👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Organizationについて

Organizationは、企業やオープンソースプロジェクトが多くのプロジェクトにわたって一度にコラボレーションできる共有アカウントです。 オーナーと管理者は、Organizationのデータとプロジェクトへのメンバーのアクセスを、洗練されたセキュリティ及び管理機能で管理できます。

ここには以下の内容があります:

Organizationには以下が含まれます。

Organization と Enterprise アカウント

Enterprise アカウントは、複数の GitHub.com Organization のポリシーと支払いを集中管理するために利用できます。

enterprise アカウントに属する Organization では、支払いは enterprise アカウントのレベルで管理され、Organization のレベルでは支払い設定は利用できません。 Enterprise のオーナーは、Enterprise アカウントですべての Organization に対するポリシーを設定することも、Organization のオーナーに Organization のレベルでポリシーを設定することを許可することもできます。 Organization のオーナーは、Enterprise アカウントのレベルで Organization に強制された設定を変更することはできません。 Organization のポリシーや設定について質問がある場合は Enterprise アカウントのオーナーに問い合わせてください。

Enterpriseアカウントは、GitHub Enterprise Cloud及びGitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳しい情報については「Enterpriseアカウントについて」を参照してください。

一人のOrganizationオーナーによってメンテナンスされ、管理されているプロジェクトは、そのOrganizationオーナーが不在になると、簡単にアクセスできなくなってしまいます。 Organizationには、オーナー権限を持つ人を最低でも2人置き、プロジェクトへのアクセスが失われないようにすることをおすすめします。詳細は、「Organization の所有権の継続性を管理する」を参照してください。

Organization の利用規約とデータ保護

会社、非営利団体、グループなどは、Organization として標準の利用規約あるいは企業向け利用規約に合意できます。 詳細は「企業向け利用規約にアップグレードする」を参照してください。

Organization のための企業向け利用規約に同意した団体は、EU 一般データ保護規則 (GDPR) に準拠するため GitHub とデータ保護規約を締結できます。 詳細は「GDPR 準拠のために GitHub とデータ保護契約を締結する」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください