👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Organization の基本レベルの権限の設定

Organization が所有しているリポジトリに対して、基本レベルの権限を設定できます。

Organization のオーナーは、Organization に対して基本レベルの権限を設定できます。

ここには以下の内容があります:

Organization の基本レベルの権限について

Organization のリポジトリにアクセスするとき Organization の全メンバーに適用される基本レベルの権限を設定できます。 基本レベルの権限は、外部のコラボレーターには適用されません。

デフォルトでは、Organization のメンバーは Organization のリポジトリに対する読み取り権限を付与されます。

Organization のリポジトリに対する管理者権限があるユーザが、リポジトリに対してそれより高いレベルの権限を付与すると、基本レベルの権限は、付与された高い権限によってオーバーライドされます。

基本レベルの権限の設定

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。
    Org設定のメンバーの権限オプション
  5. [Base permissions] で、ドロップダウンを使用して新しい基本レベルの権限を選択します。
    [base permissions] ドロップダウンから新しい権限レベルを選択する
  6. 変更を確認します。 確定するために、[Change default permission to PERMISSION] をクリックします。
    基本レベルの権限の変更を確認して確定する

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください