Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフロー実行をスキップする

You can skip workflow runs triggered by the push and pull_request events by including a command in your commit message.

Note: If a workflow is skipped due to path filtering, branch filtering or a commit message (see below), then checks associated with that workflow will remain in a "Pending" state. A pull request that requires those checks to be successful will be blocked from merging.

Workflows that would otherwise be triggered using on: push or on: pull_request won't be triggered if you add any of the following strings to the commit message in a push, or the HEAD commit of a pull request:

  • [skip ci]
  • [ci skip]
  • [no ci]
  • [skip actions]
  • [actions skip]

または、コミットメッセージを 2 行の空行で終了し、その後に skip-checks: true または skip-checks:true のいずれかを続けることもできます。

最初にリポジトリがパスするための特定のチェックを受けるように設定されている場合、プルリクエストをマージすることはできません。 プルリクエストをマージできるようにするには、コミットメッセージのスキップ命令なしでプルリクエストに新しいコミットをプッシュできます。

注釈: スキップ命令は、push および pull_request イベントにのみ適用されます。 たとえば、コミットメッセージに [skip ci] を追加しても、on: pull_request_target でトリガーされたワークフロー実行は停止されません。

Skip instructions only apply to the workflow run(s) that would be triggered by the commit that contains the skip instructions. You can also disable a workflow from running. 詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。