アクションの終了コードの設定

終了コードを使って、アクションのステータスを設定できます。 GitHubは、パスした、あるいは失敗したアクションを示すステータスを表示します。

終了コードについて

GitHub は、終了コードを使用して、アクションのチェック実行ステータスを設定します。これは、success またはfailure のいずれかです。

終了ステータスチェック実行ステータス説明
0successアクションが正常に完了し、それに依存する他のタスクを開始できます。
ゼロ以外の値 (0 以外の任意の整数)failureその他の終了コードは、アクションの失敗を表します。 アクションが失敗すると、同時に実行されていたアクションはすべてキャンセルされ、今後のアクションはスキップされます。 チェック実行とチェックスイートはどちらも、failureステータスになります。

JavaScript アクションで失敗終了を設定する

JavaScript アクションを作成している場合、アクションツールキットの @actions/core パッケージを使用してメッセージをログに記録し、失敗終了コードを設定できます。 例:

try {
  // something
} catch (error) {
  core.setFailed(error.message);
}

詳しい情報については「JavaScript アクションを作成する」を参照してください。

Docker コンテナアクションで失敗終了コードを設定する

Docker コンテナアクションを作成している場合、失敗終了コードを entrypoint.sh スクリプトで設定できます。 例:

if <condition> ; then
  echo "Game over!"
  exit 1
fi

詳しい情報については「Docker コンテナアクションを作成する」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?