ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

codespace について

Codespaces は、GitHub がホストし、Visual Studio Code が提供するオンライン開発環境で、完全にクラウド上で開発を行うことができます。

Codespacesは、GitHub FreeもしくはGitHub Proを使っているユーザアカウントで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

注釈: Codespaces は現在限定パブリックベータであり、変更されることがあります。 ベータ期間中、 GitHub は Codespaces の可用性について一切の保証を行いません。 ベータへの参加についての詳細は、「ベータへの参加」を参照してください。

Codespacesについて

Codespaces is a cloud development environment available in your browser. codespace には、構文の強調表示とオートコンプリートを備えたテキストエディタ、ターミナル、デバッグツール、Git コマンドなど、特定のリポジトリ向けに開発する必要があるすべてのものが GitHub 内に含まれています。 codespace に Visual Studio Code 拡張機能をインストールして、機能を追加することもできます。

Codespaces を使用すると、開発者は簡単に新しい会社へ参加したり、オープンソースプロジェクトへ貢献したりすることができます。 プロジェクトメンテナはリポジトリを設定できるため、リポジトリの codespace を作成すると、プロジェクトの依存関係が自動的に含まれます。 環境設定に費やす時間を削減することで、コーディングをより素早く開始できます。

Codespaces では、ローカルではなくクラウドで開発できます。 開発者は、タブレットや Chromebook など、あらゆるマシンでどこからでも貢献でき、知的財産のローカルコピーを保持する必要はありません。

codespace(オープン)

Codespacesを使用する

各開発者は、任意のパブリックリポジトリ、またはユーザアカウントが所有する任意のプライベートリポジトリに対して 1 つ以上の codespace を作成できます。 ベータの期間、Organizationが所有するプライベートリポジトリ、あるいはSAMLシングルサインオンを必要とするOrganizationが所有するリポジトリはサポートされません。 各コードスペースは、作成者だけが利用できます。 他者のcodespaceで作業することはできません。

各codespaceはリポジトリの特定ブランチと関連づけられます。 リポジトリごと、さらにはブランチごとに1つ以上のcodespaceを作成できます。 However, each user account has a two-codespace limit during limited public beta. この制限に達した場合に新しいcodespaceを作成したいなら、まずcodespaceを削除しなければなりません。詳しい情報については、「codespace を削除する」を参照してください。

codespaceをオープンした後は、テキスト編集、デバッギング、GitコマンドといったVisual Studio Codeの機能を使って開発を行えます。 詳しい情報についてはVisual Studio Codeのドキュメンテーションを参照してください。

Visual Studio Codeから直接codespaceに接続できます。 詳しい情報については「Visual Studio Codeからのcodespaceへの接続」を参照してください。

リポジトリのデフォルトのcodespace設定を作成し、そのリポジトリで作成されたすべての新しいcodespaceの環境を決定できます。 The configuration defines a development container that can include frameworks, tools, extensions, and port forwarding.詳しい情報については、「プロジェクトの Codespaces を設定する」を参照してください。

自分のアカウントで作成したcodespaceについて、codespace環境の様々な側面をパーソナライズすることもできます。 パーソナライズには、シェルの環境設定や追加のツールが含まれます。 詳しい情報については、「アカウントの Codespaces をパーソナライズする」を参照してください。

github.com/codespacesで、自分のユーザアカウントが所有しているすべてのcodespaceを見ることができます。

ベータの期間中、機能は制限されています。

  • Codespacesでの最善の体験のためには、Google ChromeあるいはMicrosoft EdgeのようなChromiumベースのブラウザを使うことをおすすめします。
  • codespaceのサイズは1つだけしか利用できません。
  • Linuxコンテナのみサポートされています。
  • codespaceは完全に再開可能ではありません。 codespaceが停止された時に実行中だったプロセスは、再開されません。

Codespacesの支払いについて

During the limited public beta, Codespaces is free to use and users are limited to 2 codespaces. プランと価格は、一般提供の前に発表されます。

ベータに参加する

限られたユーザのみがベータ参加のために招待されます。 待ちリストに参加するには、「Codespaces ベータのサインアップ」を参照してください。

Codespaces について問い合わせる

Codespaces の使用時に問題が発生した場合は、「codespace のトラブルシューティング」を参照してください。

さらにサポートをご希望の場合、または Codespaces に関するフィードバックがある場合は、コミュニティフォーラムをご使用ください。

Did this doc help you?