Skip to main content

プロジェクトボードで割り当てられた Issue を移動する

GitHub Actions を使用して、Issue が割り当てられたときに、プロジェクトボードの特定の列に Issue を自動的に移動できます。

はじめに

このチュートリアルでは、alex-page/github-project-automation-plus アクションを使用し、Issue が割り当てられているとき、プロジェクト ボードで特定の列に Issue を自動的に移動する方法について説明します。 たとえば、Issue が割り当てられたら、それをプロジェクトボードの In Progress 列に移動できます。

チュートリアルでは、alex-page/github-project-automation-plus アクションを使用するワークフロー ファイルをまず作成します。 次に、ニーズに合わせてワークフローをカスタマイズします。

ワークフローの作成

  1. このプロジェクト管理ワークフローを適用したいリポジトリを選択してください。 書き込みアクセス権を持つ既存のリポジトリを利用することも、新しいリポジトリを作成することもできます。 リポジトリの作成の詳細については、「新しいリポジトリの作成」を参照してください。

  2. リポジトリで、プロジェクトボードを選択します。 既存のプロジェクトを使用することも、新しいプロジェクトを作成することもできます。 プロジェクトの作成に関する詳細については、プロジェクト ボードの作成に関するページを参照してください。

  3. リポジトリに .github/workflows/YOUR_WORKFLOW.yml というファイルを作成します (YOUR_WORKFLOW は任意の名前に置き換えます)。 これがワークフローファイルです。 GitHub での新しいファイルの作成の詳細については、「新しいファイルの作成」を参照してください。

  4. 次の YAML コンテンツをワークフローファイルにコピーします。

    YAML
    # このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
    # それらはサードパーティによって提供され、
    # 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
    # ドキュメントを参照してください。
    
    # GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
    # 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
    # タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。
    
    name: Move assigned card
    on:
      issues:
        types:
          - assigned
    jobs:
      move-assigned-card:
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - uses: alex-page/github-project-automation-plus@5bcba1c1c091a222584d10913e5c060d32c44044
            with:
              project: Docs Work
              column: In Progress
              repo-token: ${{ secrets.PERSONAL_ACCESS_TOKEN }}
  5. ワークフローファイルのパラメータをカスタマイズします。

    • project の値をプロジェクト ボードの名前に変更します。 名前が同じプロジェクト ボードが複数ある場合、alex-page/github-project-automation-plus アクションは指定の名前のすべてのプロジェクトで動作します。
    • column の値を、Issue が割り当てられたときに移動する列の名前に変更します。
    • 値の repo-token を変更します。
      1. repo スコープで個人のアクセス トークンを作成します。 詳細については、「個人用アクセス トークンを作成する」を参照してください。
      2. この個人アクセストークンをシークレットとしてリポジトリに保存します。 シークレットの保管の詳細については、「暗号化されたシークレット」を参照してください。
      3. ワークフロー ファイルで、PERSONAL_ACCESS_TOKEN をシークレットの名前に置き換えます。
  6. ワークフローファイルを、リポジトリのデフォルトブランチにコミットしてください。 詳細については、「新しいファイルの作成」を参照してください。

ワークフローのテスト

リポジトリで Issue が割り当てられるたびに、その Issue は指定されたプロジェクトボード列に移動されます。 Issue がまだプロジェクトボードにない場合は、プロジェクトボードに追加されます。

リポジトリがユーザー所有の場合、alex-page/github-project-automation-plus アクションは、指定されたプロジェクト名と列を持つリポジトリまたは個人アカウント内のすべてのプロジェクトに対して動作します。 同様に、リポジトリが Organization 所有の場合、アクションは、指定されたプロジェクト名と列を持つリポジトリまたは Organization 内のすべてのプロジェクトに対して動作します。

リポジトリに Issue を割り当てて、ワークフローをテストします。

  1. リポジトリで Issue をオープンします。 詳細については、「Issue の作成」を参照してください。
  2. Issue を割り当てます。 詳細については、他の GitHub ユーザーに Issue と pull request を割り当てる方法に関するページを参照してください。
  3. トリガーされた Issue を割り当てるワークフローの実行を確認するには、ワークフローの実行履歴を表示します。 詳細については、「ワークフロー実行の履歴を表示する」を参照してください。
  4. ワークフローが完了したら、割り当てた Issue を指定されたプロジェクトボード列に追加する必要があります。

次のステップ