Skip to main content

ジョブの実行時間を表示する

ジョブの実行時間 (ジョブの発生した支払対象の分を含む) を表示できます。

請求可能なジョブ実行時間 (分) は、GitHub ホストランナーを使用するプライベートリポジトリで実行されるジョブに対してのみ表示され、次の分に切り上げられます。 パブリックリポジトリで GitHub Actions を使用する場合、またはセルフホストランナーで実行されるジョブの場合、請求対象となる実行時間はありません。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ 1. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト 1. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  2. ジョブの概要の下で、ジョブの実行時間を表示できます。 請求可能なジョブの実行時間に関する詳細を表示するには、 [請求可能な時間] の下の時間をクリックしてください。 実行および支払請求可能な時間の詳細リンク

    注: 表示された課金対象時間には分乗数は含まれません。 分乗数を含む、GitHub Actions 使用状況の合計を表示するには、「GitHub Actions 使用状況の表示」を参照してください。