Skip to main content

リポジトリのアーカイブで Git LFS オブジェクトを管理する

Git Large File Storage(Git LFS)オブジェクトを、GitHub がリポジトリ用に作成する ZIP ファイルや tarball などのソースコードアーカイブに含めるかどうかを選択できます。

Who can use this feature

People with admin permissions for a repository can manage whether Git LFS objects are included in archives of the repository.

アーカイブにある Git LFS オブジェクトについて

GitHub は、ZIP ファイルと tarball 形式でリポジトリのソースコードアーカイブを作成します。 これらのアーカイブは、リポジトリのメインページ、またはリリースアセットとしてダウンロードできます。 デフォルトでは、Git LFS オブジェクトはこれらのアーカイブに含まれず、これらのオブジェクトへのポインタファイルのみが含まれます。 代わりに Git LFS オブジェクトを含めて、リポジトリのアーカイブを使いやすくすることもできます。 含まれるためには、Git LFS オブジェクトが、リポジトリにコミットされた .gitattributes ファイルの追跡ルールでカバーされている必要があります。

リポジトリのアーカイブに Git LFS オブジェクトを含めた場合、それらのアーカイブをダウンロードするたびに、アカウントの帯域幅の使用量にカウントされます。 各アカウントには、毎月無料で 1 GB の帯域幅が付与され、追加使用分に対して支払うことができます。 詳しくは、「ストレージと帯域の利用について」および「Git Large File Storage の支払いを管理する」をご覧ください。

外部 LFS サーバー ( .lfsconfig で構成されているもの) を使っている場合、それらの LFS ファイルはリポジトリのアーカイブに含まれません。 アーカイブには、GitHub にコミットされたファイルのみが含まれます。

アーカイブにある Git LFS オブジェクトを管理する

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  2. [アーカイブ] で、 [Git LFS オブジェクトをアーカイブに含める] をオンまたはオフにします。 アーカイブに Git LFS オブジェクトを含めるチェックボックス