ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ストレージと帯域の利用について

Git Large File Storageを使用するすべてのアカウントは、1 GBの無料のストレージと1 GBの一ヶ月あたりの無料帯域を受け取ります。 帯域とストレージのクオータが十分ではない場合は、Git LFSのための追加のクオータを購入できます。

ここには以下の内容があります:

GitHub 上のすべてのリポジトリで、あなたのアカウントもしくは Organization が有料プランを持っているかどうかにかかわらず、Git LFS が利用できます。

ストレージと帯域の利用の追跡

Git LFSで追跡されているファイルに変更をコミットしてプッシュした場合、ファイルは全体として新しいバージョンがプッシュされ、総ファイルサイズがリポジトリのオーナーのストレージ制限に対してカウントされます。 Git LFSで追跡されているファイルをダウンロードすると、総ファイルサイズはリポジトリのオーナーの帯域制限に対してカウントされます。 Git LFSのアップロードは帯域制限に対してカウントされません。

例:

  • 500 MB のファイルを Git LFS にプッシュすると、あなたに割り当てられた 500 MB のストレージを使うことになりますが、あなたの帯域は消費されません。 1 バイト分の変更を加えてそのファイルを再度プッシュすると、さらに 500 MB のストレージが使われ、帯域は消費されません。これらの 2 つのプッシュによる合計で、1 GB のストレージが使われ、帯域の消費はありません。
  • LFS で追跡されている 500 MB のファイルをダウンロードした場合、リポジトリのオーナーに割り当てられている帯域を 500 MB 消費します。 コラボレータがそのファイルに変更をプッシュし、あなたが新しいバージョンをローカルのリポジトリにプルしたなら、あなたは 500 MB の帯域を新たに消費するため、この 2 つのダウンロードでの合計の使用帯域は 1 GB になります。

If Git Large File Storage (Git LFS) objects are included in source code archives for your repository, downloads of those archives will count towards bandwidth usage for the repository. 詳しい情報については、「リポジトリのアーカイブ内の Git LFS オブジェクトを管理する」を参照してください。

Tips:

  • 帯域とストレージに量は、リポジトリのオーナーのクオータに対してのみカウントされます。 フォークでは、帯域とストレージの利用はリポジトリネットワークのルートに対してカウントされます。 リポジトリへの書き込みアクセスを持っている人は、自分個人の帯域とストレージクオータに影響を与えたり、データパックを購入したりすることなくGit LFSにファイルをプッシュできます。 フォークの作成やリポジトリのプルは、親リポジトリの帯域制限に対してカウントされます。
  • 帯域に未使用があっても、翌月には持ち越しできません。

ストレージの容量

データパックを購入せずに 1 GB以上にストレージを使用した場合でも、引き続き大きなアセットを持つリポジトリをクローンすることができますが、取り出せるのはポインタファイルのみであり、新しいファイルをプッシュして戻すことはできません。 ポインタファイルに関する詳しい情報については、「Git Large File Storageについて」を参照してください。

帯域の容量

データパックを購入せずに 1 GB以上の帯域を月あたりに利用した場合、翌月までアカウントの Git LFSサポートは無効化されます。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.