Skip to main content

使用制限、支払い、管理

GitHub Actions ワークフローには使用制限があります。 使用料は、リポジトリの無料の時間とストレージの量を超えるリポジトリに適用されます。

GitHub Actions の課金について

GitHub Actionsは、コードを保存するのと同じ場所でソフトウェア開発のワークフローを自動化し、プルリクエストやIssueで協力することを支援します。 個々のタスクを書き、アクションを呼び出し、それらを組み合わせてカスタムのワークフローを作成できます。詳細については、「GitHub Actions について」「

GitHub Actions の使用は、パブリック リポジトリの標準の GitHub ホステッド ランナーとセルフホステッド ランナーの場合は無料です。 プライベート リポジトリでは、GitHub ホステッド ランナーでの使用を対象として、GitHub アカウントで使用されている製品に応じた無料の使用時間 (分) とストレージが各アカウントに付与されます。 含まれる量を超える使用は、使用制限によって制御されます。 詳細については、「GitHub Actions の課金について」を参照してください。

可用性

GitHub Actions はすべての GitHub 製品で使用できますが、GitHub Actions は、従来のリポジトリごとのプランを使用するアカウントが所有するプライベート リポジトリでは使用できません。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

Usage limits (使用状況の制限)

GitHub ホステッド ランナーを使用する場合、GitHub Actions の使用にはいくつかの制限があります。 これらの制限は変更されることがあります。

注: セルフホステッド ランナーの場合は、さまざまな使用制限が適用されます。 詳細については、セルフホステッド ランナーに関する記述をご覧ください。

  • ジョブの実行時間 - ワークフロー内の各ジョブは、最大 6 時間の実行時間で実行できます。 ジョブがこの制限に達すると、ジョブは終了させられ、完了できずに失敗します。

  • Workflow run time - Each workflow run is limited to 35 days. If a workflow run reaches this limit, the workflow run is cancelled. This period includes execution duration, and time spent on waiting and approval. - API 要求 - 1 時間に実行できる API 要求は、1 つのリポジトリの全アクションで最大 1000 までです。 この制限を超えた場合、超過のAPIコールは失敗し、それによってジョブも失敗するかもしれません。

  • 並行ジョブ - アカウント内で実行できる並行ジョブ数は、以下の表に示すように、GitHub プランによって異なります。 この制限を超えた場合、超過のジョブはキューイングされます。

    GitHubプラン最大同時ジョブ最大同時macOSジョブ
    Free205
    Pro405
    チーム605
    Enterprise18050

    注: Enterprise プランのお客様は、必要に応じて、同時実行ジョブの上限を上げることを要求できます。 詳細については、GitHub Enterprise Support または営業担当者にお問い合わせください。

  • ジョブ マトリックス - ジョブマトリックスは、ワークフローの実行ごとに最大で256のジョブを生成できます。 この制限は、GitHub ホスト ランナーとセルフホステッド ランナーの両方に適用されます。 - ワークフロー実行キュー - リポジトリあたり 10 秒間隔で 500 を超えるワークフロー実行をキューに入れることはできません。 ワークフローの実行がこの制限に達すると、そのワークフローの実行は終了させられ、完了に失敗します。

利用ポリシー

使用制限に加えて、GitHub サービス使用条件内で GitHub Actions を使用する必要があります。 GitHub Actions 固有の用語の詳細については、「GitHub に関する追加条項」を参照してください。

再利用可能なワークフローの課金

ワークフローを再利用する場合、課金は常に呼び出し元ワークフローに関連付けられます。 GitHub ホステッド ランナーの割り当ては、常に呼び出し元のコンテキストのみを使用して評価されます。 呼び出し元は、呼び出されたリポジトリから GitHub ホステッド ランナーを使用できません。

詳細については、「ワークフローの再利用」を参照してください。

成果物とログの保持ポリシー

リポジトリ、Organization、または Enterprise アカウントの成果物とログの保持期間を設定できます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 保持期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。
  • プライベートのリポジトリの場合: この保持期間を 1 から 400 日の間で変更できます。

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

詳細については、次を参照してください。

リポジトリあるいはOrganizationでのGitHub Actionsの無効化もしくは制限

既定では、GitHub Actions はすべてのリポジトリと Organization で有効になります。 GitHub Actions を無効にするか、または Organization のアクションと再生可能なワークフローに制限することができます。

詳細については、次を参照してください。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub のリポジトリで個々のワークフローを有効化または無効化できます。

不必要なワークフローの実行を避けるために、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化できます。 パブリックリポジトリがフォークされると、スケジュールされたワークフローはデフォルトで無効化されます。 パブリックリポジトリでは、60日間にリポジトリにアクティビティがなかった場合、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化されます。

詳細については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。