Skip to main content

Enterprise の人を表示する

Enterprise が所有するリソースやユーザライセンスの利用を監査するため、Enterprise のオーナーは、すべての Enterprise の管理者およびメンバーを表示できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Enterprise owners can view the people in an enterprise.

Note

Enterpriseで マネージド ユーザー アカウント を使用している場合、外部コラボレーターの役割は「リポジトリ コラボレーター」と呼ばれます。 一般に、外部コラボレーターのドキュメンテーションはリポジトリコラボレーターにも適用されます。 適用する区別については、「Organizationのロール。」を参照してください。

Enterprise 内のユーザーのリストについて

Enterprise のリソースに対するアクセスの監査を行い、ライセンスの使用状況を管理するために、Enterprise にアクセスできるすべてのユーザーのリストを確認できます。

現在のすべての Enterprise メンバーと Enterprise 管理者だけでなく、メンバーと管理者になるための保留中の招待が表示されます。 この情報を簡単に利用できるように、リストの検索とフィルター処理ができます。 また、ロール 、ライセンスの種類、または展開の種類 でグループ化された、企業内のメンバーの数の概要を表示することもできます。

GitHub Connect がエンタープライズ用に構成されている場合は、エンタープライズのメンバーの一覧をフィルターするときに、次の制限が適用されます。

  • 2 要素認証 (2FA) の状態のフィルターでは、GitHub Enterprise Server インスタンスにのみアカウントがあるメンバーは表示されません。
  • 組織または 2FA 状態のいずれかのフィルターを持つ GitHub Enterprise Server インスタンスでアカウントのフィルターを組み合わせる場合、結果は表示されません。

GitHub Connect について詳しくは、GitHub Enterprise Server ドキュメント内の「‬AUTOTITLE‭‬」をご覧ください。

Enterprise のメンバーシップ情報をエクスポートすることもできます。 詳しくは、「Enterprise のメンバーシップ情報をエクスポートする」を参照してください。

Enterprise 管理者の表示

Enterprise の現在の Enterprise 所有者と支払いマネージャーをすべて表示できます。各管理者に関する役に立つ情報を表示し、ロールで一覧をフィルター処理できます。ユーザー名または表示名を検索して、特定のユーザーを見つけることができます。

管理者を削除することもできます。 詳しくは、 「Enterprise を管理するようユーザを招待する」をご覧ください。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ユーザー] をクリックします。

  4. [ ユーザー] で、 [管理者] をクリックします。

メンバーの表示

Enterprise の現在のメンバーをすべて表示できます。 各アカウントに関する有益な情報を確認し、ロール別などの便利な方法でリストをフィルター処理できます。 メンバーの一覧に加えて、エンタープライズ内のメンバーの数の概要が、ロール 、ライセンスの種類、デプロイの種類 別にグループ化されています。

その人物のユーザー名または表示名を検索して、特定の人を見つけることが可能です。 ユーザーの名前をクリックすると、そのユーザーの Enterprise に対するアクセスに関する詳しい情報 (ユーザーが属する Organization など) が表示されます。

Enterprise が所有するすべての Organization から、任意の Enterprise メンバーを削除することもできます。 詳しくは、「Enterprise からのメンバーの削除」を参照してください。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ユーザー] をクリックします。

  4. 必要に応じて、メンバーの一覧を CSV レポートとしてエクスポートするには、[CSV レポート] をクリックします。 レポートに含まれる情報の詳細については、「Enterprise のメンバーシップ情報をエクスポートする」を参照してください。

メンバーシップの概要について

[メンバー] ページには、エンタープライズ内のメンバーの数の概要が、ロール 別にグループ化され、使用されたライセンスの種類と、メンバーが配置されている展開の種類が表示されます。 次のセクションでは、この概要の数値の計算方法について説明します。

企業で GitHub Enterprise Cloud と GitHub Enterprise Server の両方を使用している場合、デプロイ全体でメンバーとライセンスに関する正確なデータを取得するには、GitHub Connect を有効にして、ライセンスの使用状況を同期する必要があります。 詳しくは、GitHub Enterprise Server のドキュメントの「About GitHub Connect」をご覧ください。

ロール

[役割] 列は、エンタープライズ のロールによってメンバーをグループ化します。 詳しくは、「Enterprise におけるロール」を参照してください。

ユーザーが企業内に複数のロールを持っている場合、そのユーザーはロールごとに 1 回カウントされます。 たとえば、同じユーザーが 3 つの組織のメンバーであり、2 つの組織の所有者である場合、そのユーザーは「組織メンバー」として 1 回カウントされ、「組織オーナー」として 1 回カウントされます。

「外部コラボレーター」とは、組織内のリポジトリにアクセスできるユーザーですが、組織のメンバーではありません。 ユーザーは、Enterprise 内のある組織の外部コラボレーターであり、別の組織のメンバーである可能性があります。 この場合、ユーザーは各合計にカウントされます。 詳しくは、「外部のコラボレータを Organization のリポジトリに追加する」を参照してください。

企業が マネージド ユーザー アカウント を使用している場合、「関連のないユーザー」とは、ユーザー アカウントがプロビジョニングされているものの、どの組織のメンバーでもないユーザーを指します。

使用されたユーザー ライセンス

[ユーザー ライセンスが使用されました] の列には、Enterprise でのライセンスの使用方法が表示されます。 詳しくは、「GitHub Enterpriseのライセンスについて」を参照してください。

企業に外部コラボレーターがある場合、"合計消費済み" ライセンス数が、企業に一覧表示されているユーザーの数を超える可能性があります。 外部コラボレーターはライセンスを消費しますが、"YOUR-ENTERPRISE のユーザー" の横に表示されるメンバーの合計数にはカウントされません。 外部コラボレーターへの保留中の招待もライセンスを消費しますが、概要の「招待による」数にはカウントされません。

デプロイ全体でのライセンス使用量の計算方法の詳細については、「GitHub Enterprise のライセンス使用状況のトラブルシューティング」を参照してください。

展開

[展開] 列は、ユーザーが使用している展開のタイプごとにユーザーをグループ化します。 詳しくは、「エンタープライズ向け GitHub について」を参照してください。

「クラウド メンバー」は、GitHub Enterprise Cloud の組織内の任意の組織のメンバーまたはオーナーです。 「サーバー メンバー」には、エンタープライズが所有する GitHub Enterprise Server インスタンスのアカウントがあります。 「クラウドとサーバー上のメンバー」は、両方の条件に一致するユーザーです。

メンバーのメール アドレスの表示

GitHub.com または外部 ID システムのいずれかで、Enterprise のメンバーのメール アドレスを表示できる場合があります。 メール アドレスの可視性は、Enterprise の認証方法、ドメインによって異なり、メンバーのユーザー プロファイル構成によっても異なる可能性があります。

  • Enterprise Managed Users を使用していて、SAML 構成の NameID がメール アドレスである場合は、各 Enterprise メンバーの NameID を表示できます。

  • Enterprise のドメインを確認する場合は、検証済みドメインのメンバーのメール アドレスを表示できます。 詳しくは、「Verifying or approving a domain for your enterprise」を参照してください。

  • Enterprise Managed Users を使用せず、SAML シングル サインオン (SSO) も構成していない場合、メンバーは個人アカウントのみを使用して GitHub.com 上の Enterprise のリソースにアクセスします。 個人アカウントの所有者は、メール アドレスを公開するかどうかを選択できます。 ユーザーがメール アドレスを表示しないことを選んだ場合は、メール アドレスを表示できません。 SAML を使わないと、通常はメール アドレスである NameID のような外部 ID 情報を GitHub で表示することはできません。

Enterprise Managed Users を使用する場合、ドメインを確認する場合、または Enterprise の SAML SSO を構成する場合は、次の 1 つ以上の方法でメール アドレスを表示できることがあります。

  1. SAML ID プロバイダー (IdP) で、GitHub Enterprise Cloud にアクセスできるユーザーのメール アドレスを確認します。 詳しくは、「About SAML for enterprise IAM」を参照してください。

  2. GitHub で Enterprise のメンバーシップ レポートをエクスポートします。 レポートには、次の値として格納されているユーザーのメール アドレスが含まれている場合があります。

    詳しくは、「Enterprise のメンバーシップ情報をエクスポートする」を参照してください。

  3. GraphQL API を使って、各メンバーの ExternalIdentity を取得します。 詳しくは、GraphQL API のドキュメントの「GraphQL APIについて」と「オブジェクト」をご覧ください。

外部コラボレーターの表示

Enterprise の現在の外部コラボレーターをすべて表示できます。 各コラボレーターに関する有益な情報を確認し、Organization 別などの便利な方法でリストをフィルター処理できます。 ユーザー名または表示名を検索して、特定のコラボレーターを見つけることができます。

ユーザーの名前をクリックすると、そのユーザーの Enterprise に対するアクセスに関する詳しい情報 (コラボレーターがアクセスできるすべてのリポジトリのリストなど) が表示されます。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ユーザー] をクリックします。

  4. [ユーザー] で、 [外部コラボレーター] をクリックします。

保留中の招待の表示

Enterprise のメンバー、管理者、または外部コラボレーターになるための保留中の招待をすべて表示できます。 ライセンス別、Organization 別、ソース別などの便利な方法でリストをフィルター処理できます。 ユーザ名または表示名を検索して、特定の人を見つけることが可能です。

保留中のメンバーのリストでは、個々のアカウントにおいて、Enterprise が所有する Organization に参加するためのすべての招待を取り消すことができます。 これによって、同じユーザーが Enterprise 管理者または外部コラボレーターになるための招待が取り消されることはありません。

注: 招待が SCIM を通じてプロビジョニングされた場合は、GitHub ではなく、ID プロバイダー (IdP) を通じて招待を取り消す必要があります。

GitHub Enterprise を持つ Visual Studio サブスクリプション を使用する場合、保留中の招待のリストには、GitHub でどの組織にも参加していないすべての Visual Studio サブスクライバーが含まれます (サブスクライバーが組織に参加するための保留中の招待を持っていない場合でも)。 Visual Studio サブスクライバーが GitHub Enterprise にアクセスできるようにする方法について詳しくは、「Visual Studio subscriptions with GitHub Enterpriseのセットアップ」をご覧ください。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ユーザー] をクリックします。

  4. [ユーザー] で [招待] をクリックします。

  5. 必要に応じて、Enterprise が所有する Organization に参加するための、アカウントに対するすべての招待を取り消すことができます。 アカウントの右側にある をクリックし、 [招待のキャンセル] をクリックします。

    [招待] ページの 1 つの招待のスクリーンショット。 [招待のキャンセル] というタイトルのボタンが、オレンジ色の枠線で強調表示されています。

  6. 必要に応じて、Enterprise 管理者または外部コラボレーターに対する保留中の招待を表示できます。 [招待] で、 [管理者] または [外部コラボレーター] をクリックします。

  7. 必要に応じて、保留中の招待の一覧をライセンス別、Organization 別、ソース別にフィルター処理するには、リストの上部にあるドロップダウン メニューを使います。

    [招待] ページのスクリーンショット。 [ライセンス]、[Organization]、[ソース] というタイトルの 3 つのドロップダウン メニューが、オレンジ色の枠線で強調表示されています。

マネージド ユーザーを含む Enterprise

の一時停止されたメンバーの表示

Enterprise で Enterprise Managed Users を使っている場合は、一時停止されたユーザーを表示することができます。 中断されたユーザーとは、GitHub Enterprise Managed User アプリケーションから割り当て解除されたか、ID プロバイダーから削除された後にプロビジョニング解除されたメンバーです。 詳しくは、「About Enterprise Managed Users」を参照してください。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ユーザー] をクリックします。

  4. [ユーザー] で [一時停止] をクリックします。

休眠ユーザの表示

サイト管理者ではないすべての休眠ユーザーのリストを確認できます。 ユーザー アカウントは、90 日間アクティブになっていない場合は休止状態と見なされます。 詳しくは、「休眠ユーザの管理」をご覧ください。

マネージド ユーザーを含む Enterprise 内のメンバーの種類によるフィルター処理

Enterprise がEnterprise Managed Usersを使用している場合、ユーザーはタイプ別に組織のメンバー リストをフィルター処理し、メンバーシップが IdP を介して管理されているか、直接管理されているかを特定できます。 IdP により管理されるメンバーシップは IdP グループを通じて追加され、IdP グループは Organization 内のチームに接続されました。 直接管理されているメンバーシップは、Organization に手動で追加されました。 メンバーシップが organization で管理される方法によって、メンバーシップを削除する方法が決まります。 このフィルターを使用して、メンバーを Organization に追加した方法を確認して、メンバーを削除する方法を確認できます。詳しくは、「About Enterprise Managed Users」をご覧ください。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. [Organization] の下の検索バーで、検索結果に表示されるまで Organization の名前の入力します。

  4. Organization の名前をクリックします。

  5. Organization 名の上にある [ユーザー] をクリックします。

    Organization 名の上にあるタブのスクリーンショット。 [ユーザー] タブがオレンジ色の枠線で強調されています。

  6. メンバーのリストの上の [種類] をクリックし、表示するメンバーの種類を選びます。

    メンバーのリストのスクリーンショット。 [種類] というラベルのドロップダウン メニューはオレンジ色で囲まれており、展開されたドロップダウンには "すべてのメンバー"、"IdP グループによる管理"、"ディレクトリによる管理" というオプションが表示されています。

検証済みドメインのメール アドレスを持たないメンバーの表示

GitHub.com のユーザー アカウントに関連付けられている検証済みドメインのメール アドレスを持たない、Enterprise 内のメンバーの一覧を表示できます。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。

  4. [設定] で、 [検証および承認済みドメイン] をクリックします。

  5. [通知の基本設定] で、 [承認または確認済みのドメインのメール アドレスを持たない Enterprise メンバーを表示する] リンクをクリックします。

エンタープライズのメンバーが 2FA を有効にしているかどうかを確認する

エンタープライズ内で 2 要素認証を有効にしている、または有効にする必要があるユーザーを確認できます。

注: 2023 年 3 月から 2023 年末まで、GitHub では段階的に、GitHub.com でコードを投稿するすべてのユーザーに、1 つ以上の形式の 2 要素認証 (2FA) を有効にすることをお願いします。 該当するグループに属してるユーザーは、そのグループが登録対象として選択されると通知メールを受け取り、45 日間の 2FA 登録期間が開始されて、GitHub.com での 2FA への登録を求めるバナーが表示されます。 通知を受け取らないユーザーは、2FA を有効にする必要があるグループには含まれませんが、有効にすることを強くお勧めします。

2FA 登録のロールアウトについて詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください。

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ユーザー] をクリックします。

  4. 2 要素認証を有効または無効にしているエンタープライズのメンバーを表示するには、右側の [2FA] を選んでから、 [有効] または [無効] をクリックします。 さらに、 [必須] をクリックすると、2 要素認証を有効にする必要があるメンバーを表示できます。

    組織メンバーの一覧のスクリーンショット。 [2FA] というラベルのドロップダウン メニューが展開され、オレンジ色で囲まれています。

参考資料