Skip to main content

プロジェクト(ベータ)について

プロジェクトは、GitHub上の作業の計画と追跡のための、カスタマイズ可能で柔軟なツールです。

Note: Projects (beta) is currently in public beta and subject to change.

プロジェクトについて

プロジェクトは、GitHub上のIssue及びPull Requestと統合された、カスタマイズ可能なスプレッドシートです。 IssueやPull Requestのフィルタリング、ソート、グループ化によってレイアウトをカスタマイズできます。 また、カスタムフィールドを追加してメタデータを追跡することもできます。 プロジェクトは柔軟で、チームが最適な方法で作業できるようにします。

最新の状態に保つ

プロジェクトは、GitHub上の情報に対して常に最新の状態を保ちます。 Pull RequestやIssueが変更されると、プロジェクトにはその変更が反映されます。 この統合は双方向なので、Pull ReqeustやIssueに関する情報をプロジェクトから変更すると、そのPull RequestやIssueにはその情報が反映されます。

タスクへのメタデータの追加

カスタムのフィールドを使ってタスクにメタデータを追加できます。 たとえば、以下のメタデータを追跡できます。

  • ターゲットの出荷日を追跡する日付フィールド
  • タスクの複雑さを追跡する数値フィールド
  • タスクの優先度が低、中、高なのかを追跡するための単一選択フィールド
  • クイックノートを追跡するテキストフィールド
  • 休憩のサポートを含め、作業を週単位で計画するための繰り返しフィールド

様々な観点からプロジェクトを見る

プロジェクトは、高密度のテーブルレイアウトで表示できます。

プロジェクトのテーブル

あるいはボードとして表示できます。

プロジェクトボード

プロジェクトの特定の側面に注目しやすくするために、アイテムをグループ化、ソート、フィルタできます。

プロジェクトのビュー

詳しい情報については「プロジェクトのビューのカスタマイズ」を参照してください。

プロジェクトコマンドパレットでの作業

プロジェクトコマンドパレットを使って、素早くビューを切り替えたり、フィールドを追加したりできます。 コマンドパレットは、カスタムキーボードショートカットを覚えておかなくてもいいようにガイドしてくれます。 詳しい情報については「プロジェクトのビューのカスタマイズ」を参照してください。

プロジェクト管理タスクの自動化

プロジェクト(ベータ)は、組み込みのワークフローを提供します。 たとえば、Issueがクローズされると自動的にステータスを「Done」に設定できます。 GraphQL APIとGitHub Actionsを使って、ルーチンのプロジェクトタスクを自動化することもできます。 詳しい情報については「プロジェクトの自動化」及び「APIを使ったプロジェクトの管理」を参照してください。

プロジェクト(ベータ)と非ベータのプロジェクトの比較

プロジェクト(ベータ)は、カスタマイズ可能な新しいバージョンのプロジェクトです。 非ベータバージョンのプロジェクトについてさらに学ぶには、「プロジェクトボードでの作業の整理」を参照してください。

フィードバックを送る

プロジェクト(ベータ)に関するフィードバックをGitHubを共有できます。 会話に参加するにはフィードバックの会話を参照してください。