ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

保護されたブランチについて

保護されたブランチは、リポジトリのコラボレーターが回復不能な変更をブランチに行えないようにしてくれます。 保護されたブランチを有効にすると、ステータスチェック必須やレビュー必須といった他のオプションのチェックや必須事項を有効にすることもできるようになります。

Protected branches are available in public repositories with GitHub Free and GitHub Free for organizations, and in public and private repositories with GitHub Pro, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, and GitHub Enterprise Server. For more information, see "GitHub's products."

ここには以下の内容があります:

デフォルトでは、head ブランチがベースブランチとコンフリクトしていない限り、どのプルリクエストもいつでもマージできます。 プルリクエストのリポジトリへのマージ方法に制限を適用することができます。

リポジトリのオーナーおよびリポジトリの管理権限を持つ人は、コラボレーターがリポジトリでブランチをマージする前に特定のワークフローや必須事項を強制できます。そのためには保護されたブランチのルールを作成します。

リポジトリ中のブランチルールは、特定のブランチ、すべてのブランチ、fnmatch構文で指定された名前のパターンにマッチするブランチに対して作成できます。 たとえばreleaseという語を含むブランチに対し、マージ前に最低でも2つのプルリクエストレビューを必須とするなら、*release*に対してブランチルールを作成できます。詳しい情報については保護されたブランチの設定を参照してください。

保護されたブランチのルールの優先順位付け

リポジトリが同じブランチに影響する複数の保護されたブランチのルールを持っているなら、特定のブランチ名を含むルールがもっとも高い優先順位を持ちます。 同じ特定のブランチ名を参照する保護されたブランチのルールが複数あるなら、最初に作成されたブランチルールが高い優先順位を持ちます。

*?]などの特殊文字を含む保護されたブランチのルールは、作成された順序で適用されるので、これらの文字を持つ古いルールが高い優先順位を持ちます。

ブランチの保護の設定

When you create a branch protection rule in a repository, collaborators cannot force push to the protected branch or delete the branch by default. 他のブランチ保護設定を有効にすることができます。 詳細については、「プルリクエストのマージ可能性を定義」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.