Skip to main content

リポジトリの削除

Organization のオーナーである場合、あるいはリポジトリまたはフォークに対する管理者権限がある場合、任意のリポジトリまたはフォークを削除できます。 フォークしたリポジトリを削除しても、上流のリポジトリは削除されません。

Organizationのオーナー権限もしくはリポジトリの管理者権限を持つメンバーだけが、Organization のリポジトリを削除できます。 [この Organization のリポジトリの削除または移譲をメンバーに許可する] が無効化されていると、Organization のオーナーだけが Organization のリポジトリを削除できます。 詳細については、「Organization のリポジトリ ロール」を参照してください。

パブリック リポジトリを削除しても、リポジトリのフォークは削除されません。

警告:

  • リポジトリを削除すると、リリースの添付ファイルと Team の権限が 完全に 削除されます。 このアクションは取り消すことが できません
  • プライベート リポジトリを削除すると、リポジトリのすべてのフォークが削除されます。

削除されたリポジトリの一部は、削除から 90 日以内は復元できます。 詳細については、「削除されたリポジトリの復元」を参照してください。

  1. On GitHub.com, navigate to the main page of the repository. 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  2. [危険なゾーン] の [このリポジトリを削除] をクリックします。 リポジトリの削除ボタン
  3. 警告を読みます
  4. 削除しようとしているリポジトリに間違いがないことを確認するために、削除対象のリポジトリ名を入力します。 削除ラベル
  5. [影響を理解したうえで、このリポジトリを削除します] をクリックします。