ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

使用制限、支払い、管理

GitHub Actions ワークフローには使用制限があります。 使用料は、リポジトリの空き時間とストレージの量を超えるリポジトリに適用されます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 For more information, see "GitHub's products."

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

GitHub Actionsの支払いについて

GitHub Actions usage is free for public repositories and self-hosted runners. プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。 詳細は「GitHub Actions の支払いについて」を参照してください。

使用制限

ー GitHub ホストランナーを使用する場合、GitHub Actions の使用にはいくつかの制限があります。 これらの制限は変更されることがあります。

注釈: セルフホストランナーの場合、さまざまな使用制限が適用されます。 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

  • ジョブの実行時間 - ワークフロー中のそれぞれのジョブは、最大で6時間の間実行できます。 ジョブがこの制限に達すると、ジョブは終了させられ、完了できずに失敗します。

  • ワークフローの実行時間 - 各ワークフローの実行は72時間までに制限されます。 ワークフローの実行がこの制限に達すると、そのワークフローの実行はキャンセルされます。

  • APIリクエスト - リポジトリ内のすべてのアクションにわたって、1時間のうちに最大1000回のAPIリクエストを実行できます。 この制限を超えた場合、超過のAPIコールは失敗し、それによってジョブも失敗するかもしれません。

  • 並行ジョブ - アカウント内で実行できる並行ジョブ数は、以下の表に示すとおり、利用しているGitHubのプランによります。 この制限を超えた場合、超過のジョブはキューイングされます。

    GitHubプラン最大同時ジョブ最大同時macOSジョブ
    無料205
    Pro405
    Team605
    Enterprise18050
  • ジョブマトリックス - ジョブマトリックスは、ワークフローの実行ごとに最大で256のジョブを生成できます。 この制限は、セルフホストランナーにも適用されます。

利用のポリシー

使用制限に加えて、

GitHub 利用規約で GitHub Actions を使用していることを確認する必要があります。 GitHub Actionsの固有の規約に関する詳しい情報については、GitHubの追加製品規約を参照してください。

アーティファクトとログの保持ポリシー

リポジトリ、Organization、または Enterprise アカウントのアーティファクトとログの保持期間を設定できます。

By default, the artifacts and log files generated by workflows are retained for 90 days before they are automatically deleted. You can adjust the retention period, depending on the type of repository:

  • For public repositories: you can change this retention period to anywhere between 1 day or 90 days.
  • For private, internal, and GitHub Enterprise repositories: you can change this retention period to anywhere between 1 day or 400 days.

When you customize the retention period, it only applies to new artifacts and log files, and does not retroactively apply to existing objects. For managed repositories and organizations, the maximum retention period cannot exceed the limit set by the managing organization or enterprise.

詳しい情報については、以下を参照してください。

リポジトリまたは Organization の GitHub Actions を無効化または制限する

By default, GitHub Actions is enabled on all repositories and organizations. You can choose to disable GitHub Actions or limit them to private actions only, which means that people can only use actions that exist in your repository.

詳しい情報については、以下を参照してください。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub のリポジトリで個々のワークフローを有効化または無効化できます。

To prevent unnecessary workflow runs, scheduled workflows may be disabled automatically. When a public repository is forked, scheduled workflows are disabled by default. In a public repository, scheduled workflows are automatically disabled when no repository activity has occurred in 60 days.

詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.