ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

デフォルトブランチを設定する

If you have more than one branch in your repository, you can choose another branch to be the default branch.

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

About the default branch

When you create a repository on GitHub with content, the repository is initialized with a single branch, called the default branch. The default branch is the base branch in your repository, against which all pull requests and code commits are automatically made, unless you specify a different branch. If you have more than one branch in your repository, anyone with admin rights over a repository can select one of these existing branches as the default branch on the repository.

デフォルトブランチを設定する

Note: To set the default branch you must have more than one branch in your repository.

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のメニューでBranches(ブランチ)をクリックしてください。
    リポジトリオプションのサブメニュー
  4. In the default branch drop-down, choose the new default branch.
    デフォルトブランチ ドロップダウン セレクター
  5. [Update] をクリックします。

GitHub 上にすでにあるブランチに限って、切り替えできます。 UI で新しいブランチを作成するには、「リポジトリ内でブランチを作成および削除する」を参照してください。

You can also set the default branch name for any newly created repositories owned by your user account, organization, or enterprise account. For more information, see "Managing the default branch for your repositories", "Managing the default branch name for repositories in your organization, or "Enforcing a policy on the default branch name."

Warning: Setting a different default branch affects your trunk branch contents on the Git-Subversion bridge and the HEAD you'd see when you git ls-remote this repository's upstream URL.

Did this doc help you?