Skip to main content

リポジトリについて

リポジトリには、コード、ファイル、および各ファイルの改訂履歴がすべて含まれています。 リポジトリ内で作業について検討および管理できます。

リポジトリについて

リポジトリは、GitHub の最も基本的な要素です。 これは、コード、ファイル、各ファイルのリビジョン履歴を格納できる場所です。 リポジトリは、複数のコラボレーターが参加することができ、公開用、内部、またはプライベートのいずれかにできます。

新しいリポジトリを作成するには、https://github.com/new に移動します。 手順については、「リポジトリのクイック スタート」を参照してください。

リポジトリの用語

リポジトリの使用を開始するのに必要な重要な用語を以下に説明します。

任期定義
Branchコードの並列バージョンで、リポジトリ内に含まれているが、プライマリ ブランチ (メイン ブランチ) には影響しないもの。
複製すべてのファイルとフォルダーのすべてのバージョンを含む、リポジトリのデータの完全なコピーを GitHub.com からダウンロードすること。
フォークコードと表示範囲の設定を、元の "アップストリーム" リポジトリと共有する新しいリポジトリ。
マージするあるブランチから変更を取得し、別のブランチに適用すること。
Pull requestあるブランチから別のブランチに変更をマージする要求。
Remoteコンピューターではなく、GitHub Enterprise Cloud に格納されているリポジトリ。
上流フォークまたは複製の元になったリポジトリのブランチ。 複製されたブランチまたはフォークされたブランチの対応するブランチは、"ダウンストリーム" と呼ばれます。

リポジトリの所有権について

リポジトリを個人として所有することも、リポジトリの所有権を組織内の他の人々と共有することもできます。

どちらの場合も、リポジトリへのアクセスはアクセス許可によって管理されます。 詳細については、「個人アカウントのリポジトリの権限レベル」および「Organizationのリポジトリロール」を参照してください。

コラボレーションについて

リポジトリを使用して、作業を管理し、他のユーザと共同作業を行うことができます。

  • Issue を使用して、ユーザフィードバックの収集、ソフトウェアバグの報告、および実行するタスクの整理を行うことができます。 詳細については、「Issueについて」を参照してください。
  • GitHub Discussions を使用すると、質問、質問への回答、情報の共有、発表、および製品に関する会話や会話への参加を行うことができます。 詳しくは、「ディスカッションについて」を参照してください。
  • プルリクエストを使用して、リポジトリへの変更を提案できます。 詳しくは、「pull requests について」を参照してください。
  • Projects を使用して、問題とプル リクエストを整理し、優先順位を付けることができます。 詳しくは、「Projects について」を参照してください。

個人用アカウントと組織の GitHub Free を使用すると、完全な機能セットを備えた無制限のパブリック リポジトリ、または機能セットを制限した無制限のプライベート リポジトリで、無制限のコラボレーターと作業ができます。 プライベートリポジトリの高度なツールを入手するには、 GitHub Pro、GitHub Team、または GitHub Enterprise Cloud にアップグレードします。 詳しくは、「GitHub のプラン」をご覧ください。

リポジトリの可視性について

リポジトリの可視性 (パブリック、内部、またはプライベート) を選択することで、リポジトリにアクセスできるユーザーを制限できます。

リポジトリを作成するときに、リポジトリをパブリックまたはプライベートのどちらにするかを選ぶことができます。エンタープライズアカウントが所有している 組織でリポジトリを作成する場合は、リポジトリを内部にすることもできます。

  • アカウントが マネージド ユーザー アカウント でない場合は、パブリック リポジトリを作成します。 パブリック リポジトリには、インターネット上の誰もがアクセスできます。
  • プライベートリポジトリには、自分、明示的にアクセスを共有するユーザ、および組織リポジトリの場合は特定の組織メンバーのみがアクセスできます。
  • 内部リポジトリには、すべてのエンタープライズメンバーがアクセスできます。 詳しくは、「内部リポジトリについて」をご覧ください。

組織オーナーは、組織内で作成されたすべてのリポジトリにいつでもアクセスできます。 詳しくは、「Organizationのリポジトリロール」を参照してください。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、既存のリポジトリの可視性を変更できます。 詳しくは、「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

インターナルリポジトリについて

組織がエンタープライズ アカウントによって所有されている場合、内部リポジトリを使用して、エンタープライズ内で "インナーソース" を練習できます。 Enterpriseアカウントのメンバーは、プロプライエタリな情報をパブリックに共有することなく、オープンソースの方法論を用いてコラボレートできます。インナーソースについて詳しくは、GitHub のホワイトペーパーの「インナーソース入門」をご覧ください。

注: 内部リポジトリは、エンタープライズアカウントで GitHub Enterprise Cloud を使っている場合にのみ作成できます。 エンタープライズアカウントは、複数の組織の集中管理を可能にする別の種類のアカウントです。 詳しくは、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

すべてのエンタープライズメンバーには内部リポジトリに対する読み取り権限がありますが、内部リポジトリは、組織リポジトリの外部のコラボレーターを含め、エンタープライズの外部のユーザーには表示されません。 詳細については、「Enterprise におけるロール」および「Organizationのリポジトリロール」を参照してください。

インターナル リポジトリは、エンタープライズのアカウントが所有する組織内で作成されるすべての新規リポジトリに既定の設定です。

エンタープライズが Enterprise Managed Users を使用しない限り、エンタープライズのメンバーは、エンタープライズ内の組織が所有する内部リポジトリをフォークできます。 フォークされたリポジトリはメンバーの個人用アカウントに属し、フォークの可視性はプライベートになります。 エンタープライズが所有するすべての組織からユーザが削除されると、そのユーザの内部リポジトリのフォークは自動的に削除されます。

注: マネージド ユーザー アカウント は、内部リポジトリをフォークできません。 詳しくは、「Enterprise Managed Users について」を参照してください。

次のステップ

リポジトリを使用する次のステップに進む際は、以下のリソースが役立ちます。