ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

以前の外部のコラボレータの Organization へのアクセスを復帰させる

Organization のリポジトリ、フォーク、設定に対する元外部のコラボレータのアクセス許可を元に戻すことができます。

Organization のプライベートリポジトリへの外部のコラボレータのアクセスが削除されると、ユーザのアクセス権限と設定は 3 か月間保存されます。 You can restore the user's privileges if you invite them back to the organization within that time frame.

ユーザが 2 要素認証を有効化する前に、ユーザの権限と Organization へのアクセスを復帰させるための招待を送信できます。そのユーザは、Organization への再加入の招待を受諾する前に 2 要素認証を有効化しなければなりません。

以前の外部コラボレーターを復帰させると、次のことがリストアできます:

  • ユーザの Organization リポジトリへの以前のアクセス
  • Organization が所有しているリポジトリのあらゆるプライベートフォーク
  • Organization のチームでのメンバーシップ
  • Organization のリポジトリへの以前のアクセスと権限
  • Organization リポジトリでの Star
  • Organization での Issue 割り当て
  • リポジトリプラン (リポジトリのアクティビティを Watch するか Watch しないか無視するかについての通知設定)

ヒント:

  • 外部コラボレーターの Organization へのアクセスを復帰させることができるのは、Organization のオーナーだけです。 For more information, see "Roles in an organization."
  • GitHub.com のメンバー復帰フローでは、外部コラボレーターの復帰を説明するために「メンバー」という用語を使用することがありますが、この個人を復帰させて以前の権限を保持しても、付与されるのはその外部コラボレーターの以前の権限のみです。
  • Organization がユーザ単位の有料プランである場合、新しいメンバーを招待して参加させる、または Organization の以前のメンバーを復帰させる前に、そのためのライセンスが用意されている必要があります。 詳しい情報については、「ユーザごとの価格付けについて」を参照してください。
  1. In the top right corner of GitHub.com, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization

  2. Click the name of your organization. Organizationのリスト中のOrganization名

  3. Organization 名の下で、クリックします People.

    人タブ

  4. People(人)タブで、Invite member(メンバーを招待)をクリックしてください。 メンバーの招待ボタン

  5. 復帰させたい人のユーザ名を入力し、Invite(招待)をクリックしてください。

  6. [Invite and reinstate] をクリックして外部コラボレーターの Organization での以前の権限をリストアすることを選択するか、[Invite and start fresh] をクリックして以前の権限をクリアして新たにアクセス権を設定することを選択します。

    警告: 外部コラボレーターを Organization のメンバーにアップグレードする場合は、[Invite and start fresh] を選択して、その個人の新しいロールを選択します。 ただし、[start fresh] を選択する場合、その個人のプライベートフォークは Organization のリポジトリから失われますので、注意が必要です。 以前の外部コラボレーターを Organization のメンバーにし、かつそのコラボレーターのプライベートフォークを保持するには、代わりに [Invite and reinstate] を選択します。 その個人が招待を承認したら、Organization にメンバーとして参加するよう招待することにより、その個人を Organization メンバーに変換できます。

    設定をリストアするか否かの選択

  7. 以前の外部コラボレーターの以前の権限をクリアした場合は、そのユーザのロールを選択し、オプションでいくつかのチームに追加してから、[Send invitation] をクリックします。 ロールとTeamオプションと招待の送信ボタン

  8. 招待された人物は、Organizationへの招待メールを受け取ります。 Organization で 外部コラボレーターになるには、招待を受諾する必要があります。 ユーザが受諾する前であれば、いつでも招待を編集もしくはキャンセルできます。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?