Skip to main content

リポジトリ内のプルリクエストの自動マージを管理する

リポジトリ内のプルリクエストの自動マージを許可または禁止できます。

Who can use this feature?

People with maintainer permissions can manage auto-merge for pull requests in a repository.

プル・リクエストの自動マージは、パブリック・リポジトリでは GitHub Free と GitHub Free で組織に対して、パブリックおよびプライベート・リポジトリでは 、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳しくは、「GitHub のプラン」をご覧ください。

自動マージについて

リポジトリ内でプルリクエストの自動マージを許可すると、書き込み権限を持つユーザは、マージの要件がすべて満たされた際に、リポジトリ内の個々のプルリクエストを、自動的にマージするよう設定できます。 書き込みアクセス許可を持たないユーザーが、自動マージが有効になっている pull request に変更をプッシュすると、その pull request の自動マージは無効になります。 詳しくは、「プルリクエストを自動的にマージする」を参照してください。

自動マージを管理する

: 自動マージを有効にするオプションは、すぐにマージできない pull request でのみ表示されます。 たとえば、ブランチ保護のルールが「マージの前にPull Requestレビューが必須」あるいは「マージの前にステータスチェックをパスすることが必須」を求めるものの、これらの条件がまだ満たされていない場合です。 詳しくは、「ブランチ保護ルールを管理する」を参照してください。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. [pull request] の [自動マージを許可する] をオンまたはオフにします。