リポジトリについて

リポジトリには、プロジェクトのすべてのファイルと各ファイルの改訂履歴が含まれています。 リポジトリ内でプロジェクトの作業について話し合い、管理できます。

リポジトリを個人として所有することも、リポジトリの所有権を Organization 内の他の人々と共有することもできます。

リポジトリの表示設定を選択して、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できます。 詳細は「リポジトリの可視性について」を参照してください。

ユーザが所有するリポジトリでは、他の人々にコラボレーターアクセスを与えて、プロジェクトでコラボレーションするようにできます。 リポジトリが Organization によって所有されている場合は、Organization のメンバーにアクセス権限を与え、リポジトリ上でコラボレーションするようにできます。 詳細は「ユーザアカウントのリポジトリ権限レベル」および「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

ユーザアカウントと Organization の GitHub Free を使用すると、完全な機能セットを備えた無制限のパブリックリポジトリ、または機能セットを制限した無制限のプライベートリポジトリで無制限のコラボレータと連携できます。 プライベートリポジトリの高度なツールを入手するには、 GitHub Pro、GitHub Team、または GitHub Enterprise Cloud にアップグレードします。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

リポジトリを使用して、作業を管理し、他のユーザと共同作業を行うことができます。

  • Issue を使用して、ユーザフィードバックの収集、ソフトウェアバグの報告、および実行するタスクの整理を行うことができます。 詳しい情報については「Issue について」を参照してください。
  • ディスカッションでは、質問、質問への回答、情報の共有、発表、 プロジェクトについて会話を実施したり参加したりすることができます。 詳しい情報については「ディスカッションについて」を参照してください。
  • プルリクエストを使用して、リポジトリへの変更を提案できます。 詳しい情報についてはプルリクエストについてを参照してください。
  • プロジェクトボードを使用して、Issue とプルリクエストを整理して優先順位を付けることができます。 詳細は「プロジェクトボードについて」を参照してください。

リポジトリと個々のファイルには、サイズの制限があります。 詳しい情報については「ディスクの容量とは何か?」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡