Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

エンタープライズの監査ログ イベント

この記事の内容

Enterprise で記録される監査ログ イベントについて説明します。

この機能を使用できるユーザー

Enterprise owners can interact with the audit log.

Enterprise の監査ログ イベントについて

Enterprise の監査ログに表示されるイベントのスコープは、Enterprise で Enterprise Managed Users を使っているかどうかによって異なります。 Enterprise Managed Users の詳しい情報については、「Enterprise Managed Users について」を参照してください。

  • Enterprise で Enterprise Managed Users を使わない場合、監査ログには、Enterprise アカウントと Enterprise アカウント内の Organaization に関連するイベントのみが含まれます。一覧をこの記事で示します。
  • エンタープライズで Enterprise Managed Users を使う場合、監査ログには managed user accounts のユーザー イベントも含まれます。たとえば、ユーザーが毎回 GitHub Enterprise Cloud にログインするときや、ユーザー アカウント内で実行したアクションなどです。 これらのユーザー アカウント イベントの一覧については、「セキュリティ ログをレビューする」をご覧ください。

account カテゴリのアクション

アクション説明
account.billing_plan_change組織の請求期間が変更されました。 詳細については、「支払いサイクル期間の変更」を参照してください。
account.plan_change組織のサブスクリプションが変更されました。 詳細については、「GitHub アカウントの支払いについて」を参照してください。
account.pending_plan_change組織所有者または支払いマネージャーが、有料サブスクリプションを取り消すかダウングレードしました。 詳細については、「How does upgrading or downgrading affect the billing process? (アップグレードまたはダウングレードは課金プロセスにどのように影響しますか?)」を参照してください。
account.pending_subscription_changeGitHub Marketplace 無料試用版が開始されたか、期限切れになりました。 詳細については、「GitHub Marketplace の請求について」を参照してください。

advisory_credit カテゴリのアクション

アクション説明
advisory_credit.accept誰かがセキュリティ アドバイザリのクレジットを受け入れました。 詳細については、セキュリティ アドバイザリの編集に関する記事を参照してください。
advisory_credit.createセキュリティ アドバイザリの管理者が、クレジット セクションにユーザーを追加しました。
advisory_credit.decline誰かがセキュリティ アドバイザリのクレジットを拒否しました。
advisory_credit.destroyセキュリティ アドバイザリの管理者が、クレジット セクションからユーザーを削除しました。

artifact カテゴリのアクション

アクション説明
artifact.destroyワークフロー実行の成果物が手動で削除されました。

audit_log_streaming カテゴリのアクション

アクション説明
audit_log_streaming.check監査ログ ストリーミングのために構成されたエンドポイントの手動チェックが実行されました。
audit_log_streaming.createエンドポイントが監査ログ ストリーミングのために追加されました。
audit_log_streaming.update監査ログ ストリーミングのためのエンドポイント構成が更新されました (ストリームが一時停止された、有効にされた、または無効にされたなど)。
audit_log_streaming.destroy監査ログ ストリーミング エンドポイントが削除されました。

billing カテゴリのアクション

アクション説明
billing.change_billing_type組織が GitHub に対する支払い方法を変更しました。 詳細については、「支払い方法を追加または編集する」を参照してください。
billing.change_email組織の支払い請求先メール アドレスが変更されました。 詳細については、「支払い請求先メールアドレスを設定する」を参照してください。

business カテゴリのアクション

アクション説明
business.add_adminエンタープライズ所有者がエンタープライズに追加されました。
business.cancel_billing_manager_invitation誰かをエンタープライズの支払いマネージャーにする招待が取り消されました。
business.clear_members_can_create_reposエンタープライズ所有者がエンタープライズの組織のリポジトリ作成に対する制限をクリアしました。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。
business.createエンタープライズが作成されました。
business.disable_samlエンタープライズの SAML シングル サインオンが無効にされました。
business.enable_samlエンタープライズの SAML シングル サインオンが有効にされました。
business.import_license_usageGitHub Enterprise Server インスタンスから GitHub.com 上のエンタープライズ アカウントにライセンス使用状況情報がインポートされました。
business.invite_admin誰かをエンタープライズのエンタープライズ所有者にする招待が送信されました。
business.invite_billing_manager誰かをエンタープライズの支払いマネージャーにする招待が送信されました。
business.members_can_update_protected_branches.disableエンタープライズ メンバーがブランチ保護規則を更新する機能が無効にされました。 エンタープライズ所有者のみが保護されたブランチを更新できます。
business.members_can_update_protected_branches.enableエンタープライズ メンバーがブランチ保護規則を更新する機能が有効にされました。 エンタープライズ所有者とメンバーが保護されたブランチを更新できます。
business.remove_adminエンタープライズ所有者がエンタープライズから削除されました。
business.remove_memberメンバーがエンタープライズから削除されました。
business.revoke_sso_sessionエンタープライズのメンバーの SAML シングル サインオン セッションが取り消されました。
business.update_member_repository_creation_permissionエンタープライズのリポジトリの作成設定が更新されました。 詳細については、「リポジトリ作成のためのポリシーの適用」を参照してください。
business.update_member_repository_invitation_permissionエンタープライズ メンバーが外部の共同作業者をリポジトリに招待する場合のポリシー設定が更新されました。 詳細については、外部コラボレーターをリポジトリに招待するためのポリシーの適用に関する記事を参照してください。

business_advanced_security カテゴリのアクション

アクション説明
business_advanced_security.disabledEnterprise に対して GitHub Advanced Security が無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_advanced_security.enabledEnterprise に対して GitHub Advanced Security が有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_advanced_security.disabled_for_new_reposGitHub Advanced Security が、Enterprise の新しいリポジトリに対して無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_advanced_security.enabled_for_new_reposGitHub Advanced Security が、Enterprise の新しいリポジトリに対して有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。

business_secret_scanning カテゴリのアクション

アクション説明
business_secret_scanning.disableEnterprise に対して Secret scanning が無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning.enableEnterprise に対して Secret scanning が有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning.disabled_for_new_reposEnterprise 内の新しいリポジトリに対して Secret scanning が無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning.enabled_for_new_reposEnterprise 内の新しいリポジトリに対して Secret scanning が有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。

business_secret_scanning_custom_pattern カテゴリのアクション

アクション説明
business_secret_scanning_custom_pattern.createsecret scanningのためにエンタープライズ レベルのカスタム パターンが発行されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
business_secret_scanning_custom_pattern.deletesecret scanningからエンタープライズ レベルのカスタム パターンが削除されます。
business_secret_scanning_custom_pattern.updatesecret scanningのためにエンタープライズ レベルのカスタム パターンへの変更が保存されます。

business_secret_scanning_custom_pattern_push_protection カテゴリのアクション

アクション説明
business_secret_scanning_custom_pattern_push_protection.enabledsecret scanning用のカスタム パターンのプッシュ保護がエンタープライズに対して有効にされました。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
business_secret_scanning_custom_pattern_push_protection.disabledsecret scanning用のカスタム パターンのプッシュ保護がエンタープライズに対して無効にされました。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。

business_secret_scanning_push_protection カテゴリのアクション

アクション説明
business_secret_scanning_push_protection.disableEnterprise に対して secret scanning 用のプッシュ保護が無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning_push_protection.enableEnterprise に対して secret scanning 用のプッシュ保護が有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning_push_protection.disabled_for_new_reposEnterprise 内の新しいリポジトリに対して secret scanning 用のプッシュ保護が無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning_push_protection.enabled_for_new_reposEnterprise 内の新しいリポジトリに対して secret scanning 用のプッシュ保護が有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。

business_secret_scanning_push_protection_custom_message カテゴリのアクション

アクション説明
business_secret_scanning_push_protection_custom_message.disableプッシュで保護されたリポジトリへのプッシュ試行によってトリガーされたカスタム メッセージが、Enterprise に対して無効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning_push_protection_custom_message.enableプッシュで保護されたリポジトリへのプッシュ試行によってトリガーされたカスタム メッセージが、Enterprise に対して有効にされました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。
business_secret_scanning_push_protection_custom_message.updateプッシュで保護されたリポジトリへのプッシュ試行によってトリガーされたカスタム メッセージが、Enterprise に対して更新されました。 詳しくは、「Enterprise での GitHub Advanced Security 機能の管理」を参照してください。

checks カテゴリのアクション

アクション説明
checks.auto_trigger_disabled組織またはエンタープライズのリポジトリでチェック スイートの自動作成が無効にされました。 詳細については、「Update repository preferences for check suites (チェック スイートのリポジトリ設定を更新する)」を参照してください。
checks.auto_trigger_enabled組織またはエンタープライズのリポジトリでチェック スイートの自動作成が有効にされました。 詳細については、「Update repository preferences for check suites (チェック スイートのリポジトリ設定を更新する)」を参照してください。

codespaces カテゴリのアクション

アクション説明
codespaces.connectcodespace が開始されました。
codespaces.createユーザーが codespace を作成しました
codespaces.destroyユーザーが codespace を削除しました
codespaces.allow_permissionsdevcontainer.json ファイルのカスタム アクセス許可を使う codespace が起動されました。
codespaces.attempted_to_create_from_prebuildプレビルドから codespace を作成しようとしました。
codespaces.create_an_org_secretユーザーが、Organaization レベルの GitHub Codespaces のシークレットを作成しました
codespaces.update_an_org_secretユーザーが、Organaization レベルの GitHub Codespaces のシークレットを更新しました。
codespaces.remove_an_org_secretユーザーが、Organaization レベルの GitHub Codespaces のシークレットを削除しました。
codespaces.manage_access_and_securityユーザーが codespace からアクセスできるリポジトリを更新しました。

commit_comment カテゴリのアクション

アクション説明
commit_comment.destroyコミット コメントが削除されました。
commit_comment.updateコミット コメントが更新されました。

dependabot_alerts カテゴリのアクション

アクション説明
dependabot_alerts.disableエンタープライズ所有者が、既存のすべてのプライベート リポジトリに対して Dependabot alerts を無効にしました。 詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。
dependabot_alerts.enableエンタープライズ所有者が、既存のすべてのプライベート リポジトリに対して Dependabot alerts を有効にしました。

dependabot_alerts_new_repos カテゴリのアクション

アクション説明
dependabot_alerts_new_repos.disableエンタープライズ所有者が、新しいすべてのプライベート リポジトリに対して Dependabot alerts を無効にしました。 詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。
dependabot_alerts_new_repos.enableエンタープライズ所有者が、新しいすべてのプライベート リポジトリに対して Dependabot alerts を有効にしました。

dependabot_repository_access カテゴリのアクション

アクション説明
dependabot_repository_access.repositories_updatedDependabot からアクセスできるリポジトリが更新されました。

dependabot_security_updates カテゴリのアクション

アクション説明
dependabot_security_updates.disableエンタープライズ所有者が、既存のすべてのリポジトリに対して Dependabot security updates を無効にしました。 詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。
dependabot_security_updates.enableエンタープライズ所有者が、既存のすべてのリポジトリに対して Dependabot security updates を有効にしました。

dependabot_security_updates_new_repos カテゴリのアクション

アクション説明
dependabot_security_updates_new_repos.disableエンタープライズ所有者が、新しいすべてのリポジトリに対して Dependabot security updates を無効にしました。 詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。
dependabot_security_updates_new_repos.enableエンタープライズ所有者が、新しいすべてのリポジトリに対して Dependabot security updates を有効にしました。

dependency_graph カテゴリのアクション

アクション説明
dependency_graph.disableエンタープライズ所有者が、すべての既存のリポジトリに対して依存関係グラフを無効にしました。 詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。
dependency_graph.enableエンタープライズ所有者が、すべての既存のリポジトリに対して依存関係グラフを有効にしました。

dependency_graph_new_repos カテゴリのアクション

アクション説明
dependency_graph_new_repos.disableエンタープライズ所有者が、すべての新しいリポジトリに対して依存関係グラフを無効にしました。 詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。
dependency_graph_new_repos.enableエンタープライズ所有者が、すべての新しいリポジトリに対して依存関係グラフを有効にしました。

discussion カテゴリのアクション

アクション説明
discussion.destroyチーム ディスカッションが削除されました。

discussion_comment カテゴリのアクション

アクション説明
discussion_comment.destroyチーム ディスカッションの投稿に対するコメントが削除されました
discussion_comment.updateチーム ディスカッションの投稿に対するコメントが編集されました

discussion_post カテゴリのアクション

アクション説明
discussion_post.destroyチーム ディスカッションの投稿が削除されました
discussion_post.updateチーム ディスカッションの投稿が編集されました

discussion_post_reply カテゴリのアクション

アクション説明
discussion_post_reply.destroyチーム ディスカッションの投稿に対する返信が削除されました
discussion_post_reply.updateチーム ディスカッションの投稿に対する返信が編集されました

dotcom_connection カテゴリのアクション

アクション説明
dotcom_connection.createGitHub.com に対する GitHub Connect の接続が作成されました。
dotcom_connection.destroyGitHub.com に対する GitHub Connect の接続が削除されました。
dotcom_connection.token_updatedGitHub.com に対する GitHub Connect の接続トークンが更新されました。
dotcom_connection.upload_license_usageGitHub Enterprise Server ライセンスの使用状況が GitHub Enterprise Cloud に手動でアップロードされました。
dotcom_connection.upload_usage_metricsGitHub Enterprise Server 使用状況メトリックが GitHub.com にアップロードされました。

enterprise カテゴリのアクション

アクション説明
enterprise.config.disable_anonymous_git_accessエンタープライズ所有者が、エンタープライズのリポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを無効にしました。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。
enterprise.config.enable_anonymous_git_accessエンタープライズ所有者が、エンタープライズのリポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを有効にしました。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。
enterprise.config.lock_anonymous_git_accessリポジトリ管理者がエンタープライズのリポジトリに対する既存の匿名 Git 読み取りアクセスの設定を変更できないように、エンタープライズ所有者が匿名 Git 読み取りアクセスをロックしました。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。
enterprise.config.unlock_anonymous_git_accessリポジトリ管理者がエンタープライズのリポジトリに対する既存の匿名 Git 読み取りアクセスの設定を変更できるように、エンタープライズ所有者が匿名 Git 読み取りアクセスのロックを解除しました。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。
enterprise.register_self_hosted_runner新しい GitHub Actions セルフホスト ランナーが登録されました。 詳細については、「リポジトリへのセルフホストランナーの追加」を参照してください。
enterprise.remove_self_hosted_runnerGitHub Actions セルフホスト ランナーが削除されました。 詳細については、「リポジトリからのランナーの削除」を参照してください。
enterprise.runner_group_createdGitHub Actions セルフホスト ランナー グループが作成されました。 詳細については、組織のセルフホスト ランナー グループの作成に関する記事を参照してください。
enterprise.runner_group_removedGitHub Actions セルフホスト ランナー グループが削除されました。 詳細については、「セルフホスト ランナー グループを削除する」を参照してください。
enterprise.runner_group_renamedGitHub Actions セルフホスト ランナー グループの名前が変更されました。 詳細については、「セルフホスト ランナー グループのアクセス ポリシーを変更する」を参照してください。
enterprise.runner_group_updatedGitHub Actions セルフホスト ランナー グループの構成が変更されました。 詳細については、「セルフホスト ランナー グループのアクセス ポリシーを変更する」を参照してください。
enterprise.runner_group_runner_removedグループから GitHub Actions セルフホスト ランナーを削除する REST API が使用されました。 詳細については、「組織のグループからセルフホスト ランナーを削除する」を参照してください。
enterprise.runner_group_runners_addedGitHub Actions セルフホスト ランナーがグループに追加されました。 詳細については、「セルフホスト ランナーをグループに移動する」を参照してください。
enterprise.runner_group_runners_updatedGitHub Actions ランナー グループのメンバー一覧が更新されました。 詳細については、「組織のグループにセルフホスト ランナーを設定する」を参照してください。
enterprise.self_hosted_runner_offlineGitHub Actions ランナー アプリケーションが停止されました。 REST APIを通じてのみ見ることができます。UIあるいはJSON/CSVエクスポートでは見ることができません。 詳細については、「セルフホスト ランナーのステータスのチェック」を参照してください。

enterprise_domain カテゴリのアクション

アクション説明
enterprise_domain.approveエンタープライズに対してエンタープライズ ドメインが承認されました。 詳細については、「Approving a domain for your enterprise account (エンタープライズ アカウントのドメインを承認する)」を参照してください。
enterprise_domain.createエンタープライズ ドメインがエンタープライズに追加されました。 詳細については、「Verifying a domain for your enterprise account (エンタープライズ アカウントのドメインを検証する)」を参照してください。
enterprise_domain.destroyエンタープライズ ドメインがエンタープライズから削除されました。 詳細については、「検証済みあるいは承認済みのドメインの削除」を参照してください。
enterprise_domain.verifyエンタープライズに対してエンタープライズ ドメインが検証されました。 詳細については、「Verifying a domain for your enterprise account (エンタープライズ アカウントのドメインを検証する)」を参照してください。

enterprise_installation カテゴリのアクション

アクション説明
enterprise_installation.createGitHub Connect エンタープライズ接続に関連付けられた GitHub App が作成されました。
enterprise_installation.destroyGitHub Connect エンタープライズ接続に関連付けられた GitHub App が削除されました。
enterprise_installation.token_updatedGitHub Connect エンタープライズ接続に関連付けられた GitHub App に属するトークンが更新されました。

environment カテゴリのアクション

アクション説明
environment.add_protection_ruleGitHub Actions 環境の保護ルールが API を使って作成されました。 詳細については、「環境の保護ルール」を参照してください。
environment.create_actions_secretGitHub Actions 環境のシークレットが API を使って作成されました。 詳細については、「環境のシークレット」を参照してください。
environment.delete環境が API を使って削除されました。 詳細については、「環境の削除」を参照してください。
environment.remove_actions_secretGitHub Actions 環境のシークレットが API を使って削除されました。 詳細については、「環境のシークレット」を参照してください。
environment.remove_protection_ruleGitHub Actions 環境の保護ルールが API を使って削除されました。 詳細については、「環境の保護ルール」を参照してください。
environment.update_actions_secretGitHub Actions 環境のシークレットが API を使って更新されました。 詳細については、「環境のシークレット」を参照してください。
environment.update_protection_ruleGitHub Actions 環境の保護ルールが API を使って更新されました。 詳細については、「環境の保護ルール」を参照してください。

gist カテゴリのアクション

アクション説明
gist.creategist が作成されます。
gist.destroygist が削除されます。
gist.visibility_changegist の可視性が変更されます。

git カテゴリのアクション

注: Git イベントは検索結果に含まれません。

アクション説明
git.cloneリポジトリがクローンされました。
git.fetch変更がリポジトリからフェッチされました。
git.push変更がリポジトリにプッシュされました。

hook カテゴリのアクション

| アクション | 説明 |--------|------------- | hook.config_changed | フックの構成が変更されました。 | hook.create | 新しいフックが追加されました。 | hook.destroy | フックが削除されました。 | hook.events_changed | フックの構成されているイベントが変更されました。

integration カテゴリのアクション

アクション説明
integration.create統合が作成されました。
integration.destroy統合が削除されました。
integration.manager_addedエンタープライズまたは組織のメンバーが統合マネージャーとして追加されました。
integration.manager_removedエンタープライズまたは組織のメンバーが統合マネージャーから削除されました。
integration.transfer統合の所有権が他のユーザーまたは組織に転送されました。
integration.remove_client_secret統合のクライアント シークレットが削除されました。
integration.revoke_all_tokens統合のすべてのユーザー トークンの取り消しが要求されました。
integration.revoke_tokens統合のトークンが取り消されました。

integration_installation カテゴリのアクション

アクション説明
integration_installation.contact_email_changed統合の連絡先メール アドレスが変更されました。
integration_installation.create統合がインストールされました。
integration_installation.destroy統合がアンインストールされました。
integration_installation.repositories_addedリポジトリが統合に追加されました。
integration_installation.repositories_removedリポジトリが統合から削除されました。
integration_installation.unsuspend統合が停止解除されました。

integration_installation_request カテゴリのアクション

アクション説明
integration_installation_request.createエンタープライズまたは組織で使うために所有者が統合をインストールすることを、メンバーが要求しました。
integration_installation_request.closeエンタープライズまたは組織で使うために統合をインストールする要求は、所有者によって承認または拒否されたか、要求を開いたメンバーによって取り消されました。

ip_allow_list カテゴリのアクション

アクション説明
ip_allow_list.enableIP 許可リストが有効化されました。
ip_allow_list.enable_for_installed_appsインストールされている GitHub Apps に対して IP 許可リストが有効化されました。
ip_allow_list.disableIP 許可リストが無効化されました。
ip_allow_list.disable_for_installed_appsインストールされている GitHub Apps に対して IP 許可リストが無効化されました。

ip_allow_list_entry カテゴリのアクション

アクション説明
ip_allow_list_entry.createIP アドレスが IP 許可リストに追加されました。
ip_allow_list_entry.updateIP アドレスまたはその説明が変更されました。
ip_allow_list_entry.destroyIP アドレスが IP 許可リストから削除されました。

issue カテゴリのアクション

アクション説明
issue.destroyIssue がリポジトリから削除されました。 詳細については、「Issue の削除」を参照してください。
issue.pinnedissue がリポジトリにピン留めされました。 詳細については、「Issue をリポジトリにピン止めする」を参照してください。
issue.transferissue が別のリポジトリに転送されました。 詳細については、「Transferring an issue to another repository (Issue を別のリポジトリに転送する)」を参照してください。
issue.unpinnedissue がリポジトリからピン留めを外されました。 詳細については、「Issue をリポジトリにピン止めする」を参照してください。

issue_comment カテゴリのアクション

アクション説明
issue_comment.destroyissue へのコメントがリポジトリから削除されました。
issue_comment.pinnedissue へのコメントがリポジトリにピン留めされました。
issue_comment.unpinnedissue へのコメントがリポジトリからピン留めを外されました。
issue_comment.updateIssue (最初以外)のコメントが変更されました。

issues カテゴリのアクション

アクション説明
issues.deletes_disabledエンタープライズ メンバーが issue を削除する機能が無効にされました。 メンバーは、エンタープライズのどの組織の issue も削除できません。 詳細については、「Enforcing a policy for deleting issues (Issue を削除するポリシーを適用する)」を参照してください。
issues.deletes_enabledエンタープライズ メンバーが issue を削除する機能が有効にされました。 メンバーは、エンタープライズのすべての組織の issue を削除できます。 詳細については、「Enforcing a policy for deleting issues (Issue を削除するポリシーを適用する)」を参照してください。
issues.deletes_policy_clearedエンタープライズ所有者が、メンバーがエンタープライズの issue を削除することを許可する場合のポリシー設定をクリアしました。 詳細については、「Enforcing a policy for deleting issues (Issue を削除するポリシーを適用する)」を参照してください。

marketplace_agreement_signature カテゴリのアクション

アクション説明
marketplace_agreement_signature.createユーザーが組織に代わって GitHub Marketplace 開発者契約に署名しました。

marketplace_listing カテゴリのアクション

アクション説明
marketplace_listing.approve一覧を GitHub Marketplace に掲載することが承認されました。
marketplace_listing.change_categoryGitHub Marketplace のアプリの一覧のカテゴリが変更されました。
marketplace_listing.createGitHub Marketplace のアプリの一覧が作成されました。
marketplace_listing.delist一覧が GitHub Marketplace から削除されました。
marketplace_listing.redraft一覧が下書き状態に戻されました。
marketplace_listing.reject一覧を GitHub Marketplace に掲載することが認められませんでした。

members_can_create_pages カテゴリのアクション

アクション説明
members_can_create_pages.disableメンバーが GitHub Pages を公開する機能が無効にされました。 メンバーは、組織の GitHub Pages を公開できません。 詳細については、「Organization の GitHub Pages サイトの公開を管理する」を参照してください。
members_can_create_pages.enableメンバーが GitHub Pages を公開する機能が有効にされました。 メンバーは、組織の GitHub Pages を公開できます。 詳細については、「Organization の GitHub Pages サイトの公開を管理する」を参照してください。

members_can_create_private_pages カテゴリのアクション

アクション説明
members_can_create_private_pages.disableメンバーがプライベート GitHub Pages を公開する機能が無効にされました。 メンバーは、組織のプライベート GitHub Pages を公開できません。 詳細については、「Organization の GitHub Pages サイトの公開を管理する」を参照してください。
members_can_create_private_pages.enableメンバーがプライベート GitHub Pages を公開する機能が有効にされました。 メンバーは、組織のプライベート GitHub Pages を公開できます。 詳細については、「Organization の GitHub Pages サイトの公開を管理する」を参照してください。

members_can_create_public_pages カテゴリのアクション

アクション説明
members_can_create_public_pages.disableメンバーがパブリック GitHub Pages を公開する機能が無効にされました。 メンバーは、組織のパブリック GitHub Pages を公開できません。 詳細については、「Organization の GitHub Pages サイトの公開を管理する」を参照してください。
members_can_create_public_pages.enableメンバーがパブリック GitHub Pages を公開する機能が有効にされました。 メンバーは、組織のパブリック GitHub Pages を公開できます。 詳細については、「Organization の GitHub Pages サイトの公開を管理する」を参照してください。

members_can_delete_repos カテゴリのアクション

アクション説明
members_can_delete_repos.clearエンタープライズ所有者が、エンタープライズのすべての組織のリポジトリを削除または転送する場合のポリシー設定をクリアしました。 詳細については、「リポジトリの削除と転送に関するポリシーを適用する」を参照してください。
members_can_delete_repos.disableエンタープライズ メンバーがリポジトリを削除する機能が無効にされました。 メンバーは、エンタープライズのどの組織のリポジトリも削除または転送できません。 詳細については、「リポジトリの削除と転送に関するポリシーを適用する」を参照してください。
members_can_delete_repos.enableエンタープライズ メンバーがリポジトリを削除する機能が有効にされました。 メンバーは、エンタープライズのすべての組織のリポジトリを削除または転送できます。 詳細については、「リポジトリの削除と転送に関するポリシーを適用する」を参照してください。

members_can_view_dependency_insights カテゴリのアクション

アクション説明
members_can_view_dependency_insights.clearエンタープライズ所有者が、エンタープライズのすべての組織の依存関係の分析情報を表示する場合のポリシー設定をクリアしました。詳細については、「Enforcing a policy for visibility of dependency insights (依存関係の分析情報の可視性に関するポリシーを適用する)」を参照してください。
members_can_view_dependency_insights.disableエンタープライズ メンバーが依存関係の分析情報を表示する機能が無効にされました。 メンバーは、エンタープライズのどの組織の依存関係の分析情報も表示できません。詳細については、「Enforcing a policy for visibility of dependency insights (依存関係の分析情報の可視性に関するポリシーを適用する)」を参照してください。
members_can_view_dependency_insights.enableエンタープライズ メンバーが依存関係の分析情報を表示する機能が有効にされました。 メンバーは、エンタープライズのすべての組織の依存関係の分析情報を表示できます。詳細については、「Enforcing a policy for visibility of dependency insights (依存関係の分析情報の可視性に関するポリシーを適用する)」を参照してください。

migration カテゴリのアクション

アクション説明
migration.create"ソース" の場所 (GitHub.com 組織、GitHub Enterprise Server インスタンスなど) から "ターゲット" となる GitHub Enterprise Server インスタンスにデータを転送するための移行ファイルが作成されました。
migration.destroy_file"ソース" の場所 (GitHub.com 組織、GitHub Enterprise Server インスタンスなど) から "ターゲット" となる GitHub Enterprise Server インスタンスにデータを転送するための移行ファイルが削除されました。
migration.download"ソース" の場所 (GitHub.com 組織、GitHub Enterprise Server インスタンスなど) から "ターゲット" となる GitHub Enterprise Server インスタンスにデータを転送するための移行ファイルがダウンロードされました。

oauth_access カテゴリのアクション

アクション説明
oauth_access.createユーザー アカウントに対して OAuth アクセス トークンが生成されました。 詳しい情報については、「personal access tokenの作成」を参照してください。
oauth_access.destroyユーザー アカウントから OAuth アクセス トークンが削除されました。

oauth_application カテゴリのアクション

アクション説明
oauth_application.createユーザーまたは組織アカウント用に OAuth アプリケーションが作成されました。
oauth_application.destroyユーザーまたは組織アカウントから OAuth アプリケーションが削除されました。
oauth_application.remove_client_secretOAuth アプリケーションの秘密鍵が削除されました。
oauth_application.transferOAuth アプリケーションがユーザーまたは組織のアカウント間で転送されました。

oauth_authorization カテゴリのアクション

アクション説明
oauth_authorization.createOAuth アプリケーションの認可が作成されました。 詳細については、「Authorizing OAuth Apps (OAuth アプリの認可)」を参照してください。
oauth_authorization.destroyOAuth アプリケーションの認可が削除されました。 詳細については、「Authorizing OAuth Apps (OAuth アプリの認可)」を参照してください。
oauth_authorization.updateOAuth アプリケーションの認可が更新されました。 詳細については、「Authorizing OAuth Apps (OAuth アプリの認可)」を参照してください。

org カテゴリのアクション

アクション説明
org.accept_business_invitationエンタープライズに参加するために組織に送信された招待が受け入れられました。 詳細については、「Inviting an organization to join your enterprise account (エンタープライズ アカウントに参加するように組織を招待する)」を参照してください。
org.add_billing_manager支払いマネージャーが組織に追加されました。 詳細については、「Organization への支払いマネージャーの追加」を参照してください。
org.add_memberユーザーが組織に参加しました。
org.advanced_security_disabled_for_new_reposGitHub Advanced Security が、Organaization の新しいリポジトリに対して無効にされました。
org.advanced_security_disabled_on_all_reposGitHub Advanced Security が、Organaization のすべてのリポジトリに対して無効にされました。
org.advanced_security_enabled_for_new_reposGitHub Advanced Security が、Organaization の新しいリポジトリに対して有効にされました。
org.advanced_security_enabled_on_all_reposGitHub Advanced Security が、Organaization のすべてのリポジトリに対して有効にされました。
org.advanced_security_policy_selected_member_disabledEnterprise 所有者が、Organaization が所有するリポジトリに対して GitHub Advanced Security 機能を有効にすることを禁止しました。 詳細については、「Enforcing policies for Advanced Security in your enterprise (エンタープライズで GitHub Actions のポリシーを適用する)」を参照してください。
org.advanced_security_policy_selected_member_enabledEnterprise 所有者が、Organaization が所有するリポジトリに対して GitHub Advanced Security 機能を有効にすることを許可しました。 詳細については、「Enforcing policies for Advanced Security in your enterprise (エンタープライズで GitHub Actions のポリシーを適用する)」を参照してください。
org.advanced_security_policy_updateOrganaization 所有者が、Enterprise の GitHub Advanced Security のポリシーを更新しました。 詳細については、「Enforcing policies for Advanced Security in your enterprise (エンタープライズで GitHub Actions のポリシーを適用する)」を参照してください。
org.async_deleteユーザーが、Organization を削除するバックグラウンド ジョブを開始しました。
org.clear_actions_settings組織所有者が、組織の GitHub Actions ポリシー設定をクリアしました。 詳細については、「Managing GitHub Actions permissions for your organization (組織の GitHub Actions のアクセス許可を管理する)」を参照してください。
org.clear_default_repository_permission組織所有者が、組織のベース リポジトリ アクセス許可ポリシー設定をクリアしました。 詳細については、「基本レベルの権限の設定」を参照してください。
org.clear_member_team_creation_permission組織所有者が、組織の新しいチーム作成設定をクリアしました。 詳細については、「Organization のチーム作成権限を設定する」を参照してください。
org.clear_reader_discussion_creation_permission組織所有者が、組織の新しいディスカッション作成設定をクリアしました。 詳細については、「Organization 内のリポジトリのディスカッション作成を管理する」を参照してください。
org.clear_members_can_invite_outside_collaborators組織所有者が、組織の外部コラボレーター招待ポリシーをクリアしました。 詳細については、「外部のコラボレーターを追加するための権限を設定する」を参照してください。
org.clear_new_repository_default_branch_setting組織所有者が、組織の新しいリポジトリに関する既定のブランチ名の設定をクリアしました。 詳細については、「Setting the default branch name (既定のブランチ名を設定する)」を参照してください。
org.codespaces_trusted_repo_access_revokedOrganaization 内の他のすべてのリポジトリに対する GitHub Codespaces の信頼済みリポジトリ アクセスが取り消されました。 詳細については、「Managing repository access for your organization's codespaces (組織の codespace に関するリポジトリ アクセスを管理する)」を参照してください。
org.deleteユーザーが開始したバックグラウンド ジョブによって組織が削除されました。
org.disable_member_team_creation_permission組織所有者が所有者に対してチーム作成を制限しました。 詳細については、「Organization のチーム作成権限を設定する」を参照してください。
org.disable_reader_discussion_creation_permission組織所有者が、組織内で少なくともトリアージ アクセス許可を持つユーザーに対してディスカッション作成を制限しました。 詳細については、「読み取りアクセス権を持つユーザーがディスカッションを作成することを許可または禁止する」を参照してください。
org.display_commenter_full_name_enabled組織所有者が、コメント入力者のフル ネームの表示を有効にしました。 メンバーはコメント作成者のフル ネームを表示できます。
org.enable_member_team_creation_permission組織所有者が、メンバーに対してチームの作成を許可しました。 詳細については、「Organization のチーム作成権限を設定する」を参照してください。
org.enable_reader_discussion_creation_permission組織所有者が、読み取りアクセス権を持つユーザーに対して、組織内でディスカッションを作成することを許可しました。 詳細については、「読み取りアクセス権を持つユーザーがディスカッションを作成することを許可または禁止する」を参照してください。
org.integration_manager_removed組織所有者が、組織が所有するすべての GitHub Actions を管理するアクセス権を組織メンバーから削除しました。
org.invite_member組織に参加するように新しいユーザーが招待されました。 詳細については、「Organization に参加するようユーザーを招待する」を参照してください。
org.members_can_update_protected_branches.clear組織所有者が、組織のメンバーが組織内のリポジトリ上の保護されたブランチを更新できるかどうかのポリシーの設定を解除しました。 組織管理者は、保護されたブランチの設定の更新を許可するかどうかを選択できます。
org.members_can_update_protected_branches.disableエンタープライズ メンバーが保護されたブランチを更新する機能が無効にされました。 エンタープライズ所有者のみが保護されたブランチを更新できます。
org.members_can_update_protected_branches.enableエンタープライズ メンバーが保護されたブランチを更新する機能が有効にされました。 組織のメンバーは、保護されたブランチを更新できます。
org.oauth_app_access_denied所有者が、組織に対して以前に承認した OAuth App のアクセス権を無効にしました
org.oauth_app_access_requested所有者が組織に対して OAuth App アクセス権を付与することを、組織メンバーが要求しました。
org.register_self_hosted_runner新しいセルフホスト ランナーが登録されました。 詳細については、「Organization へのセルフホスト ランナーの追加」を参照してください。
org.remove_actions_secretGitHub Actions シークレットが削除されました。
org.remove_integration_secretOrganization の Dependabot または GitHub Codespaces 統合シークレットが Organization から削除されました。
org.remove_billing_manager組織所有者が組織から支払いマネージャーを削除しました。 詳細については、「Organization から支払いマネージャーを削除する」を参照してください。または組織で 2 要素認証が必要で、支払いマネージャーが 2 要素認証を使用しなかった、または 2 要素認証を無効にした場合。
org.remove_outside_collaborator所有者が外部コラボレーターを組織から削除しました。 または組織で 2 要素認証が必須で、外部コラボレーターが 2 要素認証を使用しなかったか、2 要素認証を無効にした場合。
org.remove_self_hosted_runnerセルフホスト ランナーが削除されました。 詳細については、「Organization からのランナーの削除」を参照してください。
org.rename組織の名前が変更されました。
org.restore_member組織メンバーが復元されました。 詳細については、「Oraganization の以前のメンバーを復帰させる」を参照してください。
org.revoke_sso_session組織所有者がメンバーの SAML セッションを取り消しました。 詳細については、「Organization へのメンバーの SAML アクセスの表示と管理」を参照してください。
org.runner_group_removedセルフホスト ランナー グループが削除されました。 詳細については、「セルフホスト ランナー グループを削除する」を参照してください。
org.runner_group_runner_removedセルフホスト ランナーをグループから削除する REST API が使われました。 詳細については、「組織のグループからセルフホスト ランナーを削除する」を参照してください。
org.runner_group_runners_addedセルフホスト ランナーがグループに追加されました。 詳細については、「セルフホスト ランナーをグループに移動する」を参照してください。
org.runner_group_runners_updatedランナー グループのメンバー一覧が更新されました。 詳細については、「組織のグループにセルフホスト ランナーを設定する」を参照してください。
org.secret_scanning_push_protection_custom_message_enabledプッシュで保護されたリポジトリへのプッシュ試行によってトリガーされたカスタム メッセージが、Organization に対して有効にされました。 詳細については、「Protecting pushes with secret scanning」(シークレット スキャンを使用したプッシュの保護) を参照してください。
org.secret_scanning_push_protection_custom_message_updatedプッシュで保護されたリポジトリへのプッシュ試行によってトリガーされたカスタム メッセージが、Organization に対して更新されました。 詳細については、「Protecting pushes with secret scanning」(シークレット スキャンを使用したプッシュの保護) を参照してください。
org.secret_scanning_push_protection_enable組織所有者または管理者がシークレット スキャンのプッシュ保護を有効にしました。
org.self_hosted_runner_offlineランナー アプリケーションが停止されました。 REST APIを通じてのみ見ることができます。UIあるいはJSON/CSVエクスポートでは見ることができません。 詳細については、「セルフホスト ランナーのステータスのチェック」を参照してください。
org.update_default_repository_permission組織所有者が組織メンバーの既定のリポジトリ アクセス許可レベルを変更しました。
org.update_member組織所有者が、個人のロールを所有者からメンバーへ、またはメンバーから所有者へ変更しました。
org.update_member_repository_creation_permission組織所有者が、組織メンバーのリポジトリの作成アクセス許可レベルを変更しました。
org.update_member_repository_invitation_permission組織所有者が、組織メンバーが外部コラボレーターをリポジトリに招待する場合のポリシー設定を変更しました。 詳細については、「外部のコラボレーターを追加するための権限を設定する」を参照してください。
org.update_new_repository_default_branch_setting組織所有者が、組織内の新しいリポジトリの既定のブランチ名を変更しました。 詳細については、「Managing the default branch name for repositories in your organization (組織内のリポジトリについて既定のブランチ名を管理する)」を参照してください。
org.update_terms_of_service組織が標準利用規約と企業向け利用規約間の切り替えを行いました。 詳細については、「企業利用規約にアップグレードする」を参照してください。

org_credential_authorization カテゴリのアクション

アクション説明
org_credential_authorization.deauthorizedメンバーが、SAML シングル サインオンに使う資格情報の認可を取り消しました。 詳細については、「SAML シングル サインオンで認証する」を参照してください。
org_credential_authorization.grantメンバーが、SAML シングル サインオンに使う資格情報を認可しました。 詳細については、「SAML シングル サインオンで認証する」を参照してください。
org_credential_authorization.revoke所有者が、承認された資格情報を取り消しました。 詳細については、「アクティブな SAML セッションの表示と管理」を参照してください。

org_secret_scanning_custom_pattern カテゴリのアクション

アクション説明
org_secret_scanning_custom_pattern.create組織でsecret scanningのためにカスタム パターンが発行されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
org_secret_scanning_custom_pattern.delete組織でsecret scanningからカスタム パターンが削除されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
org_secret_scanning_custom_pattern.update組織でsecret scanningのためにカスタム パターンへの変更が保存されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。

org_secret_scanning_custom_pattern_push_protection カテゴリのアクション

アクション説明
org_secret_scanning_custom_pattern_push_protection.enabledsecret scanning用のカスタム パターンのプッシュ保護が組織に対して有効にされました。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
org_secret_scanning_custom_pattern_push_protection.disabledsecret scanning用のカスタム パターンのプッシュ保護が組織に対して無効にされました。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。

organization_default_label カテゴリのアクション

アクション説明
organization_default_label.create組織内のリポジトリの既定のラベルが作成されました。 詳細については、「デフォルト ラベルの作成」を参照してください。
organization_default_label.update組織内のリポジトリの既定のラベルが編集されました。 詳細については、「デフォルト ラベルの編集」を参照してください。
organization_default_label.destroy組織内のリポジトリの既定のラベルが削除されました。 詳細については、「デフォルト ラベルの削除」を参照してください。

organization_domain カテゴリのアクション

アクション説明
organization_domain.approve組織に対してエンタープライズ ドメインが承認されました。 詳細については、組織のドメインの承認に関する記事を参照してください。
organization_domain.create組織に対してエンタープライズ ドメインが追加されました。 詳細については、組織のドメインの検証に関する記事を参照してください。
organization_domain.destroy組織からエンタープライズ ドメインが削除されました。 詳細については、「検証済みあるいは承認済みのドメインの削除」を参照してください。
organization_domain.verify組織のエンタープライズ ドメインが検証されました。 詳細については、組織のドメインの検証に関する記事を参照してください。

organization_projects_change カテゴリのアクション

アクション説明
organization_projects_change.clearエンタープライズ所有者が、エンタープライズ内の組織全体のプロジェクト ボードに関するポリシー設定をクリアしました。 詳しくは、エンタープライズ内でプロジェクトにポリシーを適用することに関する説明を参照してください。
organization_projects_change.disableエンタープライズ内のすべての組織に対して、組織プロジェクトが無効にされました。 詳しくは、エンタープライズ内でプロジェクトにポリシーを適用することに関する説明を参照してください。
organization_projects_change.enableエンタープライズ内のすべての組織に対して、組織プロジェクトが有効にされました。 詳しくは、エンタープライズ内でプロジェクトにポリシーを適用することに関する説明を参照してください。

packages カテゴリのアクション

アクション説明
packages.insecure_hashMaven が、特定のパッケージ バージョン用のセキュリティで保護されていないハッシュを発行しました。
packages.package_deletedパッケージが Organaization から削除されました。 詳しい情報については、「パッケージを削除および復元する」をご覧ください。
packages.package_publishedパッケージが組織に対して発行または再発行されました。
packages.package_restoredパッケージ全体が復元されました。 詳しい情報については、「パッケージを削除および復元する」をご覧ください。
packages.package_version_deleted特定のパッケージ バージョンが削除されました。 詳しい情報については、「パッケージを削除および復元する」をご覧ください。
packages.package_version_published特定のパッケージ バージョンがパッケージに対して発行または再発行されました。
packages.package_version_restored特定のパッケージ バージョンが削除されました。 詳しい情報については、「パッケージを削除および復元する」をご覧ください。
packages.part_upload特定のパッケージ バージョンが組織に対して部分的にアップロードされました。
packages.upstream_package_fetchednpm アップストリーム プロキシから特定のパッケージ バージョンがフェッチされました。
packages.version_download特定のパッケージ バージョンがダウンロードされました。
packages.version_upload特定のパッケージ バージョンがアップロードされました。

pages_protected_domain カテゴリのアクション

アクション説明
pages_protected_domain.create組織またはエンタープライズに対して GitHub Pages 検証済みドメインが作成されました。 詳細については、「GitHub Pages のカスタム ドメインの検証」を参照してください。
pages_protected_domain.delete組織またはエンタープライズから GitHub Pages 検証済みドメインが削除されました。 詳細については、「GitHub Pages のカスタム ドメインの検証」を参照してください。
pages_protected_domain.verify組織またはエンタープライズに対して GitHub Pages ドメインが検証されました。 詳細については、「GitHub Pages のカスタム ドメインの検証」を参照してください。

payment_method カテゴリのアクション

アクション説明
payment_method.create新しいクレジット カードや PayPal アカウントなど、新しい支払い方法が追加されました。
payment_method.remove支払い方法が削除されました。
payment_method.update既存の支払い方法が更新されました。

prebuild_configuration カテゴリのアクション

アクション説明
prebuild_configuration.createリポジトリの GitHub Codespaces プレビルド構成が作成されました。 詳しい情報については、「GitHub Codespaces プレビルドについて」をご覧ください。
prebuild_configuration.destroyリポジトリの GitHub Codespaces プレビルド構成が削除されました。 詳しい情報については、「GitHub Codespaces プレビルドについて」をご覧ください。
prebuild_configuration.run_triggeredユーザーが、リポジトリ ブランチの GitHub Codespaces プレビルド構成の実行を開始しました。 詳しい情報については、「GitHub Codespaces プレビルドについて」をご覧ください。
prebuild_configuration.updateリポジトリの GitHub Codespaces プレビルド構成が編集されました。 詳しい情報については、「GitHub Codespaces プレビルドについて」をご覧ください。

private_repository_forking カテゴリのアクション

アクション説明
private_repository_forking.clearエンタープライズ所有者が、プライベートおよび内部リポジトリのフォークをリポジトリ、組織、またはエンタープライズに対して許可する場合のポリシー設定をクリアしました。 詳細については、「リポジトリのフォーク ポリシーを管理する」、「Organization のフォーク ポリシーを管理する」、エンタープライズの場合は「Enforcing a policy for forking private or internal repositories (プライベートまたは内部リポジトリのフォークに関するポリシーを適用する)」を参照してください。
private_repository_forking.disableエンタープライズ所有者が、プライベートおよび内部リポジトリのフォークをリポジトリ、組織、またはエンタープライズに対して許可する場合のポリシー設定を無効にしました。 プライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可することはできません。 詳細については、「リポジトリのフォーク ポリシーを管理する」、「Organization のフォーク ポリシーを管理する」、エンタープライズの場合は「Enforcing a policy for forking private or internal repositories (プライベートまたは内部リポジトリのフォークに関するポリシーを適用する)」を参照してください。
private_repository_forking.enableエンタープライズ所有者が、プライベートおよび内部リポジトリのフォークをリポジトリ、組織、またはエンタープライズに対して許可する場合のポリシー設定を有効にしました。 プライベートおよび内部リポジトリのフォークは、常に許可されています。 詳細については、「リポジトリのフォーク ポリシーを管理する」、「Organization のフォーク ポリシーを管理する」、エンタープライズの場合は「Enforcing a policy for forking private or internal repositories (プライベートまたは内部リポジトリのフォークに関するポリシーを適用する)」を参照してください。

profile_picture カテゴリのアクション

アクション説明
profile_picture.updateプロフィール画像が更新されました。

project カテゴリのアクション

アクション説明
project.accessプロジェクト ボードの可視性が変更されました。 詳細については、「プロジェクト ボードの可視性の変更」を参照してください。
project.closeプロジェクト ボードが閉じられました。 詳細については、「プロジェクト ボードをクローズする」を参照してください。
project.createプロジェクト ボードが作成されました。 詳細については、「プロジェクト ボードの作成」を参照してください。
project.deleteプロジェクト ボードが削除されました。 詳細については、「プロジェクト ボードの削除」を参照してください。
project.linkリポジトリがプロジェクト ボードにリンクされました。 詳細については、「リポジトリをプロジェクト ボードにリンクする」を参照してください。
project.openプロジェクト ボードが再び開かれました。 詳細については、「クローズされたプロジェクトボードを再びオープンする」を参照してください。
project.renameプロジェクト ボードの名前が変更されました。 詳細については、「プロジェクト ボードの編集」を参照してください。
project.unlinkリポジトリとプロジェクト ボードのリンクが解除されました。 詳細については、「リポジトリをプロジェクト ボードにリンクする」を参照してください。
project.update_org_permissionすべての組織メンバーに対するプロジェクトのベースレベルのアクセス許可が変更または削除されました。 詳細については、「Organization メンバーのプロジェクトボードへのアクセスを管理する」を参照してください。
project.update_team_permissionチームのプロジェクト ボードのアクセス許可レベルが変更されました。またはチームがプロジェクト ボードに追加または削除された場合。 詳細については、「Organization のプロジェクトボードに対するチームのアクセスを管理する」を参照してください。
project.update_user_permission組織メンバーまたは外部コラボレーターがプロジェクト ボードに追加または削除されたか、アクセス許可レベルが変更されました。 詳細については、「Organization のプロジェクトボードに対する個々のアクセスを管理する」を参照してください。

project_field カテゴリのアクション

アクション説明
project_field.createプロジェクト ボードにフィールドが作成されました。 詳しくは、「フィールドの型について」を参照してください。
project_field.deleteプロジェクト ボードのフィールドが削除されました。 詳しくは、「フィールドの削除」を参照してください。

project_view カテゴリのアクション

アクション説明
project_view.createプロジェクト ボードにビューが作成されました。 詳しくは、「ビューの管理」を参照してください。
project_view.deleteプロジェクト ボードのビューが削除されました。 詳しくは、「ビューの管理」を参照してください。

protected_branch カテゴリのアクション

アクション説明
protected_branch.create ブランチ保護がブランチで有効にされました。
protected_branch.destroyブランチ保護がブランチで無効にされました。
protected_branch.dismiss_stale_reviews 古い pull request の却下の適用がブランチ上で更新されました。
protected_branch.rejected_ref_update ブランチ更新の試行が拒否されました。
protected_branch.required_status_override必須の状態チェック ブランチ保護要件がリポジトリ管理者によってオーバーライドされました。
protected_branch.review_policy_and_required_status_override必須のレビューと必須の状態チェック ブランチ保護要件がリポジトリ管理者によってオーバーライドされました。
protected_branch.review_policy_override必須のレビュー ブランチ保護要件がリポジトリ管理者によってオーバーライドされました。
protected_branch.update_admin_enforced ブランチ保護がリポジトリ管理者に対して適用されました。
protected_branch.update_require_code_owner_review 必須のコード所有者レビューの適用がブランチ上で更新されました。
protected_branch.update_required_approving_review_countマージ前の必須の筆数の承認回数の適用がブランチ上で更新されました。
protected_branch.update_required_status_checks_enforcement_level 必須の状態チェックの適用がブランチ上で更新されました。
protected_branch.update_signature_requirement_enforcement_level 必須のコミット署名の適用がブランチ上で更新されました。
protected_branch.update_strict_required_status_checks_policy必須の状態チェックの適用がブランチ上で更新されました。
protected_branch.update_nameブランチのブランチ名パターンが更新されました。

public_key カテゴリのアクション

アクション説明
public_key.createSSH キーがユーザー アカウントに追加されました。またはデプロイ キーがリポジトリに追加されました。
public_key.deleteSSH キーがユーザー アカウントから削除されました。またはデプロイ キーがリポジトリから削除されました。
public_key.updateユーザー アカウントの SSH キーまたはリポジトリのデプロイ キーが更新されました。
public_key.unverification_failureユーザー アカウントの SSH キーまたはリポジトリのデプロイ キーを未検証にできませんでした。
public_key.unverifyユーザー アカウントの SSH キーまたはリポジトリのデプロイ キーが未検証になりました。
public_key.verification_failureユーザー アカウントの SSH キーまたはリポジトリのデプロイ キーを検証できませんでした。
public_key.verifyユーザー アカウントの SSH キーまたはリポジトリのデプロイ キーが検証されました。

pull_request カテゴリのアクション

アクション説明
pull_request.closepull request がマージされないまま閉じられました。 詳細については、「プル リクエストをクローズする」を参照してください。
pull_request.converted_to_draftpull request がドラフトに変換されました。 詳細については、「プル リクエストのステージの変更」を参照してください。
pull_request.createpull request が作成されました。 詳細については、「プルリクエストの作成方法」を参照してください。
pull_request.create_review_requestpull request に対するレビューが要求されました。 詳細については、「プル リクエストのレビューについて」を参照してください。
pull_request.in_progresspull request が進行中とマークされました。
pull_request.indirect_mergepull request のコミットはターゲット ブランチにマージされたため、pull request はマージされたと見なされました。
pull_request.mergepull request はマージされました。 詳細については、「プル リクエストをマージする」を参照してください。
pull_request.ready_for_reviewpull request はレビューの準備完了とマークされました。 詳細については、「プル リクエストのステージの変更」を参照してください。
pull_request.remove_review_requestレビュー要求は pull request から削除されました。 詳細については、「プル リクエストのレビューについて」を参照してください。
pull_request.reopenpull request は、以前に閉じられた後に再度開かれました。
pull_request_review.deletepull request に対するレビューが削除されました。
pull_request_review.dismisspull request に対するレビューは却下されました。 詳細については、「プル リクエスト レビューの却下」を参照してください。
pull_request_review.submitpull request のレビューが送信されました。 詳細については、「プル リクエストのレビューについて」を参照してください。

pull_request_review カテゴリのアクション

アクション説明
pull_request_review.deletepull request に対するレビューが削除されました。
pull_request_review.dismisspull request に対するレビューは却下されました。 詳細については、「プル リクエスト レビューの却下」を参照してください。
pull_request_review.submitpull request に対するレビューが送信されました。 詳細については、「レビューの送信」を参照してください。

pull_request_review_comment カテゴリのアクション

アクション説明
pull_request_review_comment.createpull request にレビュー コメントが追加されました。 詳細については、「プル リクエストのレビューについて」を参照してください。
pull_request_review_comment.deletepull request に対するレビュー コメントが削除されました。
pull_request_review_comment.updatepull request に対するレビュー コメントが変更されました。

repo カテゴリのアクション

アクション説明
repo.accessリポジトリの可視性がプライベート、または内部に変更されました。
repo.actions_enabledリポジトリに対して GitHub Actions が有効にされました。
repo.add_memberリポジトリにコラボレーターが追加されました。
repo.add_topicリポジトリにトピックが追加されました。
repo.advanced_security_disabledリポジトリに対して GitHub Advanced Security が無効にされました。
repo.advanced_security_enabledリポジトリに対して GitHub Advanced Security が有効にされました。
repo.advanced_security_policy_selected_member_disabledリポジトリ管理者が、リポジトリに対して GitHub Advanced Security 機能を有効にすることを禁止しました。
repo.advanced_security_policy_selected_member_enabledリポジトリ管理者が、リポジトリに対して GitHub Advanced Security 機能を有効にすることを許可しました。
repo.archivedリポジトリがアーカイブされました。 詳細については、「GitHub リポジトリのアーカイブ」を参照してください。
repo.code_scanning_analysis_deletedリポジトリのコード スキャン分析が削除されました。 詳細については、「リポジトリからコード スキャン分析を削除する」を参照してください。
repo.change_merge_settingリポジトリの pull request マージ オプションが変更されました。
repo.clear_actions_settingsリポジトリ管理者が、リポジトリの GitHub Actions ポリシー設定をクリアしました。
repo.configリポジトリ管理者が強制プッシュをブロックしました。 詳細については、リポジトリに対してリポジトリへの強制プッシュをブロックする方法に関する記事を参照してください。
repo.config.disable_contributors_only以前の共同作成者に対してのみ、リポジトリ内のインタラクション制限が無効にされました。 詳細については、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。
repo.config.disable_sockpuppet_disallowed既存のユーザーに対してのみ、リポジトリ内のインタラクション制限が無効にされました。 詳細については、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。
repo.config.enable_collaborators_onlyコラボレーターに対してのみ、リポジトリ内のインタラクション制限が有効にされました。 コラボレーターまたは組織メンバーではないユーザーは、設定された期間、リポジトリを操作できませんでした。 詳細については、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。
repo.config.enable_contributors_only以前の共同作成者に対してのみ、リポジトリ内のインタラクション制限が有効にされました。 以前の共同作成者、コラボレーター、または組織メンバーではないユーザーは、設定された期間、リポジトリを操作できませんでした。 詳細については、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。
repo.config.enable_sockpuppet_disallowed既存のユーザーに対して、リポジトリ内のインタラクション制限が有効にされました。 新しいユーザーは、設定した期間、リポジトリを操作できません。 リポジトリの既存のユーザー、共同作成者、コラボレーター、組織メンバーは、リポジトリを操作できます。 詳細については、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。
repo.create_actions_secretリポジトリの GitHub Actions シークレットが作成されました。 詳細については、「リポジトリの暗号化されたシークレットの作成」を参照してください。
repo.create_integration_secretリポジトリの Dependabot または GitHub Codespaces 統合シークレットが作成されました。
repo.destroyリポジトリが削除されました。
repo.pages_cnameリポジトリ内の GitHub Pages カスタム ドメインが変更されました。
repo.pages_createGitHub Pages サイトが作成されました。
repo.pages_destroyGitHub Pages サイトが削除されました。
repo.pages_https_redirect_disabledGitHub Pages サイトの HTTPS リダイレクトが無効にされました。
repo.pages_https_redirect_enabledGitHub Pages サイトの HTTPS リダイレクトが有効にされました。
repo.pages_sourceGitHub Pages ソースが変更されました。
repo.pages_privateGitHub Pages サイトの可視性がプライベートに変更されました。
repo.pages_publicGitHub Pages サイトの可視性がパブリックに変更されました。
repo.register_self_hosted_runner新しいセルフホスト ランナーが登録されました。 詳細については、「リポジトリへのセルフホストランナーの追加」を参照してください。
repo.remove_self_hosted_runnerセルフホスト ランナーが削除されました。 詳細については、「リポジトリからのランナーの削除」を参照してください。
repo.remove_actions_secretリポジトリの GitHub Actions シークレットが削除されました。
repo.remove_integration_secretリポジトリの Dependabot または GitHub Codespaces 統合シークレットが削除されました。
repo.remove_memberコラボレーターがリポジトリから削除されました。
repo.remove_topicトピックがリポジトリから削除されました。
repo.renameリポジトリの名前が変更されました。
repo.self_hosted_runner_onlineランナー アプリケーションが開始されました。 REST APIを通じてのみ見ることができます。UIあるいはJSON/CSVエクスポートでは見ることができません。 詳細については、「セルフホスト ランナーのステータスのチェック」を参照してください。
repo.self_hosted_runner_offlineランナー アプリケーションが停止されました。 REST APIを通じてのみ見ることができます。UIあるいはJSON/CSVエクスポートでは見ることができません。 詳細については、「セルフホスト ランナーのステータスのチェック」を参照してください。
repo.self_hosted_runner_updatedランナー アプリケーションが更新されました。 REST API及びUIを使って見ることができます。JSON/CSVエクスポートで見ることはできません。 詳細については、セルフホステッド ランナーに関する記述をご覧ください。
repo.staff_unlockEnterprise 管理者または GitHub スタッフ (リポジトリ管理者からアクセス許可を付与されている) が、一時的にリポジトリのロックを解除しました。
repo.transferユーザーが転送されたリポジトリを受け取る要求を受け入れました。
repo.transfer_outgoingリポジトリが別のリポジトリ ネットワークに転送されました。
repo.transfer_startユーザーがリポジトリを別のユーザーまたは Organization に転送する要求を送信しました。
repo.unarchivedリポジトリがアーカイブ解除されました。 詳細については、「GitHub リポジトリのアーカイブ」を参照してください。
repo.update_actions_settingsリポジトリ管理者が、リポジトリの GitHub Actions ポリシー設定を変更しました。
repo.update_actions_secretGitHub Actions シークレットが更新されました。
repo.update_actions_access_settings他のリポジトリ内の GitHub Actions ワークフローからリポジトリを使用する方法を制御する設定が変更されました。
repo.update_default_branchリポジトリの既定のブランチが変更されました。
repo.update_integration_secretリポジトリの Dependabot または GitHub Codespaces 統合シークレットが更新されました。
repo.update_memberユーザーのリポジトリに対するアクセス許可が変更されました。

repository_advisory カテゴリのアクション

アクション説明
repository_advisory.close誰かがセキュリティ アドバイザリを閉じました。 詳細については、「GitHub セキュリティ アドバイザリの概要」を参照してください。
repository_advisory.cve_request誰かが、ドラフト セキュリティ アドバイザリについて GitHub の CVE (Common Vulnerabilities and Exposures) 番号を要求しました。
repository_advisory.github_broadcastGitHub により、GitHub Advisory Database のセキュリティ アドバイザリが公開されました。
repository_advisory.github_withdrawGitHub により、誤って公開されたセキュリティ アドバイザリが撤回されました。
repository_advisory.open誰かがドラフト セキュリティ アドバイザリを開きました。
repository_advisory.publish誰かがセキュリティ アドバイザリを公開しました。
repository_advisory.reopen誰かがドラフト セキュリティ アドバイザリを開き直しました。
repository_advisory.update誰かがドラフトまたは公開済みのセキュリティ アドバイザリを編集しました。

repository_content_analysis カテゴリのアクション

アクション説明
repository_content_analysis.enable組織所有者またはリポジトリ管理者が、プライベート リポジトリのデータ使用設定を有効にしました
repository_content_analysis.disable組織所有者またはリポジトリ管理者が、プライベート リポジトリのデータ使用設定を無効にしました

repository_dependency_graph カテゴリのアクション

アクション説明
repository_dependency_graph.disableリポジトリ所有者または管理者が、プライベート リポジトリの依存関係グラフを無効にしました。 詳細については、「About the dependency graph (依存関係グラフの概要)」を参照してください。
repository_dependency_graph.enableリポジトリ所有者または管理者が、プライベート リポジトリの依存関係グラフを有効にしました。

repository_image カテゴリのアクション

アクション説明
repository_image.createリポジトリを表すイメージがアップロードされました。
repository_image.destroyリポジトリを表すイメージが削除されました。

repository_invitation カテゴリのアクション

アクション説明
repository_invitation.acceptリポジトリに参加するための招待が受け入れられました。
repository_invitation.cancelリポジトリに参加するための招待がキャンセルされました。
repository_invitation.createリポジトリに参加するための招待が送信されました。
repository_invitation.rejectリポジトリに参加するための招待が拒否されました。

repository_projects_change カテゴリのアクション

アクション説明
repository_projects_change.clear1 つの組織、またはエンタープライズ内のすべての組織に対して、リポジトリ プロジェクト ポリシーが削除されました。 組織管理者は、リポジトリ プロジェクト設定を制御できるようになりました。 詳しくは、エンタープライズ内でプロジェクトにポリシーを適用することに関する説明を参照してください。
repository_projects_change.disableリポジトリ、組織内のすべてのリポジトリ、またはエンタープライズ内のすべての組織に対して、リポジトリ プロジェクトが無効にされました。
repository_projects_change.enableリポジトリ、組織内のすべてのリポジトリ、またはエンタープライズ内のすべての組織に対して、リポジトリ プロジェクトが有効にされました。

repository_secret_scanning カテゴリのアクション

アクション説明
repository_secret_scanning.disableプライベートまたは内部リポジトリに対して、リポジトリ所有者または管理者がsecret scanningを無効にしました。 詳しくは、「secret scanning について」をご覧ください。
repository_secret_scanning.enableプライベートまたは内部リポジトリに対して、リポジトリ所有者または管理者がsecret scanningを有効にしました。

repository_secret_scanning_custom_pattern カテゴリのアクション

アクション説明
repository_secret_scanning_custom_pattern.createリポジトリでsecret scanningのためにカスタム パターンが発行されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
repository_secret_scanning_custom_pattern.deleteリポジトリでsecret scanningからカスタム パターンが削除されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
repository_secret_scanning_custom_pattern.updateリポジトリでsecret scanningのためにカスタム パターンへの変更が保存されます。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。

repository_secret_scanning_custom_pattern_push_protection カテゴリのアクション

アクション説明
repository_secret_scanning_custom_pattern_push_protection.enabledsecret scanning用のカスタム パターンのプッシュ保護がリポジトリに対して有効にされました。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。
repository_secret_scanning_custom_pattern_push_protection.disabledsecret scanning用のカスタム パターンのプッシュ保護がリポジトリに対して無効にされました。 詳細については、「secret scanningのカスタム パターンの定義」を参照してください。

repository_secret_scanning_push_protection カテゴリのアクション

アクション説明
repository_secret_scanning_push_protection.disableリポジトリ所有者または管理者がリポジトリのsecret scanningを無効にしました。 詳細については、「Protecting pushes with secret scanning」(シークレット スキャンを使用したプッシュの保護) を参照してください。
repository_secret_scanning_push_protection.enableリポジトリ所有者または管理者がリポジトリのsecret scanningを有効にしました。 詳細については、「Protecting pushes with secret scanning」(シークレット スキャンを使用したプッシュの保護) を参照してください。

repository_visibility_change カテゴリのアクション

アクション説明
repository_visibility_change.clear組織またはエンタープライズに対して、リポジトリの可視性の変更設定がクリアされました。 詳細については、「組織内のリポジトリの可視性の変更を制限する」と、エンタープライズの場合は「Enforcing a policy for changes to repository visibility (リポジトリの可視性の変更に関するポリシーを適用する)」を参照してください。
repository_visibility_change.disableエンタープライズ メンバーがリポジトリの可視性を更新する機能が無効にされました。 メンバーは、組織またはエンタープライズ内のすべての組織のリポジトリの可視性を変更できません。
repository_visibility_change.enableエンタープライズ メンバーがリポジトリの可視性を更新する機能が有効にされました。 メンバーは、組織またはエンタープライズ内のすべての組織のリポジトリの可視性を変更できます。

repository_vulnerability_alert カテゴリのアクション

アクション説明
repository_vulnerability_alert.createGitHub Enterprise Cloud が、安全ではない依存関係を使っているリポジトリに対して Dependabot アラートを作成しました。 詳細については、「Dependabot alerts について」を参照してください。
repository_vulnerability_alert.dismissOrganaization 所有者またはリポジトリ管理者が、脆弱な依存関係またはマルウェアDependabotに関するアラートを無視しました。
repository_vulnerability_alert.resolveリポジトリへの書き込みアクセスを持つだれかが、プロジェクトの依存関係にある Dependabot アラートを更新および解決するための変更をプッシュしました。

repository_vulnerability_alerts カテゴリのアクション

アクション説明
repository_vulnerability_alerts.authorized_users_teamsOrganaization 所有者またはリポジトリ管理者が、リポジトリ内の Dependabot alerts を受け取ることを認可されたユーザーまたはチームのリストを更新しました。 詳細については、「リポジトリのセキュリティと分析の設定を管理する」を参照してください。
repository_vulnerability_alerts.disableリポジトリ所有者またはリポジトリ管理者が Dependabot alerts を無効にしました。
repository_vulnerability_alerts.enableリポジトリ所有者またはリポジトリ管理者が Dependabot alerts を有効にしました。

required_status_check カテゴリのアクション

アクション説明
required_status_check.create保護されたブランチの状態チェックが必須とマークされました。 詳細については、「マージ前にステータス チェック必須」を参照してください。
required_status_check.destroy保護されたブランチの状態チェックが必須というマークではなくなりました。 詳細については、「マージ前にステータス チェック必須」を参照してください。

restrict_notification_delivery カテゴリのアクション

アクション説明
restrict_notification_delivery.enable組織またはエンタープライズのメール通知制限が有効になりました。 詳細については、「Organization のメール通知の制限」と「Restricting email notifications for your enterprise (エンタープライズのメール通知を制限する)」を参照してください。
restrict_notification_delivery.disable組織またはエンタープライズのメール通知制限が無効になりました。 詳細については、「Organization のメール通知の制限」と「Restricting email notifications for your enterprise (エンタープライズのメール通知を制限する)」を参照してください。

role カテゴリのアクション

アクション説明
create組織所有者が新しいカスタム リポジトリ ロールを作成しました。 詳細については、「Organization のカスタム リポジトリ ロールの管理」を参照してください。
destroy組織所有者がカスタム リポジトリ ロールを削除しました。 詳細については、「Organization のカスタム リポジトリ ロールの管理」を参照してください。
update組織所有者が既存のカスタム リポジトリ ロールを編集しました。 詳細については、「Organization のカスタム リポジトリ ロールの管理」を参照してください。

secret_scanning カテゴリのアクション

アクション説明
secret_scanning.disableすべての既存のプライベートまたは内部リポジトリに対して、組織所有者がシークレット スキャンを無効にしました。 詳細については、「About secret scanning (シークレット スキャンについて)」を参照してください。
secret_scanning.enableすべての既存のプライベートまたは内部リポジトリに対して、組織所有者がシークレット スキャンを有効にしました。

secret_scanning_alert カテゴリのアクション

アクション説明
secret_scanning_alert.createGitHub によってシークレットが検出され、secret scanning アラートが作成されました。 詳細については、「secret scanning からのアラートを管理する」を参照してください。
secret_scanning_alert.reopenユーザーが、secret scanning アラートをもう一度開きました。
secret_scanning_alert.resolveユーザーが、secret scanning アラートを解決しました。

secret_scanning_new_repos カテゴリのアクション

アクション説明
secret_scanning_new_repos.disableすべての新しいプライベートまたは内部リポジトリに対して、組織所有者がシークレット スキャンを無効にしました。 詳細については、「About secret scanning (シークレット スキャンについて)」を参照してください。
secret_scanning_new_repos.enableすべての新しいプライベートまたは内部リポジトリに対して、組織所有者がシークレット スキャンを有効にしました。

secret_scanning_push_protection カテゴリのアクション

アクション説明
bypassシークレット スキャンによって検出されたシークレットのプッシュ保護をユーザーがバイパスしたときにトリガーされます。 詳しい情報については、「シークレットのプッシュ保護をバイパスする」をご覧ください。

security_key カテゴリのアクション

アクション説明
security_key.registerアカウントにセキュリティ キーが登録されました。
security_key.removeアカウントからセキュリティ キーが削除されました。

sponsors カテゴリのアクション

アクション説明
sponsors.agreement_sign組織に代わって GitHub Sponsors 契約が署名されました。
sponsors.custom_amount_settings_changeGitHub Sponsors のカスタム金額が有効または無効にされました。または提案されたカスタム金額が変更されました。 詳細については、「スポンサーシップ層を管理する」を参照してください。
sponsors.fiscal_host_changeGitHub Sponsors 一覧の会計ホストが更新されました。
sponsors.withdraw_agreement_signature組織に適用される GitHub Sponsors 契約から署名が取り消されました。
sponsors.repo_funding_links_file_actionリポジトリ内の FUNDING ファイルが変更されました。 詳細については、「Displaying a sponsor button in your repository (リポジトリにスポンサー ボタンを表示する)」を参照してください。
sponsors.sponsor_sponsorship_cancelスポンサーシップが取り消されました。 詳細については、「スポンサーシップをダウングレードする」を参照してください。
sponsors.sponsor_sponsorship_createアカウントをスポンサーすることで、スポンサーシップが作成されました。 詳細については、「オープン ソース コントリビューターに対するスポンサー」を参照してください。
sponsors.sponsor_sponsorship_payment_completeアカウントをスポンサーし、支払いが処理された後、スポンサーシップの支払いが完了とマークされました。 詳細については、「オープン ソース コントリビューターに対するスポンサー」を参照してください。
sponsors.sponsor_sponsorship_preference_changeスポンサー付きアカウントからメールの更新を受信するオプションが変更されました。 詳細については、「スポンサーシップを管理する」を参照してください。
sponsors.sponsor_sponsorship_tier_changeスポンサーシップがアップグレードまたはダウングレードされました。 詳細については、「スポンサーシップをアップグレードする」と「スポンサーシップをダウングレードする」を参照してください。
sponsors.sponsored_developer_approveGitHub Sponsors アカウントが承認されました。 詳細については、「Organization の GitHub Sponsors を設定する」を参照してください。
sponsors.sponsored_developer_createGitHub Sponsors アカウントが作成されました。 詳細については、「Organization の GitHub Sponsors を設定する」を参照してください。
sponsors.sponsored_developer_disableGitHub Sponsors アカウントが無効にされました。
sponsors.sponsored_developer_profile_updateスポンサー付き組織プロファイルを編集します。 詳細については、「GitHub Sponsors のプロフィール詳細を編集する」を参照してください。
sponsors.sponsored_developer_redraftGitHub Sponsors アカウントが承認済みの状態からドラフト状態に戻されました。
sponsors.sponsored_developer_request_approval承認のために GitHub Sponsors の申請が送信されました。 詳細については、「Organization の GitHub Sponsors を設定する」を参照してください。
sponsors.sponsored_developer_tier_description_updateスポンサーシップ層の説明が変更されました。 詳細については、「スポンサーシップ層を管理する」を参照してください。
sponsors.update_tier_welcome_message組織の GitHub Sponsors 層のウェルカム メッセージが更新されました。
sponsors.update_tier_repositoryリポジトリの GitHub Sponsors 層のアクセスが変更されました。

ssh_certificate_authority カテゴリのアクション

アクション説明
ssh_certificate_authority.create組織またはエンタープライズの SSH 証明機関が作成されました。 詳細については、「Organization の SSH 認証局を管理する」と「Managing SSH certificate authorities for your enterprise (エンタープライズの SSH 認証局を管理する)」を参照してください。
ssh_certificate_authority.destroy組織またはエンタープライズの SSH 証明機関が削除されました。 詳細については、「Organization の SSH 認証局を管理する」と「Managing SSH certificate authorities for your enterprise (エンタープライズの SSH 認証局を管理する)」を参照してください。

ssh_certificate_requirement カテゴリのアクション

アクション説明
ssh_certificate_requirement.enableメンバーが組織のリソースにアクセスするために SSH 証明書を使用する要件が有効にされました。 詳細については、「Organization の SSH 認証局を管理する」と「Managing SSH certificate authorities for your enterprise (エンタープライズの SSH 認証局を管理する)」を参照してください。
ssh_certificate_requirement.disableメンバーが組織のリソースにアクセスするために SSH 証明書を使用する要件が無効にされました。 詳細については、「Organization の SSH 認証局を管理する」と「Managing SSH certificate authorities for your enterprise (エンタープライズの SSH 認証局を管理する)」を参照してください。

sso_redirect カテゴリのアクション

注: 現在、サインインへのユーザーの自動リダイレクトは Enterprise Managed Users のベータ版であり、変更される可能性があります。

アクション説明
sso_redirect.enableユーザーのシングル サインオン (SSO) への自動リダイレクトが有効になりました。
sso_redirect.disableユーザーのシングル サインオン (SSO) への自動リダイレクトが無効になりました。

詳細については、「エンタープライズでのセキュリティ設定のポリシーの適用」を参照してください。

staff カテゴリのアクション

アクション説明
staff.disable_repo組織または管理者が、リポジトリとそのすべてのフォークに対するアクセスを無効にしました。
staff.enable_repo組織または管理者が、リポジトリとそのすべてのフォークに対するアクセスを再び有効にしました。
staff.repo_unlock組織またはリポジトリ管理者が、ユーザーのプライベート リポジトリのロックを解除しました (取得した一時的なアクセスを終了しました)。

team カテゴリのアクション

アクション説明
team.add_member組織のメンバーがチームに追加されました。 詳細については、「Team への Organization メンバーの追加」を参照してください。
team.add_repositoryチームには、リポジトリへのアクセスとアクセス許可が与えられました。
team.change_parent_team子チームが作成されたか、子チームの親が変更されました。 詳細については、「Organization 階層内で Team を移動する」を参照してください。
team.change_privacyチームのプライバシー レベルが変更されました。 詳細については、「Team の可視性の変更」を参照してください。
team.createユーザアカウントまたはリポジトリが Team に追加されました。
team.deleteユーザアカウントまたはリポジトリが Team から削除されました。
team.destroyTeamが削除されました。
team.promote_maintainerユーザーがチーム メンバーからチーム メンテナーに昇格しました。 詳細については、「Organization メンバーをチーム メンテナに昇格させる」を参照してください。
team.remove_repositoryリポジトリがチームの管理下ではなくなりました。
team.renameチームの名前が変更されました。
team.update_permissionチームのアクセスが変更されました。
team.update_repository_permissionチームのリポジトリに対するアクセス許可が変更されました。

team_discussions カテゴリのアクション

アクション説明
team_discussions.clear組織所有者が、組織またはエンタープライズに対してチーム ディスカッションを許可する設定をクリアしました。
team_discussions.disable組織所有者が、組織のチーム ディスカッションを無効にしました。 詳細については、「Organization の Team ディスカッションを無効にする」を参照してください。
team_discussions.enable組織所有者が、組織のチーム ディスカッションを有効にしました。

team_sync_tenant カテゴリのアクション

アクション説明
team_sync_tenant.disabledチームのテナントとの同期が無効になりました。 詳細については、「Organization の Team 同期を管理する」と「エンタープライズの Team 同期を管理する」を参照してください。
team_sync_tenant.enabledチームのテナントとの同期が有効になりました。 詳細については、「Organization の Team 同期を管理する」と「エンタープライズの Team 同期を管理する」を参照してください。
team_sync_tenant.update_okta_credentialsチームのテナントとの同期に関する Okta の資格情報が変更されました。

user_license カテゴリのアクション

アクション説明
user_license.createエンタープライズ内のユーザーのシート ライセンスが作成されました。
user_license.destroyエンタープライズ内のユーザーのシート ライセンスが削除されました。
user_license.updateエンタープライズ内のユーザーのシート ライセンスの種類が作成されました。

workflows カテゴリのアクション

アクション説明
workflows.approve_workflow_jobワークフロー ジョブが承認されました。 詳細については、「デプロイの確認」を参照してください。
workflows.cancel_workflow_runワークフロー実行が取り消されました。 詳細については、「ワークフローの取り消し」を参照してください。
workflows.delete_workflow_runワークフロー実行が削除されました。 詳細については、「ワークフロー実行の削除」を参照してください。
workflows.disable_workflowワークフローが無効になりました。
workflows.enable_workflowdisable_workflow によって無効にされたワークフローが有効になりました。
workflows.reject_workflow_jobワークフロー ジョブが拒否されました。 詳細については、「デプロイの確認」を参照してください。
workflows.rerun_workflow_runワークフロー実行が再実行されました。 詳細については、ワークフローの再実行に関するページを参照してください。
workflows.completed_workflow_runワークフローの状態が completed に変更されました。 REST APIを通じてのみ見ることができます。UIやJSON/CSVエクスポートでは見ることができません。 詳細については、「ワークフロー実行の履歴を表示する」を参照してください。
workflows.created_workflow_runワークフロー実行が作成されました。 REST APIを通じてのみ見ることができます。UIやJSON/CSVエクスポートでは見ることができません。 詳細については、「ワークフローの例を作成する」を参照してください。
workflows.prepared_workflow_jobワークフロー ジョブが開始されました。 ジョブに渡されたシークレットのリストを含みます。 REST API を使ってのみ表示できます。 これは、GitHub Web インターフェイスでは表示されず、JSON/CSV エクスポートにも含まれません。 詳細については、「ワークフローをトリガーするイベント」を参照してください。