Git Large File Storage でのコラボレーション

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

リポジトリのコラボレーターが Git LFSをインストールしていない場合、オリジナルの大容量ファイルにはアクセスできません。 リポジトリのクローンを試みた場合、ポインタファイルをフェッチするのみで、実際のデータにはアクセスできません。

ヒント: Git LFSを有効にしていないユーザに対しては、大きなファイルの扱いについて記載したリポジトリコントリビューターのためのガイドラインを設定することをお勧めします。 たとえば、大容量ファイルを修正しないように、あるいは DropboxGoogle Drive といったファイル共有サービスに変更をアップロードするように、コントリビューターに依頼するとよいでしょう。 詳しい情報については、「リポジトリコントリビューターのためのガイドラインを定める」を参照してください。

プルリクエストの大容量ファイルを表示する

GitHubは、プルリクエストの Git LFSオブジェクトを表示しません。 ポインタファイルのみが表示されます。

大容量ファイルのプルリクエスト例

ポインタファイルに関する詳しい情報については、「Git Large File Storageについて」を参照してください。

大きなファイルに加えられた変更を表示するには、プルリクエストをローカルでチェックアウトしてdiffを確認します。 詳しい情報については、「プルリクエストをローカルでチェック アウトする」を参照してください。

大容量ファイルをフォークにプッシュする

リポジトリのフォークに大容量ファイルをプッシュすると、フォークのオーナーのではなく、親リポジトリの、帯域幅およびストレージのクオータを消費することになります。

リポジトリネットワークですでに Git LFSオブジェクトがあるか、リポジトリネットワークのルートに書き込みアクセスがある場合、パブリックフォークに Git LFSオブジェクトをプッシュできます。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡