Skip to main content

projects (classic)の自動化の設定

指定されたイベントが発生したときに、IssueやPull Requestをclassic projectの列に移動させる自動化ワークフローをセットアップできます。

ノート:

  • プロジェクト, the all-new projects experience, is now available. For more information about プロジェクト, see "About プロジェクト" and for information about migrating your classic project, see "Migrating from Projects (classic)."
  • You can only create a new classic project board for an organization, user, or repository that already has at least one classic project board. If you're unable to create a classic project board, create a project board instead.

To set up automatic workflows for a repository classic project, you must have write access to the repository. Organization owners and members can configure automatic workflows on an organization-wide classic project. 詳しい情報については「projects (classic)の自動化について」を参照してください。

You can use a classic project template to create a classic project with automation already configured. 詳細については、「projects (classic)について」を参照してください。

When you close a classic project, any workflow automation configured for the classic project will pause. If you reopen a classic project, you have the option to sync automation, which updates the position of the cards on the board according to the automation settings configured for the project. For more information, see "Reopening a closed project (classic)" or "Closing a project (classic)."

参考: すでに自動化を設定している列を編集するには、列の下にある [Manage] ボタンをクリックします。

  1. 自動化したいclassic projectにアクセスしてください。
  2. 自動化したい列で、をクリックします。 編集アイコン
  3. [Manage automation] をクリックします。 [Manage automation] ボタン
  4. [Preset] ドロップダウンメニューで、自動化のプリセットを 1 つ選びます。 メニューから自動化のプリセットを選択
  5. 列に設定したいワークフロー自動化を選択します。 列の自動化オプションのリスト
  6. [Update automation] をクリックします。

参考リンク