ区切りのリストを入力してください。 スケジュールされたリマインダーは、それらの語をタイトルに1つ以上含むプルリクエストを含めなくなります。 無視される語のフィールド 1. "Ignored labels(無視されたラベル)"の下に、カンマ区切りでラベルのリストを入力してください。 スケジュールされたリマインダーは、それらのラベルを1つ以上持っているプルリクエストを含めなくなります。 [無視されるラベル] フィールド 1. "Required labels(必須のラベル)"の下で、カンマ区切りのラベルのリストを入力してください。 スケジュールされたリマインダーは、これらのラベルを1つ以上上含むプルリクエストで、すでに無視されてはいないものだけを含みます。 必須ラベルのフィールド 1. [リマインダーの作成] をクリックします。

Organization のスケジュールされたリマインダーを管理する

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. サイドバーの [Integrations](統合) セクションで、 [ Scheduled reminders](スケジュールされたリマインダー) をクリックします。 1. 更新する予定のリマインダーの横にある [編集] をクリックします。 既存のスケジュールされたリマインダーの編集 1. スケジュールされたリマインダーに1つ以上の変更を行ってください。 1. 変更を保存するには、 [Update reminder](リマインダーの更新) をクリックします。 必要に応じて、変更を更新しながら変更内容をテストするには、 [Update and test reminder](リマインダーの更新とテスト) をクリックします。 更新ボタン

Organization のスケジュールされたリマインダーを削除する

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. サイドバーの [Integrations](統合) セクションで、 [ Scheduled reminders](スケジュールされたリマインダー) をクリックします。 1. ページの下部にある [このリマインダーを削除] をクリックします。 スケジュールされたリマインダーの削除ボタン
  2. スケジュールされたアラームの削除を確定確認するには、 [OK] をクリックします。

参考資料