👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリの GitHub アクションの無効化や制限

リポジトリのオーナーは、特定のリポジトリの GitHub Actions の無効化、有効化、および制限ができます。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

リポジトリの GitHub Actions 権限について

デフォルトでは、すべてのリポジトリでGitHub Actionsは有効です。 GitHub Actionsを無効化したり、パブリックなアクションの利用を制限したりすることができます。 パブリックなアクションの利用を制限すると、リポジトリあるいはOrganization内にあるローカルのアクションだけが利用できるようになります。 GitHub Actions について詳しくは、「GitHub Actions について」を参照してください。

リポジトリで GitHub Actions を有効化できます。 GitHub Actionsを有効化すると、ワー来るフォーはリポジトリ内と、その他の任意のパブリックリポジトリ内のアクションを実行できるようになります。 リポジトリの GitHub Actions を完全に無効化することができます。 GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

または、リポジトリで GitHub Actions を有効化して、ワークフローで実行できるアクションを制限することもできます。 ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリあるいはOrganization内のアクションだけを実行できるようになります。

リポジトリの GitHub Actions 権限を管理する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
    アクションの設定
  4. [Actions permissions] で、オプションを選択します。
    このリポジトリのアクションを有効化、無効化、または制限する

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください