👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリのセキュリティと分析設定を管理する

GitHub 上のプロジェクトのコードをセキュリティ保護し分析する機能を管理できます。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、リポジトリのセキュリティと分析設定を管理できます。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

ノート: セキュリティと分析設定の管理の新しい体験はベータであり、変更されることがあります。

セキュリティおよび分析機能の有効化または無効化

ノート: パブリックリポジトリにデフォルトで有効化されているセキュリティ及び分析の機能の中には、無効化できないものがあります。

セキュリティおよび分析機能を有効にすると、GitHub がリポジトリで読み取り専用の分析を実行できるようになります。 詳しい情報については、「GitHub によるデータ使用について」を参照してください。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。
    リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. [Enable/disable features] で、機能の右側にある [Disable] または [Enable] をクリックします。
    "Enable/disable features" の下にある各機能の "Enable" および "Disable" ボタン

セキュリティアラートへのアクセスを許可する

Organization 内のリポジトリのセキュリティアラートを有効にすると、Organization のオーナーとリポジトリ管理者はデフォルトでアラートを表示できます。 追加の Team やユーザに、リポジトリのセキュリティアラートへのアクセスを付与することができます。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。
    リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. [Dependabot alerts] の検索フィールドで、検索するユーザまたは Team 名の入力を開始し、リストから一致する名前をクリックします。
    ユーザまたは Team にセキュリティアラートへのアクセスを付与するための検索フィールド
  5. [Save changes] をクリックします。
    セキュリティアラート設定を変更するための "Save changes" ボタン

セキュリティアラートへのアクセスを削除する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。
    リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. [Dependabot alerts] で、アクセスを削除するユーザまたは Team の右側にある をクリックします。
    リポジトリのセキュリティアラートへのアクセスを削除する "x" ボタン

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください