Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Viewing a file

You can view raw file content or trace changes to lines in a file and discover how parts of the file evolved over time.

Viewing or copying the raw file content

With the raw view, you can view or copy the raw content of a file without any styling.

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. Click the file that you want to view.
  3. In the upper-right corner of the file view, click Raw. Screenshot of the Raw button in the file header
  4. Optionally, to copy the raw file content, in the upper-right corner of the file view, click .

Viewing the line-by-line revision history for a file

Blame ビューでは、 をクリックすることで、ファイル全体の行ごとのリビジョン履歴やファイル内の 1 つの行のリビジョン履歴を表示することができます。 をクリックするたびに、変更をコミットした者と時間を含む、その行の過去のリビジョン情報が表示されます。

Git blame ビュー

ファイルやプルリクエストでは、 メニューを使って、選択した行や行の範囲の Git blame を表示することもできます。

選択した行の Git blame を表示するオプションのあるケバブメニュー

ヒント: コマンドライン上で、ファイル内の行のリビジョン履歴を表示するために git blame を使うこともできます。 詳細は Git の git blame のドキュメンテーションを参照してください。

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. クリックして、表示したい行の履歴のファイルを開きます。
  3. ファイルビューの右上隅で [Blame] をクリックして blame ビューを開きます。 [Blame] ボタン
  4. 特定の行の過去のリビジョンを表示するには、見てみたい変更が見つかるまで をクリックします。 さらに前の状態に遡るボタン

Ignore commits in the blame view

Note: Ignoring commits in the blame view is currently in public beta and subject to change.

All revisions specified in the .git-blame-ignore-revs file, which must be in the root directory of your repository, are hidden from the blame view using Git's git blame --ignore-revs-file configuration setting. For more information, see git blame --ignore-revs-file in the Git documentation.

  1. In the root directory of your repository, create a file named .git-blame-ignore-revs.

  2. Add the commit hashes you want to exclude from the blame view to that file. We recommend the file to be structured as follows, including comments:

    # .git-blame-ignore-revs
    # Removed semi-colons from the entire codebase
    a8940f7fbddf7fad9d7d50014d4e8d46baf30592
    # Converted all JavaScript to TypeScript
    69d029cec8337c616552756310748c4a507bd75a
    
  3. Commit and push the changes.

Now when you visit the blame view, the listed revisions will not be included in the blame. You'll see an Ignoring revisions in .git-blame-ignore-revs banner indicating that some commits may be hidden:

Screenshot of a banner on the blame view linking to the .git-blame-ignore-revs file

This can be useful when a few commits make extensive changes to your code. You can use the file when running git blame locally as well:

git blame --ignore-revs-file .git-blame-ignore-revs