ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリの可視性を設定する

あなたのリポジトリを誰が表示できるか選択できます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

リポジトリの可視性の変更について

Organization のオーナーは、リポジトリの可視性を変更する機能を Organization のオーナーのみに制限できます。 詳しい情報については「Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する」を参照してください。

リポジトリの可視性を変更する前に、次の注意点を確認することをお勧めします。

リポジトリをプライベートにする

  • GitHub はパブリックリポジトリのパブリックフォークを切り離し、新しいネットワークに追加します。 パブリックフォークはプライベートにはなりません。 If you change a repository's visibility from internal to private, GitHub will remove forks that belong to any user without access to the newly private repository. For more information, see "What happens to forks when a repository is deleted or changes visibility?"
  • If you're using GitHub Free for user accounts or organizations, some features won't be available in the repository after you change the visibility to private. For more information, see "GitHub's products."
  • すべての公開済みの GitHub Pages サイトは自動的に取り下げられます。 GitHub Pages サイトにカスタムドメインを追加した場合、ドメインの乗っ取りリスクを回避するために、リポジトリをプライベートに設定する前に DNS レコードを削除または更新してください。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。
  • 今後、GitHub は GitHub Archive Program にリポジトリを含まなくなります。 詳しい情報については、「GitHub のコンテンツとデータのアーカイブについて」を参照してください。

リポジトリをパブリックにする

リポジトリの可視性を変更する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. [Danger Zone] の [Change repository visibility] の右側にある [Change visibility] をクリックします。
    [Change visibility] ボタン
  4. 可視性を選択します。
    リポジトリの可視性オプションのダイアログ
  5. 正しいリポジトリの可視性を変更していることを確認するには、可視性を変更するリポジトリの名前を入力します。
  6. [I understand, change repository visibility] をクリックします。
    リポジトリの可視性ボタンの変更確認

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.