Skip to main content

リポジトリのファイルを削除する

GitHub では、リポジトリ内にある個々のファイル、またはディレクトリ全体を削除することができます。

この機能を使用できるユーザーについて

People with write permissions can delete files or directories in a repository.

ファイル とディレクトリ の削除について

リポジトリ 内の個々のファイル、またはディレクトリ 内のすべてのファイルを含むディレクトリ全体を削除できます。

書き込み権限をもっていないリポジトリ内のファイル またはディレクトリ を削除しようとすると、プロジェクトが個人アカウントにフォークされ、変更をコミットした後に元のリポジトリへのプル要求の送信を支援します。 詳しくは、「pull requests について」を参照してください。

削除したファイル またはディレクトリ に機密データが含まれている場合、そのデータはリポジトリの Git 履歴で引き続き入手可能です。 GitHub からファイルを完全に削除するには、リポジトリの履歴からファイルを削除する必要があります。 詳しくは、「リポジトリからの機微なデータの削除」を参照してください。

ファイルを削除する

  1. リポジトリ内で削除対象のファイルを見つけます。

  2. 右上隅にある [] ドロップダウン メニューを選択し、[ファイルの削除] をクリックします。

    ディレクトリのファイル一覧のスクリーンショット。 ディレクトリ名の右側で、ケバブ アイコンのボタンが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. [コミット メッセージ] フィールドに、ファイルに対する変更内容を説明する、短くわかりやすいコミット メッセージを入力します。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しくは、「複数の作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

  4. GitHub.com のアカウントに複数のメール アドレスが関連付けられている場合は、[メール アドレス] ドロップダウン メニューをクリックし、Git 作成者のメール アドレスとして使用するメール アドレスを選びます。 このドロップダウンメニューには、検証済みのメールアドレスだけが表示されます。 メール アドレスのプライバシーを有効にした場合は、no-reply がコミット作成者の既定のメール アドレスになります。 no-reply メール アドレスの正確な形式については、「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

    GitHub pull request のスクリーンショット。コミット作成者のメール アドレスを選ぶためのオプションを含む、ドロップダウン メニューが表示されています。 octocat@github.com が選ばれています。

  5. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しくは、「pull request の作成」を参照してください。

    GitHub pull request のスクリーンショット。メイン ブランチに直接コミットする、または新しいブランチを作成するためのラジオ ボタンが表示されています。 新しいブランチが選ばれています。

  6. [変更のコミット] または [変更の提案] をクリックします。

ディレクトリを削除する

  1. リポジトリ内で削除対象のディレクトリを見つけます。

  2. 右上隅にある [] ドロップダウン メニューを選び、 [ディレクトリの削除] をクリックします。

    ディレクトリのファイル一覧のスクリーンショット。 ディレクトリ名の右側で、ケバブ アイコンのボタンが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 削除するファイルを確認します。

  4. [コミット メッセージ] フィールドに、ファイルに対する変更内容を説明する、短くわかりやすいコミット メッセージを入力します。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しくは、「複数の作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

  5. GitHub.com のアカウントに複数のメール アドレスが関連付けられている場合は、[メール アドレス] ドロップダウン メニューをクリックし、Git 作成者のメール アドレスとして使用するメール アドレスを選びます。 このドロップダウンメニューには、検証済みのメールアドレスだけが表示されます。 メール アドレスのプライバシーを有効にした場合は、no-reply がコミット作成者の既定のメール アドレスになります。 no-reply メール アドレスの正確な形式については、「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

    GitHub pull request のスクリーンショット。コミット作成者のメール アドレスを選ぶためのオプションを含む、ドロップダウン メニューが表示されています。 octocat@github.com が選ばれています。

  6. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しくは、「pull request の作成」を参照してください。

    GitHub pull request のスクリーンショット。メイン ブランチに直接コミットする、または新しいブランチを作成するためのラジオ ボタンが表示されています。 新しいブランチが選ばれています。

  7. [変更のコミット] または [変更の提案] をクリックします。