👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Organization の権限レベル

Organizationを作成したら、Organization アカウントを管理する少人数グループにオーナー権限を付与する必要があります。

ここには以下の内容があります:

Organization の権限レベル

Organization のメンバーは、owner (オーナー)billing manager (支払いマネージャー)、あるいは member (メンバー) ロールを持つことができます。

  • オーナーは、Organization について完全な管理アクセスを持ちます。 このロールは制限する必要がありますが、Organization で少なくとも 2 人は指定する必要があります。 詳細は、「Organization の所有権の継続性を管理する」を参照してください。

  • 支払いマネージャーは、個人に支払い設定の管理を許可できます。 詳細は「Organization に支払いマネージャーを追加する」を参照してください。

  • メンバーは、それ以外のユーザのデフォルトのロールです。

Organization のアクションオーナーメンバー支払いマネージャー
リポジトリの作成 (詳細については「Organization 内でリポジトリの作成を制限する」を参照)XX
支払い情報を表示および編集するXX
Organization に参加するようユーザを招待するX
Organization に参加する招待を編集およびキャンセルするX
Organization からメンバーを削除するX
以前のメンバーを Oraganization に復帰させるX
すべての Team に対してユーザーを追加および削除するX
Organization メンバーをチームメンテナに昇格させるX
コードレビューの割り当てを設定する (「Team のコードレビューの割り当てを管理する」を参照)X
スケジュールされたリマインダーを設定する (「プルリクエストのスケジュールされたリマインダーを管理する」を参照)X
すべてのリポジトリにコラボレーターを追加するX
Organization 参加ログにアクセスするX
Organization のプロフィールページを変更する (詳細は「Organization のプロフィールについて」を参照)X
Organization のドメインを検証する (詳細は「Organization のドメインを検証する」を参照)X
すべての Team を削除するX
すべてのリポジトリを含めて Organization のアカウントを削除するX
Team を作成する (詳細は「Organization のチーム作成権限を設定する」を参照)XX
Organization の階層で Team を移動するX
プロジェクトボードを作成する (詳細は「Organization のプロジェクトボード権限」を参照)XX
Organization の全メンバーおよび Team の表示XX
参照可能なチームへの @メンションXX
チームメンテナに指定できるXX
Organization のインサイトを表示する (詳細は「Organization のインサイトを表示する」を参照)XX
パブリック Team のディスカッションを表示し、すべての Team に投稿する (詳細は「Team ディスカッションについて」を参照)XX
プライベート Team のディスカッションを表示し、すべての Team に投稿する (詳細は「Team ディスカッションについて」を参照)X
すべての Team で Team ディスカッションを編集および削除する (詳細は「混乱を生むコメントを管理する」を参照)X
コミット、プルリクエスト、Issue についてコメントを非表示にする (詳細は「混乱を生むコメントを管理する」を参照)XX
Organization の Team ディスカッションを無効にする (詳細は「Organization の Team ディスカッションを無効化する」を参照)X
Organization dependency insights の可視性を管理する (詳細は「Organization dependency insights の可視性を変更する」を参照)X
すべての Team で Team プロフィール画像を設定する (詳細は「Team のプロフィール画像を設定する」を参照)X
SAML シングルサインオンを有効にして強制するX
組織へのユーザーの SAML アクセスを管理するX
Organization の SSH 認証局を管理する (詳細は「Organization の SSH 認証局を管理する」を参照)X
リポジトリを移譲するX
GitHub Marketplace アプリケーションを購入、インストール、支払い管理、キャンセルするX
GitHub Marketplace のアプリケーションをリストするX
Organization のすべてのリポジトリについて、脆弱性のある依存関係に対するセキュリティアラートを受信するX
GitHub Dependabotセキュリティアップデート の管理 (「GitHub Dependabotセキュリティアップデート の設定」を参照)X
フォークポリシーの管理X
Organization のパブリックリポジトリでのアクティビティを制限するX
Organization にあるすべてのリポジトリのプル (読み取り)、プッシュ (書き込み)、クローン作成 (コピー)X
Organization メンバーの外部コラボレーターへの変換X
Organization リポジトリへのアクセス権がある人を表示するX
Organization リポジトリへのアクセス権がある人のリストをエクスポートするX
デフォルトラベルの管理 (「Organization 内のリポジトリのためのデフォルトラベルを管理する」を参照)X
Team の同期を有効化する (「Organization の Team 同期を管理する」を参照)X

GitHub App マネージャー

By default, only organization owners can manage the settings of GitHub Apps owned by an organization. To allow additional users to manage GitHub Apps owned by an organization, an owner can grant them GitHub App manager permissions.

When you designate a user as a GitHub App manager in your organization, you can grant them access to manage the settings of some or all GitHub Apps owned by the organization. 詳しい情報については、以下を参照してください。

外部コラボレーター

リポジトリへのアクセスを許可している間、Organization を安全に保つために、外部コラボレーターを追加することができます。 外部のコラボレータは、Organizationの1つ以上のリポジトリへのアクセス権を持ちますが、明示的にはOrganizationのメンバーになっていない、コンサルタントや一時的な被雇用者といった人です。 詳しい情報については、以下を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください