Skip to main content

GitHub Codespaces のサポートを使用する

GitHub Codespaces のサポートから最適なヘルプを得るためのヒント。

codespace に関する問題が発生したときにサポートが支援できるように、codespace の永続的な名前とその codespace ID (識別子) を把握しておく必要があります。 さらに、サポートによって、一部のログを共有するように求められる場合があります。 詳しくは、「GitHub Codespaces ログ」と「GitHub サポートについて」をご覧ください。

codespace 名

各 codespace には、GitHub ハンドル、自動的に生成された 2 つか 3 つの単語、およびいくつかのランダムな文字を組み合わせた一意の名前が付けられています。 (例: octocat-literate-space-parakeet-mld5)。 また、そのような自動的に生成された 2 つか 3 つの単語によって、codespace の最初の表示名も形成されます (この場合は、literate-space-parakeet)。 codespace の表示名は変更できますが、永続的な名前はこれの影響を受けません。 詳しくは、「codespace の名前を変更する」をご覧ください。

codespace の名前を見つけるには:

  • ブラウザーで codespace を開きます。 URL のサブドメインは codespace の名前です。 たとえば、https://octocat-literate-space-parakeet-mld5.github.devoctocat-literate-space-parakeet-mld5 codespace の URL です。
  • codespace を開くことができない場合は、GitHub (https://github.com/codespaces ) で名前にアクセスできます。 https://github.com/codespaces で codespace の表示名にカーソルを合わせると、ポップアップに名前が表示されます。 カーソルを合わせると表示される codespace 名

codespace の名前は多くのログ ファイルにも含まれています。 たとえば、codespace ログでは friendlyName 値として、GitHub Codespaces 拡張機能ログでは making GET request for の後に、ブラウザー コンソール ログでは clientUrl の後にあります。 詳しい情報については、「GitHub Codespaces のログ」を参照してください。

codespace ID

すべての codespace には ID (識別子) もあります。 Visual Studio Code ではこれは既定で表示されないため、ID にアクセスする前に GitHub Codespaces 拡張機能の設定を更新する必要がある場合があります。

  1. Visual Studio Code (ブラウザーまたはデスクトップ) の左側のアクティビティ バーで、 [リモート エクスプローラー] をクリックして codespace の詳細を表示します。

    : リモート エクスプローラーがアクティビティ バーに表示されない場合:

    1. コマンド パレットにアクセスします。 たとえば、Shift + Command + P (Mac) / Ctrl + Shift + P (Windows/Linux) を押します。
    2. 次のコマンドを入力します: codespaces
    3. [コードスペース: 詳細] をクリックします。
  2. サイドバーに [codespace パフォーマンス] セクションが含まれている場合は、[codespace ID] にカーソルを合わせ、クリップボード アイコンをクリックしてその ID をコピーします。

  3. 情報が表示されない場合は、アクティビティ バーの左下隅にある をクリックして、[設定] タブを表示します。

  4. [拡張機能] を展開し、 [GitHub Codespaces] をクリックして拡張機能の設定を表示します。 その後、 [パフォーマンス エクスプローラーの表示] を有効にして、サイドバーに [codespace パフォーマンス] セクションを表示します。 パフォーマンス情報を表示するために必要な codespace ID と設定