Skip to main content

projects (classic) の自動化について

この記事では、次の項目が扱われます。

クラシック プロジェクト カードの状態を関連する issue や pull request と同期させておくために、自動化されたワークフローを設定できます。

注:

  • 新しいプロジェクト エクスペリエンスである Projects が利用できるようになりました。 Projects について詳しくは、「Projects について」を参照してください。また、クラシック プロジェクト について詳しくは、「Projects (classic) からの移行」を参照してください。
  • 新しいクラシック プロジェクト ボードは、少なくとも 1 つのクラシック プロジェクト ボードが既に存在する Organaization、ユーザー、またはリポジトリに対してのみ作成できます。 クラシック プロジェクト ボードを作成できない場合は、代わりにプロジェクト ボードを作成してください。

リポジトリの クラシック プロジェクト に自動ワークフローを設定するには、リポジトリへの書き込みアクセス権を持っている必要があります。 Organization の所有者とメンバーは、Organization 全体の クラシック プロジェクト に対して自動ワークフローを設定できます。 詳しくは、「Organization の Projects (classic)権限」を参照してください。

クラシック プロジェクト 列のイベントのトリガーに基づいてアクションを自動化できます。 これにより、クラシック プロジェクトを管理する際の手動タスクの一部が不要になります。 たとえば "To do" 列を設定して、クラシック プロジェクトに追加された新しい issues または pull request が設定された列に自動的に移動するようにできます。 詳しくは、「projects (classic) の自動化の構成」を参照してください。

クラシック プロジェクト テンプレートを使用して、自動化が既に構成されているクラシック プロジェクトを作成できます。 詳細については、「projects (classic) について」を参照してください。

クラシック プロジェクトをコピーして、同様のプロジェクトでカスタマイズを再利用することもできます。 詳しくは、「project (classic) のコピー」を参照してください。

また、クラシック プロジェクトの自動化は、特定のアクションの標準ワークフローを作成することで、チームがクラシック プロジェクトの目的とチームの開発プロセスに関する共有の理解を深めるのにも役立ちます。

クラシック プロジェクト をクローズすると、クラシック プロジェクト 用に構成されたすべてのワークフロー自動化は一時停止されます。 クラシック プロジェクト をもう一度開く場合は、自動化を同期することができます。これにより、プロジェクト用に構成された自動化設定に従って、ボード上のカードの位置が更新されます。 詳しい情報については、「クローズされた project (classic) の再オープン」または「project (classic) のクローズ」を参照してください。

Automation オプション

プリセットの列構成オプション
To Do
  • 新しく追加されたすべてのIssuleをここに移動させる
  • 新しく追加されたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのIssueをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
進行中
  • 新たにオープンされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのIssueをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • ベースブランチが要求する最小のレビュー数を満たしたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • ベースブランチが要求する最小のレビュー数を満たさなくなったすべてのプルリクエストをここに移動させる
完了
  • クローズされたすべてのIssueをここに移動させる
  • マージされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • マージされずにクローズされたすべてのプルリクエストをここに移動させる

プロジェクトの進捗の追跡

クラシック プロジェクトの進行状況を追跡できます。 [To do]、[In progress]、または [Done] 列のカードの数は、プロジェクトの進捗全体にカウントされます。 進行状況の追跡が有効になっている場合、進行状況バーが クラシック プロジェクト の上、プロジェクトのリスト ページ、issue のサイドバー、他の クラシック プロジェクト 上のプロジェクトへの参照に表示されます。

詳しくは、「project (classic)の進行状況の追跡」を参照してください。

参考資料