Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud のトライアルを設定する

GitHub Enterprise Cloud を無料で試すことができます。

GitHub Enterprise Cloud を無料で試す

GitHub Enterprise Cloud について

GitHub Enterprise Cloud は、GitHub.com で共同作業を行う大規模な企業またはチーム向けに設計されています。詳しくは、「GitHub Enterprise Cloud について」をご覧ください。

試用版を設定して、SAML シングル サインオン (SSO)、内部リポジトリ、監査ログ ストリーミング、含まれる GitHub Actions 分数など、GitHub Enterprise Cloud に付属する追加機能を評価できます。 GitHub Enterprise Cloud で使用できる機能の詳細な一覧については、価格に関するページを参照してください。

GitHub Enterprise Server のトライアルも利用できます。 詳しくは、「GitHub Enterprise Server のトライアルを設定する」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud または GitHub Enterprise Server、あるいはその両方が自分の Organization にとって最適かどうかがわからない場合は、GitHub の営業チーム にお問い合わせください。 Organization の開発者が 11 人以下の場合は、GitHub Team を検討してください。通常は 12 人以上の開発者を持つ Organization が、GitHub Enterprise から最も恩恵を受けます。 詳しくは、「GitHub の製品」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud の試用版について

30 日の評価版を設定して、GitHub Enterprise Cloud を評価できます。 試用版に含まれる Enterprise アカウントを使って、複数の Organization を管理できます。 詳しくは、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

試用版では、任意の数の新規および既存の Organization を Enterprise に追加できます。 既存の Organization の場合、試用版では課金が一時停止され、クーポンはすべて削除されます。 クーポンをもう一度適用する場合は、GitHub の営業チームにお問い合わせください。 試用期間中に作成した Organization は、GitHub Enterprise を購入するまで Enterprise アカウントから削除できません。

試用版には 50 個のシートも含まれます。 GitHub Enterprise Cloud を評価するためにより多くのシートが必要な場合は、GitHub の営業チーム にお問い合わせください。 試用の終了時に、異なるシート数 (最大 1,000) を選択できます。

試用期間中に支払い方法を指定する必要はありません。

SAML SSO を構成する場合、組織のメンバーは引き続き GitHub.com で個人アカウントにサインインします。 組織内のほとんどのリソースは、メンバーがアクセスすると、GitHub によってメンバーは IdP にリダイレクトされ、認証を受けます。 認証に成功すると、IdP はメンバーを GitHub にリダイレクトして戻します。 詳しくは、「SAMLのシングルサインオンでの認証について」を参照してください。

注: SAML SSO は、GitHub の通常のサインイン プロセスに代わるものではありません。 Enterprise Managed Users を使用する場合を除き、メンバーは GitHub.com で引き続き個人アカウントにサインインし、各個人アカウントは IdP で外部 ID にリンクされます。

Enterprise Managed Users は、GitHub Enterprise Cloud の無料試用版の一部ではありません。 Enterprise Managed Users に関心がある場合は、GitHub の営業チームにお問い合わせください。

試用版に含まれていない機能

次の機能は、GitHub Enterprise Cloud の試用版に含まれていません。

  • GitHub Codespaces
  • GitHub Copilot for Business
  • GitHub Sponsors
  • GitHub Marketplace アプリ
  • GitHub Connect
  • GitHub Actions の場合、増やされた分数とジョブのコンカレンシー
  • 独自の試用版を設定した場合、GitHub Enterprise Server へのアクセスは含まれません。 GitHub Enterprise Server を使用する場合は、GitHub の営業チーム にお問い合わせください。

GitHub Enterprise Cloud のトライアルを設定する

GitHub Enterprise Cloud を試す前に、個人アカウントにサインインする必要があります。 GitHub.com の個人アカウントをまだ持っていない場合、作成する必要があります。 詳しくは、「新しい GitHub アカウントへのサインアップ」を参照してください。

  1. [Enterprise 試用版のセットアップ] に移動します。

  2. プロンプトに従って試用版を構成します。

GitHub Enterprise Cloud に触れる

試用版を設定した後、Enterprise アカウントの [使用開始] タブで提案されているタスクに従って、GitHub Enterprise Cloud を調べることができます。

GitHub で使用できる機能が掲載されたドキュメントを読むことができます。 詳しくは、「GitHub Docs のバージョンについて」を参照してください。

エンタープライズで GitHub を最も効果的に使用する方法については、「エンタープライズのベスト プラクティス」を参照してください。

計画された機能と製品の詳細については、GitHub public roadmap を参照してください。

トライアルを終了する

GitHub Enterprise を購入するか、試用版をキャンセルすることで、いつでも試用を完了できます。 30 日以内に GitHub Enterprise を購入するか試用版をキャンセルしないと、試用版の有効期限が切れます。

GitHub Enterprise を購入すると試用期間が終了し、50 シートの上限が削除され、支払いが開始されます。

試用版をキャンセルするか、試用版の有効期限が切れた場合、試用中に Enterprise アカウントに追加した既存の Organization は削除され、以前のプランと設定に戻されます。 Organization のダウングレードの影響について詳しくは、「GitHub プランをダウングレードする」をご覧ください。

また、試用版をキャンセルした場合は、Enterprise のすべての所有者とメンバーは、試用期間中に作成された Enterprise アカウントとすべての Organization にアクセスできなくなります。 試用版の有効期限が切れた場合は、試用期間中に作成された Enterprise アカウントと Organization へのすべてのユーザーのアクセスはダウングレードされた状態で維持されており、GitHub Enterprise にアップグレードするか、資産を別の場所に移動することができます。

  1. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 1. [設定] で、 [請求] をクリックします。
  2. ページの上部にある [Enterprise の購入] または [試用版のキャンセル] をクリックします。
  3. 画面の指示に従います。