ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

リポジトリの可視性を設定する

あなたのリポジトリを誰が表示できるか選択できます。

ここには以下の内容があります:

リポジトリの可視性の変更について

Organization のオーナーは、リポジトリの可視性を変更する機能を Organization のオーナーのみに制限できます。 詳しい情報については「Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する」を参照してください。

リポジトリの可視性を変更する前に、次の注意点を確認することをお勧めします。

リポジトリをプライベートにする

  • GitHub はパブリックリポジトリのパブリックフォークを切り離し、新しいネットワークに追加します。 パブリックフォークはプライベートにはなりません。 リポジトリの可視性を内部からプライベートに変更すると、GitHub は新たなプライベートリポジトリへのアクセスを持たないユーザに属するフォークを削除します。詳しい情報については、「リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?」を参照してください。
  • ユーザアカウントまたは Organization に GitHub Free を使用している場合、可視性をプライベートに変更すると、リポジトリで一部の機能が使用できなくなります。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。
  • すべての公開済みの GitHub Pages サイトは自動的に取り下げられます。 GitHub Pages サイトにカスタムドメインを追加した場合、ドメインの乗っ取りリスクを回避するために、リポジトリをプライベートに設定する前に DNS レコードを削除または更新してください。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。
  • 今後、GitHub は GitHub Archive Program にリポジトリを含まなくなります。 詳しい情報については、「GitHub のコンテンツとデータのアーカイブについて」を参照してください。

リポジトリをパブリックにする

  • GitHub はプライベートフォークを切り離し、スタンドアロンのプライベートリポジトリに変換します。 詳細は「リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?」を参照してください。
  • オープンソースプロジェクトの作成の一環として、プライベートリポジトリをパブリックリポジトリに変換する場合は、オープンソースガイドを参照して役立つヒントやガイドラインを確認してください。 GitHub Learning Lab でオープンソースプロジェクトの管理方法についての無料コースを受けることもできます。 リポジトリがパブリックになったら、コントリビューターをサポートするための最適な手法にプロジェクトが合致しているかどうかを確認するため、リポジトリのコミュニティプロフィールを表示できます。 詳細は「コミュニティプロフィールを見る」を参照してください。

リポジトリの可視性を変更する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. [Danger Zone] の [Change repository visibility] の右側にある [Change visibility] をクリックします。
    [Change visibility] ボタン
  4. 可視性を選択します。
    リポジトリの可視性オプションのダイアログ
  5. 正しいリポジトリの可視性を変更していることを確認するには、可視性を変更するリポジトリの名前を入力します。
  6. [I understand, change repository visibility] をクリックします。
    リポジトリの可視性ボタンの変更確認

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください