Skip to main content

タグ保護ルールの構成

共同作成者がタグを作成または削除できないように、リポジトリのタグ保護ルールを構成できます。

タグ保護ルールは組織の GitHub Free と GitHub Free のパブリック リポジトリで、また、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server のパブリックおよびプライベート リポジトリで利用できます。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

注: タグ保護ルールは現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

タグ保護ルールを追加すると、指定されたパターンに一致するすべてのタグが保護されます。 リポジトリの管理者または管理権限を持つユーザーのみが保護されたタグを作成でき、リポジトリの管理者権限を持つユーザーのみが保護されたタグを削除できます。 詳細については、「Organization のリポジトリ ロール」を参照してください。 GitHub Apps で保護されたタグを変更するには、Repository administration: write 権限が必要です。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  2. サイドバーの [コードと自動化] セクションで、 [] タグ をクリックします。
  3. [新しいルール] をクリックします。 新しいタグ保護ルール
  4. [タグ名パターン] に、保護するタグのパターンを入力します。 この例では、「*」と入力するとすべてのタグが保護されます。 タグ保護パターンを設定する
  5. [ルールの追加] をクリックします。 タグ保護ルールを追加する