Skip to main content

組み込みの自動化の使用

組み込みのワークフローを使用して、プロジェクトを自動化できます。

注: 組み込みのワークフローは、制限付きベータの一部として利用できます。

Projects には、特定のイベントに基づいて項目の 状態 を更新するために使用できる組み込みのワークフローが含まれています。 たとえば、項目がプロジェクトに追加されたときに状態を Todo に自動的に設定することも、Issue が終了したときに状態を Done に設定することもできます。

プロジェクトが初期化されると、既定で 2 つのワークフローが有効になります。プロジェクトの Issue または pull request が終了すると、その状態が Done に設定され、プロジェクトの pull request がマージされると、その状態が Done に設定されます。

プロジェクトでは、組み込みのワークフローを有効化あるいは無効化できます。

  1. プロジェクトにアクセスします。

  2. 右上の をクリックして、メニューを開きます。 メニュー アイコンを示すスクリーンショット

  3. メニューで [ワークフロー] をクリックします。 [ワークフロー] メニュー項目を示すスクリーンショット

  4. Under Default workflows, click on the workflow that you want to edit.

    Screenshot showing default workflows

  5. If the workflow can apply to both issues and pull requests, next to When, check the item type(s) that you want to act on.

    Screenshot showing the "when" configuration for a workflow

  6. Next to Set, choose the value that you want to set the status to.

    Screenshot showing the "set" configuration for a workflow

  7. If the workflow is disabled, click the toggle next to Off to enable the workflow.

    Screenshot showing the "On/Off" control for a workflow