Skip to main content

プロジェクトのコントリビューターを表示する

リポジトリへのコミットにコントリビュートしたユーザーとその依存関係を表示できます。

この機能を使用できるユーザーについて

This repository insights graph is available in public repositories with GitHub Free and GitHub Free for organizations, and in public and private repositories with GitHub Pro, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, and GitHub Enterprise Server. For more information, see "About repository graphs" and "GitHub’s plans."

コントリビューターについて

注: 特定の投稿者、コミット、コードの更新頻度に関する分析情報は、コミット数が 10,000 未満のリポジトリでのみ入手できます。

コントリビューター グラフでは、リポジトリの上位 100 人のコントリビューターを表示できます。 マージコミットと空のコミットは、このグラフでコントリビューションとして数えられません。

プロジェクトの Python の依存関係に貢献した人のリストも表示できます。 コミュニティ コントリビューターのこのリストを表示するには、https://github.com/REPO-OWNER/REPO-NAME/graphs/contributors にアクセスします。

コントリビューターグラフにアクセスする

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [分析情報] をクリックします。

    リポジトリのメイン ページのスクリーンショット。 水平ナビゲーション バーでは、グラフ アイコンと [分析情報] というラベルが付いたタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 左側のサイドバーで、 Contributors をクリックします。 [共同作成者] タブのスクリーンショット。タブは濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  4. オプションで、特定の期間におけるコントリビューターを表示するには、クリックしてから、その期間が選択されるまでドラッグしてください。 コントリビューター グラフでは、日曜日ごとにその週のコミット数が合計されるため、期間に日曜日を含める必要があります。 共同作成者グラフの特定の期間の選択のスクリーンショット。 選択が濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

コントリビューターのトラブルシューティング

リポジトリのコントリビュータグラフにあなたが表示されない場合、以下の理由が考えられます:

  • 上位 100 人に入っていない。
  • コミットがデフォルトブランチにマージされていない。
  • コミットの作成に使用したメールアドレスが、GitHub のアカウントに接続されていない。

ヒント: リポジトリのすべてのコミット コントリビューターの一覧を表示する方法については、「リポジトリ」をご覧ください。

リポジトリ内のあなたのコミットがすべてデフォルト以外のブランチにある場合、コントリビュータグラフには表示されません。 たとえば、gh-pages ブランチでのコミットは、gh-pages がリポジトリの既定のブランチでない限り、グラフに含まれません。 コミットをデフォルトブランチにマージするため、プルリクエストを作成できます。 詳しくは、「pull requests について」を参照してください。

コミットの作成に使用したメールアドレスが GitHub のアカウントに接続されていない場合、コミットはアカウントにリンクされず、コントリビュータグラフに表示されません。 詳細については、「コミットメールアドレスを設定する」および「GitHub アカウントへのメールアドレスの追加」を参照してください。