👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

プルリクエストをIssueにリンクする

プルリクエストをIssueにリンクして、修正が進行中であることを示し、プルリクエストがマージされるときIssueを自動的にクローズすることができます。

ここには以下の内容があります:

リンクされたIssueとプルリクエストについて

手動で、またはプルリクエストの説明でサポートされているキーワードを使用して、Issueをプルリクエストにリンクすることができます。

プルリクエストが対処するIssueにそのプルリクエストにリンクすると、コラボレータは、誰かがそのIssueに取り組んでいることを確認できます。

リンクされたプルリクエストをリポジトリのデフォルトブランチにマージすると、それにリンクされているIssueは自動的にクローズされます。 デフォルトブランチの詳細については、「デフォルトブランチを設定する」を参照してください。

手動でプルリクエストをIssueにリンクする

リポジトリへの書き込み権限があるユーザなら誰でも、手動でプルリクエストをIssueにリンクできます。

手動で1つのプルリクエストごとに最大10個のIssueをリンクできます。 Issueとプルリクエストは同じリポジトリになければなりません。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下にある Pull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。
    Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. プルリクエストのリストで、Issueにリンクしたいプルリクエストをクリックします。
  4. 右のサイドバーで、[Linked issues] をクリックします。
    右サイドバーの [Linked issues]
  5. プルリクエストにリンクするIssueをクリックします。
    Issueをリンクするドロップダウン

キーワードを使用してプルリクエストをIssueにリンクする

プルリクエストの説明でサポートされているキーワードを使用して、プルリクエストにIssueにリンクすることができます。

  • close
  • closes
  • closed
  • fix
  • fixes
  • fixed
  • resolve
  • resolves
  • resolved

クローズするキーワードの構文は、Issueがプルリクエストと同じリポジトリにあるかどうかによって異なります。

リンクするIssue構文サンプル
Issueが同じリポジトリにあるKEYWORD #ISSUE-NUMBERCloses #10
Issueが別のリポジトリにあるKEYWORD OWNER/REPOSITORY#ISSUE-NUMBERFixes octo-org/octo-repo#100
複数の IssueIssueごとに完全な構文を使用Resolves #10, resolves #123, resolves octo-org/octo-repo#100

手動でリンクを解除できるのは、手動でリンクされたプルリクエストだけです。 キーワードを使用してリンクしたIssueのリンクを解除するには、プルリクエストの説明を編集してそのキーワードを削除する必要があります。

クローズするキーワードは、コミットメッセージでも使用できます。 デフォルトブランチにコミットをマージするとIssueはクローズされますが、そのコミットを含むプルリクエストは、リンクされたプルリクエストとしてリストされません。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください