ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization について GitHub Actions を無効化または制限する

Organization のオーナーは Organization の GitHub Actions を無効化、有効化、制限することができます。

ここには以下の内容があります:

Organization の GitHub Actions 権限について

By default, GitHub Actions is enabled on all repositories and organizations. You can choose to disable GitHub Actions or limit them to private actions only, which means that people can only use actions that exist in your repository. GitHub Actions の詳細は、「GitHub Actionsについて」を参照してください。

Organization のすべてのリポジトリについて GitHub Actions を有効化することができます。 GitHub Actionsを有効化すると、ワー来るフォーはリポジトリ内と、その他の任意のパブリックリポジトリ内のアクションを実行できるようになります。 Organization のすべてのリポジトリについて 、GitHub Actions を無効化できます。 GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

あるいは、Organization のすべてのリポジトリについて GitHub Actions を有効化したうえで、ワークフローで実行できるアクションを制限することができます。 ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリあるいはOrganization内のアクションだけを実行できるようになります。

Organization の GitHub Actions 権限の管理

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
    アクションの設定
  5. Under Local and third-party Actions, select an option.
    この Organization でアクションを有効化、無効化、制限
  6. [Save] をクリックします。

Enabling workflows for private repository forks

If you rely on using forks of your private repositories, you can configure policies that control how users can run workflows on pull_request events. Available to private repositories only, you can configure these policy settings for enterprise accounts, organizations, or repositories. For enterprise accounts, the policies are applied to all repositories in all organizations.

  • Run workflows from fork pull requests - Allows users to run workflows from fork pull requests, using a GITHUB_TOKEN with read-only permission, and with no access to secrets.
  • Send write tokens to workflows from pull requests - Allows pull requests from forks to use a GITHUB_TOKEN with write permission.
  • Send secrets to workflows from pull requests - Makes all secrets available to the pull request.

Configuring the private fork policy for an organization

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
    アクションの設定
  5. Under Fork pull request workflows, select your options. 例:
    このリポジトリのアクションを有効化、無効化、または制限する
  6. Click Save to apply the settings.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください