Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

プライベート リポジトリで CodeQL を有効にできない

プライベート・リポジトリでGitHub Advanced Securityを使用するには、code scanningを有効にする必要があります。

GitHub Advanced Security が有効になっているかどうか確認してください 

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. サイドバーの [セキュリティ] セクションで、 [コードのセキュリティと分析] をクリックします。

  4. GitHub Advanced Security まで下にスクロールします。

  5. 関連付けられたアクティブな [有効] ボタンがある場合、このリポジトリに GitHub Advanced Security を使用できますが、まだ有効になっていません。

  6. ポリシーによって GitHub Advanced Security の使用がブロックされている場合、 [有効] ボタンは非アクティブであり、ポリシーの所有者が一覧表示されます。

    [GitHub Advanced Security] 設定のスクリーンショット。 エンタープライズ ポリシーの所有者と非アクティブな [有効化] ボタンが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されます。

GitHub Advanced Security へのアクセスを要求する

  1. [GitHub Advanced Security] 設定でエンタープライズ名をクリックすると、GitHub Advanced Securityへのアクセスを制御するポリシーを編集するアクセス権を持つユーザーの一覧が表示されます。 詳しくは、「エンタープライズのコード セキュリティと分析のためのポリシーの適用」を参照してください。
  2. その他の機能へのアクセスを要求するには、会社のポリシーに従ってください。

GitHub Advanced Security を有効にする

  1. [GitHub Advanced Security] 設定の [有効] をクリックします。
  2. code scanning を再実行します。