Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

CodeQL によってスキャンされた行が予想よりも少ない

CodeQL によって分析されたコードが予想よりも少ない場合は、カスタム ビルド コマンドを使用する必要がある場合があります。

コンパイル言語の分析について

C/C++、C#、Go、Java などのコンパイル言語の場合、CodeQL では、分析中にビルドされたファイルのみがスキャンされます。 そのため、一部のソース コードが正しくコンパイルされていない場合、スキャンされるコード行の数は想定よりも少なくなります。 これは、いくつかの理由で発生します。

  1. CodeQL の autobuild 機能では、ヒューリスティックを使用してリポジトリにコードがビルドされます。 ただし、このアプローチではリポジトリの分析が不完全になることがあります。 たとえば、1 つのリポジトリに複数の build.sh コマンドが存在する場合、autobuild ステップで実行されるコマンドは 1 つのみであるため、一部のソース ファイルがコンパイルされない可能性があります。したがって、分析が完了しない可能性があります。

  2. 一部のコンパイラは CodeQL で動作せず、コードの分析中に問題が発生する可能性があります。 たとえば、ベンダー固有の C コンパイラのほとんどは、CodeQL では認識されません。 C コードを分析するには、認識されるコンパイラ (GCC、Clang、MSVC など) を使ってコンパイルする必要があります。

CodeQL 分析でスキャンされるコード行が予想よりも少ない場合は、autobuild step を置き換えるか、CodeQL データベース内のソース ファイルのコピーを調べることができます。

autobuild ステップを置き換える

autobuild ステップを、運用環境で使用するのと同じビルド コマンドに置き換えます。 これにより、CodeQL では、スキャンするすべてのソース ファイルをコンパイルする方法を正確に認識できます。 詳しくは、「コンパイル済み言語の CodeQL コード スキャン」を参照してください。

CodeQL データベース内のソース ファイルのコピーを調べる

CodeQL データベースに含まれるソース コードのコピーを調べることで、一部のソース ファイルが分析されていない理由を理解できる場合があります。 Actions ワークフローからデータベースを取得するには、CodeQL ワークフロー ファイルの init ステップを変更し、debug: true を設定します。

- name: Initialize CodeQL
  uses: github/codeql-action/init@v2
  with:
    debug: true

これにより、ローカル コンピューターにダウンロードできるアクション成果物としてデータベースがアップロードされます。 詳しくは、「ワークフロー データを成果物として保存する」を参照してください。

成果物には、CodeQL によってスキャンされたソース ファイルのアーカイブされたコピー (src.zip と呼ばれる) が含まれます。 リポジトリ内のソース コード ファイルと src.zip 内のファイルを比較すると、不足しているファイルの種類を確認できます。 分析されていないファイルの種類がわかったら、CodeQL 分析のワークフローをどのように変更する必要があるかを容易に理解できます。