Skip to main content

ワークフローの成果物を削除する

GitHub で期限切れになる前に成果物を削除することで、使用済みの GitHub Actions ストレージを再利用できます。

成果物を削除する

警告: いったん削除した成果物を復元することはできません。

これらのステップを実行するには、リポジトリへの書き込みアクセスが必要です。

By default, GitHub stores build logs and artifacts for 90 days, and this retention period can be customized. For more information, see "Usage limits, billing, and administration."

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ 1. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト 1. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  2. [成果物] で、削除する成果物の横にある をクリックします。

    成果物の削除のドロップダウンメニュー

成果物の保持期間を設定する

成果物とログの保持期間は、リポジトリ、Organization、および Enterprise レベルで設定できます。 詳しくは、「使用制限、支払い、管理」をご覧ください。

ワークフローの actions/upload-artifact アクションを使って、個々の成果物にカスタム保持期間を定義することもできます。 詳しくは、「ワークフロー データを成果物として保存する」をご覧ください。

成果物の有効期限を探す

API を使用して、成果物の削除がスケジュールされている日付を確認できます。 詳しくは、"リポジトリの成果物の一覧表示" によって返される expires_at の値を参照してください。