リポジトリのアーカイブで Git LFS オブジェクトを管理する

Git Large File Storage(Git LFS)オブジェクトを、GitHub がリポジトリ用に作成する ZIP ファイルや tarball などのソースコードアーカイブに含めるかどうかを選択できます。

People with admin permissions for a repository can manage whether Git LFS objects are included in archives of the repository.

アーカイブにある Git LFS オブジェクトについて

GitHub は、ZIP ファイルと tarball 形式でリポジトリのソースコードアーカイブを作成します。 これらのアーカイブは、リポジトリのメインページ、またはリリースアセットとしてダウンロードできます。 デフォルトでは、Git LFS オブジェクトはこれらのアーカイブに含まれず、これらのオブジェクトへのポインタファイルのみが含まれます。 代わりに Git LFS オブジェクトを含めて、リポジトリのアーカイブを使いやすくすることもできます。

リポジトリのアーカイブに Git LFS オブジェクトを含めた場合、それらのアーカイブをダウンロードするたびに、アカウントの帯域幅の使用量にカウントされます。 各アカウントには、毎月無料で 1 GB の帯域幅が付与され、追加使用分に対して支払うことができます。 詳しい情報については、「ストレージと帯域の利用について」および「Git Large File Storage の支払いを管理する」を参照してください。

If you use an external LFS server (configured in your .lfsconfig), those LFS files will not be included in archives of the repository. The archive will only contain files that have been committed to GitHub.

アーカイブにある Git LFS オブジェクトを管理する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. [Archives] で、[Include Git LFS objects in archives] を選択または選択解除します。 アーカイブにある Git LFS オブジェクトを含めるチェックボックス

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?