Skip to main content

アイテムを自動的にアーカイブする

特定の条件を満たすアイテムを自動的にアーカイブするように、プロジェクトの組み込みワークフローを構成できます。

注: 組み込みのワークフローは、制限付きベータの一部として利用できます。

アイテムの自動アーカイブについて

アイテムを自動的にアーカイブするように、プロジェクトの組み込みワークフローを構成できます。 アイテムをアーカイブすると、各プロジェクトでの 1,200 アイテム数の制限を超えないようにするのに役立ちます。

isreasonlast-updated フィルターを使って、アイテムをアーカイブするタイミングを指定できます。

issue または pull request の自動アーカイブを有効にすると、プロジェクト内の既に条件を満たしているアイテムもアーカイブされます。 既に条件を満たしている多数のアイテムのアーカイブでは、若干の遅延が発生する可能性があります。

プロジェクトには、含むことができるアーカイブ済みアイテムの数に関する制限もあります。 プロジェクトは、アーカイブされたアイテムを最大 10,000 まで含むことができます。 アイテムの完全な削除について詳しくは、「アイテムを削除する」をご覧ください。

プロジェクトで自動アーカイブを構成する

  1. プロジェクトにアクセスします。

  2. 右上の をクリックして、メニューを開きます。 メニュー アイコンを示すスクリーンショット

  3. メニューで [ワークフロー] をクリックします。 [ワークフロー] メニュー項目を示すスクリーンショット

  4. [既定のワークフロー] の一覧で、 [アイテムの自動アーカイブ] をクリックします。

    自動アーカイブ ワークフローを示すスクリーンショット

  5. [いつ] の横で、自動的にアーカイブするアイテムの種類をオンにします。

    ワークフローの [タイミング] 構成を示すスクリーンショット

  6. の横に、アイテムの自動アーカイブに使うフィルター条件を入力します。 使用できるのは、isreasonlast-updated フィルターのみです。 フィルターの構文について詳しくは、「projects のフィルター処理」をご覧ください。

    フィルター テキスト領域を示すスクリーンショット

  7. ワークフローが無効になっている場合は、 [オフ] の横にあるトグルをクリックしてワークフローを有効にします。

    ワークフローの "オン/オフ" コントロールを示すスクリーンショット

参考資料