Skip to main content

グラフの構成

グラフを構成し、プロジェクトからデータをフィルター処理する方法について学習します。

履歴グラフは、Organization 向けの GitHub Team と GitHub Enterprise Cloud で利用できます。 Organization 向けの GitHub Team および GitHub Enterprise Cloud と、ユーザー向けの GitHub Pro で、プライベート プロジェクトに無制限のグラフを保存できます。 パブリック プロジェクトを使用しているユーザーと Organization も、無制限のグラフを保存できます。 GitHub Free またはレガシ プランを使用しているユーザーと Organization は、プライベート プロジェクトに 2 つのグラフを保存できます。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

  1. プロジェクトにアクセスします。
  2. 分析情報にアクセスするには、右上にある をクリックします。 分析情報アイコンを示すスクリーンショット
  3. 左側のメニューで、構成するグラフをクリックします。 カスタム グラフの選択を示すスクリーンショット
  4. ページの右側で [構成] をクリックします。 右側にパネルが開きます。 [構成] ボタンを示すスクリーンショット
  5. グラフの種類を変更するには、 [レイアウト] ドロップダウンを選択し、使用するグラフの種類をクリックします。 グラフ レイアウトの選択を示すスクリーンショット
  6. グラフの X 軸に使用するフィールドを変更するには、 [X 軸] ドロップダウンを選択し、使用するフィールドをクリックします。 x 軸に表示する内容の選択を示すスクリーンショット
  7. 必要に応じて、X 軸のアイテムを別のフィールドでグループ化するには、 [グループ化] を選択して使用するフィールドをクリックするか、[なし] をクリックしてグループ化を無効にします。 グループ化方法の選択を示すスクリーンショット
  8. 必要に応じて、プロジェクトに数値フィールドが含まれており、Y 軸にそれらの数値フィールドの合計、平均、最小値、または最大値を表示する場合は、 [Y 軸] を選択し、オプションをクリックします。 次に、下に表示されるドロップダウンを選択し、使用する数値フィールドをクリックします。 y 軸に表示する内容の選択を示すスクリーンショット
  9. グラフを保存するには、 [変更を保存] をクリックします。 保存ボタンを示すスクリーンショット