Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

セキュリティの概要でアラートをフィルター処理する

フィルターを使ってアラートの特定のカテゴリを表示する

この機能を使用できるユーザーについて

組織のセキュリティの概要は、その組織のすべてのメンバーが利用できます。 表示されるビューとデータは、組織内のロールと、組織内の個々のリポジトリに対するアクセス許可によって決まります。 詳しくは「セキュリティの概要について」をご覧ください。

企業のセキュリティの概要には、組織の所有者とセキュリティ管理者がアクセスできる組織のデータが表示されます。 エンタープライズ所有者は、自身が組織の所有者またはセキュリティ マネージャーとして追加されている組織のデータのみを表示できます。 詳しくは、「Enterprise によって所有される Organization のロールを管理する」をご覧ください。

すべてのエンタープライズとその組織にセキュリティの概要があります。 GitHub Advanced Security の機能 追加の情報が表示されます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

セキュリティの概要のフィルター処理について

セキュリティの概要でフィルターを使用すると、アラート リスク レベル、アラートの種類、機能の有効化など、さまざまな要因に基づいてフォーカスを絞り込むことができます。 特定のビューと、エンタープライズと組織のどちらのレベルでデータを表示しているかに応じて、さまざまなフィルターを使用できます。

セキュリティの概要で示される情報は、リポジトリへのアクセス権、および GitHub Advanced Security がそれらのリポジトリによって使われているかどうかによって異なります。 詳しくは、「[AUTOTITLE](/code-security/security-overview/about-security-overview#permission-to-view-data-in-security-overview)」を参照してください。

リポジトリ別のフィルター

セキュリティの概要では、リポジトリのフリー テキスト検索がサポートされています。 フリー テキスト検索では、キーワードを検索でき、そのキーワードを含む名前を持つリポジトリが表示されます。 たとえば、"test (テスト)" を検索すると、検索結果には "test-repository (テストリポジトリ)" と "octocat-testing (octocat テスト)" の両方が含まれます。

1 つのリポジトリの完全な検索を実行するには、repo 修飾子を使用します。 リポジトリの名前を表示されているとおりに入力しないと、リポジトリは見つかりません。

修飾子説明
repo:REPOSITORY-NAME指定したリポジトリのデータを表示します。

セキュリティ機能が有効になっているかどうかをフィルター処理する

次の例では、:enabled:not-enabled に置き換えると、セキュリティ機能が有効になっていないリポジトリが表示されます。 これらの修飾子は、[セキュリティ リスク] ビューと [セキュリティ カバレッジ] ビューで使用できます。

修飾子説明
code-scanning:enabledcode scanning が構成されているリポジトリを表示します。
dependabot:enabledDependabot alerts が有効になっているリポジトリを表示します。
secret-scanning:enabledシークレット スキャンニング アラート が有効になっているリポジトリを表示します。
any-feature:enabled少なくとも 1 つのセキュリティ機能が有効になっているリポジトリを表示します。

組織レベルの [セキュリティ カバレッジ] ビューには、追加のフィルターが含まれています。

注: 現在、[セキュリティ リスク] ビューと [セキュリティの対象範囲] ビューはベータ版であり、変更される場合があります。

修飾子説明
code-scanning-pull-request-alerts:enabledpull request で実行されるように code scanning を構成しているリポジトリを表示します。
dependabot-security-updates:enabledDependabot security updates を有効にしたリポジトリを表示します。
secret-scanning-push-protection:enabledsecret scanning のプッシュ保護が有効になっているリポジトリを表示します。

リポジトリの種類によるフィルタ

これらの修飾子はすべて、[セキュリティ リスク] ビューと [セキュリティ カバレッジ] ビューで使用できます。

修飾子説明
is:publicパブリック リポジトリを表示します。
is:internal内部リポジトリを表示します。
is:privateプライベート リポジトリを表示します。
archived:trueアーカイブされたリポジトリを表示します。
archived:falseアーカイブされたリポジトリを省略します。

リポジトリに対するリスクレベルによるフィルタリング

リポジトリのリスク レベルは、セキュリティ機能からのアラートの数と重大度によって決まります。 1 つまたは複数のセキュリティ機能がリポジトリで有効化されていないなら、そのリポジトリのリスク レベルは不明になります。 リポジトリにセキュリティ機能で検出されるリスクがないなら、そのリポジトリのリスク レベルはクリアです。

これらの修飾子は、エンタープライズレベルのビューで使用できます。

修飾子説明
risk:high高リスクのリポジトリを表示します。
risk:medium中程度のリスクのリポジトリを表示します。
risk:low低リスクのリポジトリを表示します。
risk:unknownリスクレベルが不明なリポジトリを表示します。
risk:clearリスクレベルが検出されていないリポジトリを表示します。

アラート数によるフィルタ

これらの修飾子は、エンタープライズ レベルの [概要] と組織レベルの [セキュリティ リスク] ビューで使用できます。

修飾子説明
code-scanning-alerts:NUMBERcode scanning アラートが NUMBER 個あるリポジトリを表示します。 この修飾子では、=>< の各比較演算子を使用できます。
secret-scanning-alerts:NUMBERシークレット スキャンニング アラート が NUMBER 個あるリポジトリを表示します。 この修飾子では、=>< の各比較演算子を使用できます。
dependabot-alerts:NUMBERDependabot alerts が NUMBER 個あるリポジトリを表示します。 この修飾子では、=>< の各比較演算子を使用できます。

Teamによるフィルタ

これらの修飾子は、メインの概要ビュー。

修飾子説明
team:TEAM-NAMETEAM-NAME が管理者アクセス権を持つリポジトリを表示します。

トピックによるフィルタ

これらの修飾子は、メインの概要ビュー。

修飾子説明
topic:TOPIC-NAMETOPIC-NAME で分類されるリポジトリを表示します。 リポジトリのトピックについて詳しくは、「トピックでリポジトリを分類する」をご覧ください。

Dependabot アラート ビューの追加フィルター

ビューをフィルター処理すると、修正する準備ができている Dependabot alerts を表示したり、公開に関する追加情報が利用可能な場所を表示したりできます。 任意の結果をクリックすると、アラートの完全な詳細を表示できます。

修飾子説明
has:patch

code scanning アラート ビューの追加フィルター

すべての code scanning アラートには、以下に示すカテゴリのいずれかが含まれます。 任意の結果をクリックすると、関連するクエリの完全な詳細と、アラートをトリガーしたコード行を表示できます。

修飾子説明
is:openオープン code scanning アラートを表示します。
is:closedクローズされた code scanning アラートを表示します。
resolution:false-positive"誤検知" としてクローズされた code scanning アラートを表示します。
resolution:fixed"修正済み" としてクローズされた code scanning アラートを表示します。
resolution:used-in-tests"テストで使用" としてクローズされた code scanning アラートを表示します。
resolution:wont-fix"修正しない" としてクローズされた code scanning アラートを表示します。
rule:RULE-NAME指定したルールに対してオープンされた code scanning アラートを表示します。
severity:critical重大として分類された code scanning アラートを表示します。
severity:high高として分類された code scanning アラートを表示します。
severity:medium中として分類された code scanning アラートを表示します。
severity:low低として分類された code scanning を表示します。
severity:errorエラーとして分類された code scanning アラートを表示します。
severity:warning警告として分類された code scanning アラートを表示します。
severity:note注として分類された code scanning アラートを表示します。
sort:created-desccode scanning アラートを新しいものから順に表示します。
sort:created-asccode scanning アラートを古いものから順に表示します。
sort:updated-desccode scanning アラートを更新時期が最も新しいものから順に表示します。
sort:updated-asccode scanning アラートを更新時期が最も古いものから順に表示します。
tool:TOOL-NAME指定したツールによって検出された code scanning アラートを表示します。

secret scanning アラート ビューの追加フィルター

修飾子説明
provider:PROVIDER-NAME指定したプロバイダーによるすべての issue の問題に関するアラートを表示します。
secret-type:PROVIDER-PATTERN指定したシークレットとプロバイダーのアラートを表示します。
secret-type:CUSTOM-PATTERN指定したカスタム パターンに一致するシークレットのアラートを表示します。
is:openオープン secret scanning アラートを表示します。
is:closedクローズされた シークレット スキャンニング アラート を表示します。
resolution:false-positive"誤検知" としてクローズされた シークレット スキャンニング アラート を表示します。
resolution:pattern-deleted"パターン削除済み" としてクローズされた secret scanning を表示します。
resolution:pattern-edited"パターン編集済み" としてクローズされた シークレット スキャンニング アラート を表示します。
resolution:revoked"取り消し" としてクローズされた シークレット スキャンニング アラート を表示します。
resolution:used-in-tests"テストで使用" としてクローズされた シークレット スキャンニング アラート を表示します。
resolution:wont-fix"修正しない" としてクローズされた secret scanning を表示します。
sort:created-descシークレット スキャンニング アラート を新しいものから順に表示します。
sort:created-ascシークレット スキャンニング アラート を古いものから順に表示します。
sort:updated-descシークレット スキャンニング アラート を更新時期が最も新しいものから順に表示します。
sort:updated-ascシークレット スキャンニング アラート アラートを更新時期が最も古いものから順に表示します。

詳しくは、「secret scanning パターン」を参照してください。