Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

データベースの抽出エラー

抽出エラーが、作成された CodeQL データベースの正常性に影響するかどうかをチェックできます。

メモ: この記事では、このバージョンの GitHub Enterprise Server の初期リリースに含まれる CodeQL アクションのバージョンおよび関連する CodeQL CLI バンドルで使用できる機能について説明します。 エンタープライズでより新しいバージョンの CodeQL アクションを使用する場合は、この記事の GitHub Enterprise Cloud バージョンで最新の機能に関する情報を参照してください。 最新バージョンの使用については、「アプライアンス用コードスキャンの構成」を参照してください。

CodeQL チームは、すべてのソース ファイルを確実にスキャンできるように、重大な抽出エラーに常に対処しています。 ただし、CodeQL 抽出子では、データベースの作成時にエラーが発生することがあります。 CodeQL では、データベースの作成時にログ ファイル内に生成された抽出エラーおよび警告に関する情報が提供されます。 抽出診断情報は、データベースの全体的な正常性を示します。 ほとんどの抽出エラーは、分析に大きな影響を及ぼすことはありません。 少数の抽出エラーは正常であり、通常は良好な分析状態を示します。

ただし、データベースの作成時にコンパイルされたファイルの大部分に抽出エラーが生じる場合は、エラーを詳しく調べて、一部のソース ファイルが正しく抽出されなかった原因を特定する必要があります。