Skip to main content

GitHub Enterprise Cloud について

GitHub Enterprise Cloud は、GitHub.com で共同作業を行う大規模な企業またはチーム向けに設計されています。

GitHub Enterprise Cloud について

GitHub Enterprise Cloud は、SAML 認証、追加の GitHub Actions 分、検証済みドメインにメール通知を制限する機能、プライベートに公開された GitHub Pages サイトなどの高度な機能を、GitHub.com に追加します。 GitHub Enterprise Cloud に含まれるすべての機能の一覧については、価格に関するページをご覧ください。

GitHub Enterprise Cloud と GitHub.com の他のプランとの主な違いの 1 つは、エンタープライズ アカウントへのアクセスです。 エンタープライズ アカウントを使うことで、管理者は、複数の組織を 1 箇所で見て管理できます。 詳しくは、「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

GitHub Enterprise をご購入の場合、GitHub Enterprise Cloud と GitHub Enterprise Server の両方にアクセスできます。GitHub Enterprise Server およびそれと GitHub Enterprise Cloud の違いについて詳しくは、「エンタープライズ向け GitHub について」をご覧ください。

ID とアクセス管理について

GitHub Enterprise Cloud を使い始める前に、開発者に自分の個人アカウントの作成と管理を許可するかどうか、または Enterprise Managed Users を使うかどうか (これにより、開発者用のユーザー アカウントを IdP で作成および管理できます) を、決める必要があります。

Enterprise Managed Users を選んだ場合は、サポートされている IdP を使って SCIM 経由ですべてのユーザー アカウントをプロビジョニングする必要があり、チームと組織のメンバーシップも IdP で管理できます。 マネージド ユーザー アカウント は、エンタープライズの外部でコントリビューションを行う能力が強く制限されます。

Enterprise Managed Users を使わないことを選んだ場合は、開発者が自分で GitHub.com に個人アカウントを作成しますが、必要に応じて、それらの個人アカウントでエンタープライズのリソースにアクセスする前に、SAML 認証を行うことを要求できます。

エンタープライズに最適な選択については、「ID とアクセス管理について」をご覧ください。

ドキュメントについて

GitHub Enterprise Cloud の管理者とユーザー向けの両方のドキュメントは、GitHub Docs の次のサイトで入手できます。

GitHub Enterprise Cloud で使用できる機能が掲載されたドキュメントを読むことができます。 詳しくは、「GitHub Docs のバージョンについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud を試す

GitHub Enterprise Cloud の 30 日間無料試用版にサインアップできます。 詳しくは、「GitHub Enterprise Cloud のトライアルを設定する」を参照してください。

参考資料