Skip to main content

About the audit log for your enterprise

この記事では、次の項目が扱われます。

To support debugging and internal and external compliance, GitHub Enterprise Cloud provides logs of audited user, organization, and repository events.

About audit logs

監査ログには、Enterprise に影響するアクティビティによってトリガーされるイベントの一覧が表示されます (現在の月内および過去 6 か月間まで)。 監査ログには、Git イベントが 7 日間保持されます。

既定では、過去 3 か月のイベントのみが表示されます。 古いイベントを表示するには、created パラメーターを使って日付範囲を指定します。 詳細については、「Understanding the search syntax」 (検索構文の理解) を参照してください。

各監査ログ エントリの名前は、action オブジェクトまたはカテゴリ修飾子と、その後の操作の種類で構成されます。 たとえば、repo.create エントリは repo カテゴリに対する create 操作を意味します。

各 Audit log エントリには、次のようなイベントに関する適切な情報が表示されます:

  • アクションが実行された エンタープライズまたはOrganization
  • アクションを実行したユーザー (アクター)
  • アクションによって影響を受けたユーザー
  • アクションの対象となったリポジトリ
  • 実行されたアクションです
  • アクションが実行された国
  • アクションが発生した日時
  • 必要に応じて、アクションを実行したユーザー (アクター) の送信元 IP アドレス

In addition to viewing your audit log, you can monitor activity in your enterprise in other ways, such as managing global webhooks. For more information, see "Exploring user activity in your enterprise."

Using your audit logs

As an enterprise owner, you can interact with the audit log data for your enterprise in several ways:

For a full list of audit log actions that may appear in your enterprise audit log, see "Audit log actions for your enterprise."

Further reading